AX ウェークアップ!ぷらす。『特定秘密保護法案』について。一色正春さん出演。 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェークアップ!ぷらす。『特定秘密保護法案』について。一色正春さん出演。

 連日連夜、マスコミは特定秘密保護法案について歪曲した報道を繰り返しておりましてうんざりするばかりです。
 いつもは割合中立な立場で報道しているよみうりテレビの「ウェークアップ!ぷらす」も例外ではなく、11月30日の放送は辛坊治郎氏も全く反対の立ち位置である事が容易に分かる報道の仕方でした。
 この日、民主党政権下において、尖閣諸島の中国漁船衝突事件のビデオ映像を流出させ逮捕されてしまった一色正春さんが出演されましたが、辛坊氏(及びよみうりテレビ)の期待を裏切る発言をしたためか、質問も2個だけ。そして早々に終わらせてしまうという非常に理不尽な扱いをしていて苛立たしさを感じました。
 以下はその時の様子です。

131202_161920.jpg
 野党からは口から生まれたんじゃないかというほど良く喋る福山哲郎氏と中田宏氏。

 自民党からは元陸上自衛官ヒゲの隊長。佐藤正久氏。
131202_161522.jpg

 まずは特定秘密保護法案について。
131202_162238.jpg
 以上の4点が対象となるわけです。

 そして辛坊氏が一色氏に尋ねます。
 辛坊氏「一色さんのケースによると、あのビデオを公開した、あの海上保安庁のビデオは特定秘密なのかどうなのか、一色さんの感覚ではどうなんですか?」

131202_162304.jpg
 一色さん「秘密には当たらないと思いますけど。」

 辛坊氏「ただあれが秘密に指定された場合に、何が指定されているかが分からない訳で、」

 一色さん「ですから逆にですね、現行法で大丈夫って言いますけど、今の現状であれば勝手にやっている訳なんですね。勝手にこれこれ秘密って。恣意的な運用が許されるわけですから、逆にこの法案が出来る事によって秘密の指定の手続きですね。誰が、何の為に、いつ秘密にしたのかと言う事を公文書で記録してですね、後日検証できる仕組みを作ればああいう事も起こらないんじゃないかと思いますね。

 一色氏が「後日検証できる仕組みを作れば」(これは法案が通った後の修正協議を意味していると思います。)と言っているにもかかわらず、
 福山氏「法案にはその仕組みが担保できていません。」と待ってましたとばかりに軽薄な発言をします。

 この一色さんの発言により、これから始まる法案についてのネガティブ報道が進まないと思ったのか、辛坊氏は一色さん抜きで福山氏と中田氏に法案が通った際のネガティブな発言をドンドンさせます。

 そしてテーマの終わりにやっと一色さんに最後に質問。
 辛坊氏「一色さん、このコーナーだけのご出演なんですが、一言如何ですか?この法案について。」

131202_163429.jpg
 一色さん「いや、なんか今の話(福山、中田、辛坊氏達のネガティブな討論。)聞いててどうでもええなって。何か国のためを考えてやってるのかな?って言うのが率直な感想ですね。民主主義が壊れるって言いますけど、民主主義国家、秘密を守る法案っていうのはどこの国にもあるわけですから、今まで無いのがおかしいんですね。それを新たに作ると言う事であれば、その副作用として国民の知る権利が侵害される。これを如何に担保するかという議論じゃなくて、何だか良く分からない議論だけで国会が動いているという‥」

