AX 日記 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

やしきたかじんさんを偲んでNoマネー。テレビ界にタブーは要らない&東京に流さない理由。

 昨夜、やしきたかじんさんが1月3日にお亡くなりになられていたニュースを知り大変ショックを受けました。
 たかじんのそこまで言って委員会を見始めたのが7年ほど前の事で、たかじんさんの番組を見ることにより、それまで全く無関心だった政治に興味を持つようになりました。
 お恥ずかしい事に、それ以前の自分は保守とか左翼の意味も知らず、それどころか衆参の意味も知らない全くのノンポリ人間だったのですが、たかじんさんの番組で日本が置かれた危機を知り、それまで他愛ない日常の出来事を書いていたブログも政治関連の記事一色となりました。
 これまでずっと元気になられて戻って来て下さる事を信じて疑わなかったものですから、昨夜知ったニュースには非情に落胆し、今までたかじんさんがお出になられた番組を見て過ごしておりました。
 今日はその中から昨年の4月28日に放送された『たかじんNOマネー』より、田原総一朗さんの「テレビ界にタブーは要らない」より書き起こしをしたいと思います。
 この回で、たかじんさんはご自分の番組を東京で流さない理由を語っていらっしゃいます。
 そして、たかじんさんは翌週のNOマネーにご出演になった後、体調を崩されてお休みに入られる事となりました。

 『朝まで生テレビ』の司会を始め、鋭い切り口で常に日本のジャーナリズムをぶった切ってきた男、田原総一朗。
140108_112227.jpg
 彼が怒っているのはテレビ界のコンプライアンス。自主規制の問題。
140108_112344.jpg
 田原氏「コンプライアンスって言葉は最悪だね。日本にはタブーはない!全く無い。所がテレビ局が勝手に自分でタブーを作ってる。」
140108_112457.jpg
 田原氏「プロデューサーやディレクターは絶対管理職になっちゃいけない。管理職になろうとすると上に気に入られようとする。だから問題を起こすような番組は作らないでおこう。管理職になりたいとね、こう思っちゃう。」
140108_112511.jpg
 田原氏「番組ってのは問題を起こすからおもしろいんだよね。社長の顔色見ているようなテレビ局はくそくらえ」
 
 更に田原は今のジャーナリズムに対して毒を吐き続けた。
 田原氏「波風のないところに波風を立てるのがジャーナリズムだと思うし、それが新聞でありテレビだと思います。コンプライアンスっていうのは波風を立てるなって事なんです。つまりクレームが来ない番組を作れと。クレームも特にスポンサー。だからたとえばごく最近まで電力会社の悪口は言えなかった。批判は。最近は電力会社の批判をしないとまた駄目だと。これも一つのファッションですよ。」

140108_112709.jpg
 及び腰な現在のテレビ界に毒づく田原だが、2年前あの原発事後が起きた時の報道に更に毒を吐いた。
140108_112745.jpg
 田原氏「堀潤という男がいて、4月1日にNHKを辞めた。で、4月2日の晩、彼とシンポジウムをやった。なんで辞めたんだと聞いた。そしたら2年前の3.11。東日本大震災。原発事故が起きた。」

140108_112836.jpg
 田原氏「当時NHKの会長が報道に向かって『大事な時期だから、完全に確証が取れた情報以外は一切報道するな』たとえば財務省筋、経産省がこう言ってる。『これ全部放送するな。』何にも報道できなかった。こういう事が民放でもあった。現に2日目に一号機の水素爆発が起きた。この時僕が東電の元OB、技術者に聞いた。」
140108_112924.jpg
 田原氏「水素爆発が起きたってのはメルトダウンが起きてるんだと。何処のテレビ局も何処の新聞社もこんな情報は得てる。何処も放送しなかった。何故か?怖いから。そんなものはその日に分かってる筈。」
140108_113001.jpg

