AX 食の安全 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

遺伝子組み換え、恐怖のモンサント社ラウンドアップ

 先日放送された『たかじんnoマネー』では、TPPで問題になっている米国製の遺伝子組み換え食品について討論が行われました。
 本日はその書き起こしです。

 遺伝子組み換え商品を食べ続けるとどうなるのか?

131026_174854.jpg
131026_174922.jpg

 今年6月、フランス製の恐ろしいドキュメンタリー映画『世界が食べられなくなる日』が公開されたことを知っているだろうか。
 
 異例のロングランヒットを記録した『モンサントの不自然な食べもの』に続く遺伝子組み換え食品の実態を追ったドキュメンタリー第二弾。
131026_174948.jpg

131026_175018.jpg
      
 これらの映画によると、現在多く作られている組み換え食品は、大豆やトウモロコシなどの作物で、食物自体に除草剤耐性や害虫抵抗性を持たせて、農薬を撒く回数を減らし、生産コストを下げることを狙いとしているが・・・。

131026_175050.jpg

131026_175110.jpg 

 その代表と言えるのが、アメリカ「モンサント」社が開発した除草剤『ラウンドアップ』と、それに耐性がある大豆の組み合わせだという。

 ラウンドアップは必須アミノ酸の一種を合成する酵素の働きを阻害するため、撒くと全ての植物が必須アミノ酸を作れなくなって枯れてしまう。

131026_175200.jpg

 所が耐性大豆には細菌から取り出した必須アミノ酸を作る事が出来る別の酵素の遺伝子が組み込まれているため、ラウンドアップがかかっても枯れずに収獲することが出来るという。

 その為、ラウンドアップを撒いた後は雑草が全て枯れても。遺伝子組み換え作物だけが生長し続けるという異常な光景が。

131026_1752487.jpg

 そしてフランスの大学の研究で遺伝子組み換えのトウモロコシを2年以上与えられたネズミは、普通のトウモロコシを与えた場合より発癌性が高いというデータが示され、その真偽が議論されている。
131026_175612.jpg

 日本は今TPP交渉に参加しているが、TPPに加盟すると遺伝子組み換えの表示義務のないアメリカから表示制度を無くせと迫られ、食べたくもない遺伝子組み換え食品を食べさせられる危険性が高いという。
131026_175636.jpg

 真鍋氏「これは食べたくないですね。」

131026_175741.jpg

 八代氏「ラウンドアップって本当にアメリカでも一般的に使われている除草剤なんですけど、見事な効果でラウンドアップ耐性大豆以外の雑草はおろか生き物全て死ぬの。

131026_180005.jpg
 フィフィさん「TPPって添加物とかそういった物も、今別に日本では使われない物も全部入ってくるし、アメリカの製薬会社で働いている友達なんかもこういうラットの実験とか見てるから、結構きつい薬とかもやってるんだけど、そういうのも全部解禁されちゃうんじゃないですか。」

131026_180026.jpg
 
 大谷氏「そうはいっても米国産なら米国産と産地表示はさせるからという風ないい加減な事言ってるわけですよ。所が大豆なんてお醤油の中に入っちゃったら、何処の大豆で作った醤油なのかって分からないじゃないですか。そこに米国産の大豆を使った醤油なんて書かないじゃないですか。日本産の醤油としか書かないわけですよ。」

 真鍋氏「これは遺伝子組み換え食品を使っていますっていう表示を付けさせるなっていう事を言ってる訳ですね。」

131026_180043.jpg
 大谷氏「そうそう。今まで日本はきちんと書いてるんですね。」

 真鍋氏「(組み換え食品ではあり)ませんは出てますけど、その「ません」も禁止しろっていう事なんですか?」

 大谷氏「アメリカはTPPと同時に国内法も変えろと。アメリカは日本の表記法でそう言うものを付けられたら、うちの物は売れなくなると。それは障壁じゃないのかと。」

131026_180640.jpg

 黒田氏「それはもう向こうで良いものを改良してもらわなければいけないわけじゃないですか。日本の農家の方が一生懸命作られた物を我々は信用して買うのに。」

 八代氏「日本が過剰な規制をしているというのがアメリカの言い分になってくるわけだから、要するにそれは規制緩和という美辞麗句の元に。」

 須田氏「加えてね、そこが規制を変えないJAS法を変えないって事になれば、モンサント社が本来だったら、TPP加入後ですよ?モンサント社が日本のマーケットを本来だったらこれだけ利益が得られるはずなのに、得られることが出来なかったと言う事で、紛争調停に対して裁判で訴える事が出来るんですよ。そしたら必ず間違いなく日本は負けますから。」