 ここで辛坊氏が一色さんの発言を遮り纏めに入ります。

 本日のひるおびでもこの法案に対する超ネガティブな報道で国民を脅すような番組作りをしておりましたが、これに抵触するのは一般人ではなく、公務員である事は国会で幾度となく言われています。
 国会前の抗議デモも石破氏がテロのようだと(後に撤回されましたが、)仰ってましたが、彼らは昼夜問わず拡声器で怒鳴り散らし、太鼓やトランペットまで持ち出し、沖縄の反基地デモに参加しているような運動家達が気狂いの如く騒ぎまくっておりましたが、これはテロならずして何なんでしょう。
 こんな事一般人はしませんよ
 暇な団塊の世代か、左翼の運動家達、何かの団体とか、しばき隊とか、結局一般人ではない人間達が好きで騒いでいるだけのように見受けられます。
 そして今日になって映画人が集まって法案に反対の意思表明をしました。
高畑勲・アニメーション映画監督、羽田澄子・記録映画作家、降旗康男・映画監督、大林宣彦、鎌仲ひとみ、神山征二郎、原田眞人、宮崎駿。山本晋也、出目昌伸、鈴木瑞穂、上田耕一、山本亘、小山内美江子、ジェームス三木、白鳥あかね、山田太一、野上照代(元・黒澤映画スタッフ、「母べえ」原作者)、吉永小百合、大竹しのぶ等々。
 以前、津川雅彦さんが劇団員、演劇界は左翼で出来ていると仰ってましたが、これらの人達が日本を駄目にしていく手助けをこれまでしてきた輩なんだなと感じます。

 山本亘などは連日ツイッターで
 「石破幹事長が馬鹿な発言。デモでの絶叫がテロ行為だって!拡大解釈の典型!だから特定秘密保護法は憲法違反の典型で廃案にすべき!」
 「安倍自民党、公明党、みんなの党、日本をダメにしそうな政党、よお〜く覚えて置けよ!!特に安倍晋三は許せん!日本国憲法を破壊する罪は大きい!!」
 「戦後歴代の首相でワーストワンは安倍晋三、ツウは岸信介!岸にとって安倍は孫、安倍にとって岸は祖父。日本を滅ぼす家系だな。共に基本的人権の認識ゼロ!」
 山本 亘のツイッターなんて息巻いてますけど(アホか売れない俳優。典型的団塊の世代。)、お兄様である山本學氏は「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人を務めていたりするのです。
 まあ、法案成立まで後2日。
 雑魚がどれほどほざいたところで通るものは通るのです。国を日本人を守る為の法案なのですから。
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして

初めてコメントさせて頂きます。 当方は映画ファン・山本学・圭・亘様御兄弟のファンで、検索・こちらに辿りつきました。 亘さんがツイッターで偏った御意見を発信されているのは最近まで、全く存じなかったので、唖然としております。御兄弟の伯父上にあたる故・山本薩夫監督が日本共産党支持・リベラル派の代表でしたから、その影響もあるのでしょうね・・。お兄様の学さんも昔はリベラルな印象でしたが、恐らく洗脳が溶けたと申しますか、現実派になられたのでしょうね・・。圭さんは冷静・公正中立な印象で以前インタビューで「先の大戦は日本も反省すべきだが、中国の反日教育の現状も悲しい・・」趣旨の御意見でした。私は思想信条の自由を尊重する立場で、亘さんらを批判するつもりはありませんが、北朝鮮の拉致や中国のチベット弾圧に無批判で人権や平和を説く方々には憤りを感じます!恐らく山本学さんもそういった現状から安倍総理支持になられた筈で、お兄様から亘さんに苦言を呈して貰いたい物ですが(苦笑)津川さんも社会党支持だったお兄様・長門裕之様と生前よく喧嘩されたそうです(笑)実際、お兄様の圭さんが現在も若者向けドラマ等で大活躍されているのに比べると亘さ

追記

亘さんの露出は減りましたね。菅原文太さんもそうでしたが、良くも悪くも、幼少期の戦争体験の影響や、本業のお芝居や演劇に情熱がなくなると、あのようになる印象で、ファンはそんな形を望んでおらず、とても悲しいです・・。 ベテラン・シニア世代の俳優陣が活躍の場がなくなり、バラエティ番組に露出するような物で、自身のアピールもあるでしょうね・・。