 八代氏「ISD条項ですね。」

131026_180920.jpg

 フィフィさん「多分こういう風になってくると日本の本当に純粋な日本の物だけで作ってますとか、ご当地系の物だとか、そういったものは絶対もっと過剰に出て来ると思うんですよ。アピールしてくると思うんです。それで安い物になると何も表示がないとか、そういったものは結局そういうものだなって主婦は疑って、こっち買うこっち買うとか選択はあると思います。主婦は自分で選んで、なるべく自分で作るなりする人はいるし、やれるとは思うんですけど、外食が多い人は気をつけないと。」

 大谷氏「だから要するにアメリカはそう言う規定を外しなさいと言ってるだけでしょ?だから日本政府は外しますって勝手に言えば良いんですよ。で、メーカーの側は遺伝子使ってないって書いたって、それは自分の自由なわけですから。良心的なメーカーがうちの醤油の大豆は全て国産ですと。その代わり高いですよと。高いですけどこれを買って下さいと。」

 フィフィさん「ただ外食は絶対に、作ってる側も私は食べないけどねみたいな感じで使ってる場合は結構あったりするじゃないですか。だから外食ばかり食べてる人達は深刻な問題だと思いますよ。」

 須田氏「おそらく外食中心やお弁当とか食べてる人って何処産なのか見ないじゃないですか。」

131026_180510.jpg
 大谷氏「大ヒットした『震える牛』っていう本があったじゃないですか。如何にミートが色んな形で作られてるかって。平気でメーカーは言うわけですよ。300円とか350円の弁当の中にちゃんとまともにきちんと検査した物が入ってると思ってる方が間違えてるんだと。小説の中で平気でそう言いきってるわけですよね。」

 八代氏「アメリカに関して言うとラウンドアップ大豆以外は、はっきり言って淘汰されちゃってるんですよ。だから良いものを求める人が残る状況にアメリカはなれなかった。そうなった時は怖いですよね。

 須田氏「もう一つ怖いのはモンサント社の種子。作物の種子を日本も場合によっては輸入しちゃう可能性だってあるわけですよ。」

131026_180705.jpg

 八代氏「実際、もう飛んできてるんですよ。種子が。で、それ報告されてるんですけど、沖縄県なんかでそのラウンドアップ大豆の苗が。」

 真鍋氏「でもそれは日本で育ったら日本産って事になっちゃうんですか?」

 須田氏「問題はそこにあるわけじゃなくて、そうするとラウンドアップ社がそれを見てね、我が社の物を何故勝手にお前達は作ってるんだって事で、また損害賠償請求されちゃうわけです。勝手に花粉が飛んできたり種子が飛んで来て育っちゃった段階で。」

 フィフィさん「たとえばコーンなんかもそうだったじゃないですか。遺伝子組み換え。あれをたとえば家畜の餌にした場合、それも何か影響があるんでしょうね。」

 八代氏「データが無いんですよ。要するに何年も何年も積み重ねた。」

 フィフィさん「出さないだけですよね?アメリカが。」

 ここまでがこのテーマのお話です。
 ラウンドアップは以前日本でもコマーシャルをやっていたので、名前だけは記憶していましたが、そのコマーシャルも気付けば見なくなったなと。
 フランスの可哀想なネズミの結果からも分かるように、それだけ危険な薬だという事が証明されているにもかかわらず、使用し続けるアメリカという国の怖さを改めて感じます。
 そしてそれに逆らえない。もし逆らったら賠償請求で多額のお金を取るというISD条項。
 アメリカはまるで当たり屋のような国。ヤクザのような国なのです。
 TPPでもFTAでも主導権はいつもアメリカ側という点も不思議です。
 遺伝子組み換え食品に関しては、ここでも大谷さんやフィフィさんが仰ってますが、日本製に拘る食品会社がこれから増える事でしょうし、日本政府が手出しできないのなら、国民が賢明な選択をするしかないなと感じます。

 P.S.11月15日に『たかじんNOマネー』を放送しているテレビ大阪にて下記の訂正文が出ました。全て死んでしまうという表現は語弊があったかもしれませんが、ラウンドアップの怖さにつきましては、ラットの実験そのものが十分伝えていると思います。
no_money_11_15.jpg

 
 
スポンサーサイト

廣瀬満雄氏、日本における食の安全。トランス脂肪酸、アミノ酸等。

 今回は11月11日放送『たかじんのそこまで言って委員会』での廣瀬満雄氏のお話が興味深かったので書き起こします。

 材料の一滴一粒まで拘り抜く情熱のパン職人、廣瀬満雄、61歳。


 安全かつ美味しい無添加パンの開発に取り組み、現在までにコンサルタントとして出店したベーカリーはおよそ300店。



 そんな廣瀬さんが怒っているのは・・・
 『日本における食の安全』



 廣瀬さん自身は『可能な限り無添加を追求し、情報を開示し、消費者の方々にウソをつかない事が大切であり、そのような姿勢こそがベーカリーの信頼に結びつく』との信念を貫いているが。
 日本の食品加工業者は食の安全に責任を持っているとは思えないと言う。
 そこで浮かび上がる廣瀬さんの怒りのポイントは・・・
 
 
 ①トランス脂肪酸が危ない。
 ②一括表示が危ない。
 ③中国製アミノ酸が危ない

 

 辛坊氏「廣瀬さんの仰る怒りのポイントはこちらです。」



 廣瀬氏「国富論を書いたアダム・スミスという先生が、『その国の政治のレベルはその国の国民のレベル以上にはならない』という風に仰っておられました。食の安全という事は非常に大事な事でありまして、食の安全がなければ自民党も、民主党も、朝日新聞も何も無いと思います。が(これは食品名だと思うのですが、ピー音が入ってて分かりません)トランス脂肪酸という事をまずこの会場の中で初めてお聴きになる方、手を上げて頂けませんか?」
 
 ここで映された会場のお客さんの殆どが手を上げます。

 廣瀬氏「有り難うございます。トランス脂肪酸という今皆さんがお召し上がりになってるマーガリン、そしてパンの中に入っているショートニングの中にトランス脂肪酸がだいぶ入っております。

 辛坊氏「ショートニングって何ですか?」

 廣瀬氏「ショートニングというのはマーガリンは香りを付けたりしておりますけれども、パンやお菓子に使われる油脂でございますね。」

 宮崎氏「伸びやすくなるんですね。」

 廣瀬氏「はい。生地が伸びやすくなる。」

 宮崎氏「ヨーロッパではかなり規制されてますよね。」

 廣瀬氏「いいご質問です。ヨーロッパでは2000年には欧米諸国、ヨーロッパ、米国などで全部規制されております。」

 辛坊氏「どのくらい規制されてるんですか?」

 廣瀬氏「1%未満が0.5%までがシス型といいまして、一応認められているんですけども、1%以上越えるものを絶対に表示しなくちゃいけないと。」

 辛坊氏「日本の場合は?」

 廣瀬氏「日本の場合には野放しです。これは米国で売られている日本のです。」



 辛坊氏「なんだけれども、日本と米国は表示が違うと。米国側は」

 廣瀬氏「トランスファットフリーと書いてあります。」
 

 宮崎氏「日本側のトランス酸の表示って言うのは表示義務がないんですか?」

 廣瀬氏「表示義務が全く無いんです。」

 辛坊氏「ちょっと待って下さいよ。同じ製品で米国には表示があってトランスゼロ、日本は表示がない。これ単に表示がないのか?本当は使ってるのか、やっぱりゼロなのか?どっちなんですか?
 
 廣瀬氏「いいご質問です。私、(その食品会社)に電話しました。それでその時に言われたのは『日本の表示基準に則ってやっておりますと、日本の法律では問題が無いはずですと。所であんたクレーマー?』と言われました。」
 
 辛坊氏「何で日本ではそういう規制がないんですか?」

 廣瀬氏「いいご質問です」

(↑思わずのけぞる辛坊氏)

 廣瀬氏「あのー、日本協会だとか、日本というのは官僚、そして役人の天下りの世界です。で、天下りの世界だからこそ、とにかくトランス型脂肪酸の事は隠蔽してるんです。



 勝谷氏「全く同じケースが、HIVの血液製剤で薬害エイズがそのケースです。米国は止めてるのに日本はそのまま。BSEもそうです。狂牛病もイギリスではアウトなのに日本だけは輸入し続けている。」



 辛坊氏「とりあえず3番目まで行きましょう。一括表示が危ない。」

 廣瀬氏「一括表示というのはアミノ酸等という表示があるかと思います。②番目と③番目が連動するものですから、ご説明させて頂きますと。アミノ酸等の中に中国製のアミノ酸でもいいんです。いいんですが、アミノ酸が中国でどーやって作られているかっていったら、人毛から作られてるという話がだいぶ発表されています。‥人の毛です。人の毛からアミノ酸を合成させて出させる。