Re: 一郎様、はじめまして

コメント有り難うございます。
ご返信が大変遅くなってしまいまして申し訳ございません。
山本学さんのご兄弟及びご親類の方のお話、大変興味深く聞かせて頂きました。
日本の文壇、芸術芸能関連のお仕事に就かれている方々にリベラルな方が多い事は常々不思議に感じておりましたが、以前、津川さんが日本の劇団の成り立ちに関するお話をされていらっしゃり、運動をしたい人間が集まって作ったのが劇団だったという類の話を聞き、幾分納得したような次第でした。
山本学さんは以前そこまで言って委員会にて、津川さんが民間人有氏の会に入らないかと声を掛けたと話してらっしゃいまして、その時に辛坊さん達が驚いた様な顔をされてましたので、それ以前は反対側にいらした方だった事を知りましたが、一郎様が仰る通り現実的な方向へ変わられたのですね。
圭さんはテレビ東京が製作した『永遠の0』で元特攻隊の帰還兵を演じ、日本のマスメディアや自虐史観に洗脳された朝日新聞の記者を徹底的に糾弾するという溜飲の下がる熱演をなさっていらして、演技ではあっても感激してしまいました。
圭さんはSPでも総理大臣の役で印象的な演技をされていらっしゃいまして、あれ以来出演されている番組は見てしまいます。
これは私の個人的な気持ちなのですが、公的な立場で仕事をされていらっしゃる方々の影響力は大きいですし、出来れば俳優さんを生業としている方々には私達に夢を見させて下さっていて欲しいなぁと願ってしまうのです。イデオロギーを持つ事は自由ですが、あまりにも表にそれが出すぎてしまいますと、ファンとしては気持ちが萎えてしまうといいますか・・・。
私が好きな俳優さんはお母様が運動家という噂がネットでは広がっていますが、その方自身はイデオロギー的な話はどのインタビューでも皆無で、人情を重視するドラマに多数出演されていらっしゃいますので、俳優さんとしてプロに徹している所が偉いなんて思ったりしてしまうのです。
亘さんもプロの俳優さんである限り、お仕事の方に力を入れられていい俳優さんになって頂けるといいですよね。


お久し振りです

暖かい御言葉、誠にありがとうございます。管理人様の御意見は本当に良く理解出来ます! 申し遅れましたが当方、映画界の方々にも大変お世話になっており(津川さんにも何度かお会い致しましたが、本当に素敵な方で、色紙や御一緒の記念写真は宝です(^_^))本エントリーで取り上げておられた声明発表の演劇人の方々も御尊敬し、御面識がある方々多数なんですが(苦笑)良くも悪くも映画・演劇界は左派・リベラル派が殆どですね・・。御指摘の通り、老舗の新劇(民芸・俳優座・文学座)等々は戦前からの自由主義・プロレタリア運動の流れで、もちろん軍国主義や戦争の暗い時代と闘った立派な部分や歴史はあるのですが(共産党や日教組もそうでしょうが)、だからといって、過去の社会主義への過剰な賛美や北朝鮮や中国の人権問題に沈黙して、人権や平和、演劇や文化・表現の自由を語るのは違和感がありますね! 戦争反対や原発反対のイベントや声明には吉永小百合さんら、毎度多数の方々が賛同を寄せられますが(それ自体は賛同もしますが)、拉致被害者の支援やチベットやウィグルの弾圧抗議に、日本の映画・演劇人は誰も声を上げない現状は情けない限りです!

追記

実際、映画界で保守の立場は不利で、山本学さんもネット上で「裏切り者」との趣旨で左派から誹謗中傷されていましたね(>_<) 津川さんの伯父・加東大介さん、伯母・沢村貞子さんらは昭和の大スターでしたが、加東さんは戦時中、南洋諸島で上官から、部下を見捨てて逃げる事を提案され、断った勇気ある方で、沢村さんも戦時下で、プロレタリア運動の仲間に密告され、特高警察で裸にされる等の拷問を受けた方でした!お二人とも、津川さんに「雅彦、口先だけ綺麗ごとを言う人間を絶対に信用しちゃ駄目!」とおっしゃっておられ、現在の津川さんの正義感に影響を与えておられるのですが、それでも逆に左派からは「伯父・伯母・兄はリベラルで立派だったのに、津川雅彦は反動だ!」と誹謗中傷されているのが実情ですからね・・(>_<)私も好きなスターの方々が自身と違う考えでも、政治と文化は分けて割り切る立場です。では、管理人様も御身体を大切になさって下さい。

Re: 一郎様、ご無沙汰しておりました。

  今年の夏は猛暑続きとなりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。
 有り難いお話、大変感謝しております。
 実は老朽化したPCを使用しております故、この時期なかなか立ち上げられずにブログの更新もままならぬ状態で過ごしておりまして非常にお返事が遅くなってしまいましたこと、心より申し訳無く思っております。
 一郎様が映画界の方々とご親交がおありでらした事をお伺いし、存じ上げなかったとはいえ出過ぎた発言をしてしまったのでは・・と反省しきりです。
 戦争と言えば、とりわけ今年の夏は戦争関連の番組が随分沢山放送され、それを見るにつけ今自分がこの世に居る事に感謝の気持ちを感じずにはいられません。
 亡き父も(戦争下では少年兵として志願した経験を持ち)、父方母方の親戚も戦争に取られ、うち4人は召されてしまった家に育ったものですから、夏は両親の教えもあり特別な思いを感じながら子供の頃から過ごして参りました。
 戦争に対する憎しみの気持ちはずっと持ち続けておりますし、私自身は反中反韓に加え、何よりも反米の気持ちが強いです。
 そう言う意味では、リベラル派の方々が唱える戦争反対という言葉には心から同意致します。
 戦争はヒエラルキーの上に居る人間達が(それは命の危険を感じることのない一握りの悪党達ですが)金儲けの為にするゲームでしかないという事をいい年になってから知りましたが、最近はテレ朝やNHKでさえ、それを臭わす番組を作るようになり、少しは世の中も変わってきたのかしら?と感じたり致します。
 ただ、一郎様の仰る通り、左翼の方々の言動は偏り過ぎていますよね。彼らの目は節穴かと思う程、他国の悲惨な現実が映っていないように感じます。先の戦争と安倍政権のみ言及するだけですから。余りにも説得力に欠けます。
 日本を大切に思う心があれば、安倍談話の言葉にもありましたが、未来の子供達に可哀想な思いをさせない愛情も持って欲しいと、その為には国を誇りに想う気持ちがなければいけないと感じてしまいます。

一郎様、追記を有り難うございます。

山本学さんのお話、そして津川さんの伯父様、伯母様のお話をお聞かせ下さり有り難うございます。

最近市民グループが起こす安保、原発、基地反対のデモを見ていますと、左翼の人達の異常性をつくづく感じます。
そして左翼人間の発言が強い今のこの国はまるで社会主義国家になったかのような感じさえしてしまうのです。安倍政権の力が衰えているとは思えませんが、サイレントマジョリティと言われる多くの日本人は老若男女あまりにも政治に無関心すぎるので、ノイジーマイノリティが良い気になってしまうのでしょう。
言論の自由を叫ぶ左翼が、普通の人々の言論弾圧に躍起になる姿は、脆弱な精神の裏返しとも感じ、先日の安倍談話には溜飲が下がる思いが致しました。
イデオロギーは自由ですが、左翼の方々(そこには右翼も加えられますが)には己の姿を時にはフラットな気持ちで見る余裕も持って欲しいと思うのですよね。

こちらこそ、ありがとうございます

残暑お見舞い申し上げます。管理人様の暖かい御返事に厚く御礼申し上げます。管理人様の亡き御尊父始め、御親族の皆様方の御冥福を心よりお祈り致します。私事ですが、本日が小生の誕生日なのですが、終戦記念日に近い事もあり、自分がこうして素晴らしい日本に生きているのも英霊や一般市民の方々の尊い犠牲の上に存在していると毎年感謝しております。 おっしゃる通り、現在の日本がどれだけ素晴らしく恵まれているか(生活・治安・文化等)保守・リベラルに関係なく認識するべきですね。 物事は公正に是々非々で考えるべきですが、真の人権派であれば、台湾の学生運動、チベットの痛ましい焼身自殺についてどう考えるのか?かつてのチェチェン紛争におけるロシアの非道な弾圧、諸外国が介入しなかった為、被害を拡大したルワンダでの内戦・住民虐殺、ナイジェリアでのボコハラムのテロ活動・女学生集団誘拐をどう解決するのか? 悲しい現実ですが、単純に非武装中立で平和を唱えるだけでは解決しない訳で、私達含めてきちんと思索を深めるべきですね。