 辛坊氏「では一旦ここの段階で、皆さんが共感したかしなかったか。一斉にドン。」



 金さん「分からないんですけどね。これだけ危ない危ない危ないって言われて、我々が食べてる中のどこにそう言うものが入ってて何がどう危なくて、今後どういう風に注意すればいいのかって事が、まだ全然出て来ないんで。」



 宮崎氏「トランス脂肪酸って具体的にどういう害があるのかって説明して頂けますか?」

 廣瀬氏「トランス脂肪酸というのは、心臓病だとか指先なんかにドンドンドンドン毛細血管に溜まっていくという脂肪酸なんです。



 辛坊氏「これ日本で売られているものに間違いなく入ってるんですか?

 廣瀬氏「入ってます。

 辛坊氏「じゃなんでわざわざ入れるんですか?」

 廣瀬氏「安く出来るからです。トランス型脂肪酸ていうのは、普通の魚油、それから豚の脂だとか牛の脂なんかを液体状になってるものを水素添加するんですよ。水素添加するときに発生されたものがトランス型脂肪酸と言うんですね。もうおそらくコストで言えば、1/30、1/40で出来ちゃうんです。

 宮崎氏「それは要するに水素で水増しするっていう事ですか?」

 廣瀬氏「そうです。」

 ざこば師匠「今から私ずっとパン食べたら、約80歳まで。どないなりまんの?」


 廣瀬氏「え~。のパンを食べたならば、後、失礼ながら10年ぐらいで死ぬでしょう。」



 ざこば師匠「そんなアホな事あるかいな。」
 
 辛坊氏「もし、廣瀬さんの所のパンを食べ続けたらどーなりますかね?」

 廣瀬氏「後100年生きます!」

 (場内爆笑)ざこば師匠、即座に共感出来ないに変更。
 

 辛坊氏「非常に懸念している内容は良く分かりましたけどね。」

 宮崎氏「規制とか禁止とかって前に、きちんと表示すべきだと思いますよ。」


 
 辛坊氏「はい、皆さん、ファイナルジャッジメント。」



 廣瀬氏「そうですね。表示義務をしっかりとお上がキチッと決めるべきだと思います。」

 勝谷氏「それから役所と業界団体の天下りの構図はまさにその通りで、一番の問題がそこだと思いますね。」

 辛坊氏「確かに今の話で言うと、表示さえ米国並みにされてれば、みんなが嫌だなと思ったら買わなくなるだけの話ですからね。」

 金さん「廣瀬さんね、小さなパン屋さんかなんかで、好きなパン屋さんがあるんですけれども、そういう所で例えば何か入ってるとか何の判断。表示してないからね。パンって。どう判断すればいいんですか?」

 廣瀬氏「これはちょっと言いにくいんですけれども、無添加と言う事を一応標榜なさってるパン屋さんは、そういう意味では意識の高いパン屋さんだと思います。

 金さん「周りに。近くに無ければどーすればいいんですか?」

 廣瀬氏「はい。私共の通販から取って下さい。」


 
 辛坊氏「有り難うございました。」

 私は勉強不足で、この番組にて始めてトランス脂肪酸という名前を知りまして、愕然としてしまったのですが、後日ネットで調べましたら沢山の記事がヒットして改めて怖い物質であることを知りました。

 番組の中で同じ商品で、日本と米国とでは表示の仕方が違うという所がありましたが、こちらにも同じような事が載っていました。
 マーガリンの危険性ここに日清のカップヌードルやサンヨー食品のサッポロ一番では、国内向けの製品は揚げ油にトランス脂肪酸が含まれているので製品にも含まれているようだが、規制がある海外向けに生産されたものはトランス脂肪酸ゼロの表示がある。つまり技術的には可能であるのに、規制がない国内向けの製品にはその技術を使っていないのであるとあり、絶対これらは購入しまいと思った次第です。

 ただ、調べてみれば、うちにあるお菓子類(クッキー、チョコレート、パン、スナック菓子)などなど、表示を見ればショートニングが必ず入ってるんですよね(⌒-⌒;

 知らない間に、随分身体にとって可哀想な食生活をしていたものだと知りゾーッとしました。・・・が、「じゃあ、今日から一切食べるの止めよう!」という訳にもなかなかいきませんよね。

 宮崎さんも仰ってましたが、食品会社は勿論の事。国が表示の義務をしっかりしてくれなければと強く感じます。

  



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。