追記

失礼ながら、日本の一部の人権派は国連にまで出掛けて反日活動をしているだけ(怒) 中国・韓国のイデオロギー・利権絡みが大半としか思えません(怒)私は人間としてアメリカのイラク戦争や沖縄での米軍の犯罪にも怒りを感じますが、北朝鮮の拉致やイスラム国のテロにも同じく怒りを感じます!ところが、日本では単純な反日・反米主義が多いのは何故でしょう・・(>_<)人道ではなくイデオロギーで考えるからでしょうね・・(怒)日本のような自由主義陣営で反体制運動をするのに勇気は必要なく、中国やイスラム社会の中心街で女性の人権や性の開放でも訴えるのなら立派でしょうが・・皮肉ではなく辻元清美氏らに中国やイスラエル・ロシア・北朝鮮に「日本の平和憲法を採用して下さい!」と呼び掛けて欲しいですね。 最後に映画ファンとして管理人様にお薦めしたい作品は1974年の東宝「氷雪の門・樺太1945年」です。 村山三男監督作品(大映で市川雷蔵さんや勝新太郎さんの作品を多数手掛け、二谷英明さんの「特捜最前線」も手掛けた巨匠です) で、日ソ不可侵条約を破棄して北方領土に攻め込んだソ連の非道と虐殺ぶり、追い詰められ自決した真岡郵便局の女性達の姿・・。

追記

他にもお話したい続きはございますが、またお邪魔させて頂きます。管理人様も御身体を大切になさって下さい。

Re: 一郎様 コメント有り難うございます。


ご返信が遅くなってしまいまして大変申し訳無く思っております。
8月21日は一郎様のお誕生日の日だったのですね!
一郎様、お誕生日おめでとうございますv-300
ご健康で幸多き一年となります事を切に願っておりますv-410

今年は台風の連続で夏が過ぎたお陰でしょうか。
秋が早めに訪れそうな気配が致しますが、猛暑で疲れた身体に嬉しい秋風に油断して風邪を引かれる方が多いとの事。
どうかくれぐれもご自愛下さいませ。
(かく言う自分はただ今風邪と格闘している最中でしてv-409、緊張感の足り無さに自己嫌悪です。)

一郎様、コメント有り難うございます。

最近は安保法案に対する反対派のデモが盛んのようで、山口二郎なる法政大教授(以前、拙ブログにも登場したおめでたい左巻き男)が「てめえら人間じゃねえ、たたき斬ってやる」と安倍政権を批判しているらしいですが、こういう低次元な教授を飼っている大学が世の中多すぎます。東大然り、明治然り、左寄りの教授が幅を利かせている大学が本当に日本は多いんですよね。
そしてデモにはSEALDsなどという共産党も後押しに余念がない若者の集団や、まだ幼い子供を連れた主婦連、お花畑の理想論しか持たぬ能無し野党の民主、社民、共産党の議員達が総理を罵倒して悦に入っている姿を見るにつけ、背筋が寒くなるのを感じます。
彼らは平和を叫びながら、自分達と意を異にする人間に対しては口汚く罵るのですから、何処が平和主義者なのか。そしてそれが出来るのも民主主義国家である日本だからだという事実には気付いていないようです。
これが彼らが好きな中国であったら、一夜のうちに粛正されている事でしょう。
一郎様の仰る通り、彼らの頭には人道などという言葉は微塵も無いのではとも思います。イデオロギーでさえ実は持っていないのではないでしょうか。ただ、山口二郎に代表される知識人(?)や宮崎駿や左巻きの芸能界の人間達の影響も大きいのかもしれません。
その(とりあえず)有名人の彼らにしても、チベットやチェチェンその他の地で実際行われた弾圧や虐殺には目を向けず(知らない可能性もありますが)、トコトン安倍さんを叩く事でヒーローになったつもりでいるのですから、そのうちにとんだツケを払わされることになるのではないでしょうか。人を呪わば穴二つともいいますものね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。