 テレビ界にタブーはいらない。田原総一朗さんのこの主張。皆さんが感じた毒は何ポイズン?
140108_113027.jpg
 水道橋博士「何で武田さんが低いのか良く分からないんですが。」

 武田さん「まあ当たり前の事だからね。」

 水道橋博士「自主規制無いですもんね。」

 武田さん「まあとにかく報道できることしか放送しないのが当たり前と聞く方も思ってると。」

140108_113110.jpg
 たかじん「でも温度差は全然違いますよね。東京で聞く一つの言語と、関西で一つの言語の温度差ってあるでしょう?」

 えなり君「でもそれは多分たかじんさんが大阪の規制の線をドンドン崩してったんじゃないかな?って僕は勝手に思ってるんですけど。」

140108_113310.jpg
 たかじん「いや、だから僕は分かりきったことだから、この番組もそうだし、他でもよみうりテレビとかでやってる番組も、東京に流すんだったらしない条件で始めた。今でも流したれへんねん。流したら絶対コンプライアンスが圧力をかけてきて面白く絶対無くなるというのが目に見えてるから、絶対関東圏ではしない。」

 松尾氏「コンプライアンスっていうのはね、表現の場でのコンプライアンスって絶対境界線が曖昧だから匙加減でどうとでもなるんですよ。」

 たかじん「そうそうそう。だから一つ間違ったらそこの政策局長レベルぐらいのAさんがおって、AさんがOKでもBさんは駄目だと。そう言う事有り得るのよ。東京は。」

140108_113434.jpg
 大谷氏「で、両方のどっちかが駄目だっていったら必ず駄目な方のサインが強いんですよ。」

140108_113501.jpg
 水道橋博士「田原さんはこう言うのは規制があるから絶対生放送で言おうとするんですよ。生に拘るんですけど、たかじんさんは録画の番組と生放送とでは使い分けとかあるんですか?」

140108_210509.jpg
 たかじん「あのね、僕の場合の生はね、危ない言われてるのはしょうもない事の生やから」(場内爆笑)

 真鍋氏「(笑)放送禁止用語みたいな。」

140108_210547.jpg
 たかじん「思想とかそんなん違うねん。下の方とか、この言葉はあかんやろみたいな。そっちの方やねん。俺。レベル低いねん。そういう意味では」(場内爆笑)

 大谷氏「僕は田原さんにあまり(点数を)付けなかったのは、原発の報道は止められたと言うより知らなかったんですよ。」

 たかじん「知らされなかったって言う事?」

 大谷氏「実際何が起きてるかテレビ局自体分からなかったんですよ。」

 松尾氏「専門家の人が来て、これメルトダウン起きてますか?って聞いても、かたや起きてるっていう人もいれば、違いますっていう人もいたんですね。」

 武田さん「専門家が嘘付いてたからね。

140108_210610.jpg
 大谷氏「原子炉工学の人が来て説明されてですよ。テレビの人はNHKも含めて反論出来る記者を育成してないわけですよ。」

 松尾氏「反論どころかその学者達も分からなかった。」

 たかじん「せやけどNHKなんか科学部っていう部があるのよ?」

140108_210718.jpg
 武田さん「っていうか、NHKがある事自体おかしいからね。」
 (しばらく間が空いてから場内爆笑)

 一号機爆発時の報道について松尾氏、大谷氏がテレビ局や東電お抱えの原発関連御用学者を庇うような話をしている最中、一人ニヤニヤしながら聞いていた武田先生でしたが、最後のNHKがある事自体おかしいという言葉にはたかじんもテーブルに突っ伏して笑っていました。

 そして、今朝のとくダネ!では、たかじんさんがお亡くなりになったニュースを伝えた後に、たかじんさんの番組に対する姿勢に小倉氏が言った言葉が印象的でした。

140108_211137.jpg
 小倉氏「何でローカルでこの発言が出来て、東京で同じような事をメディアで言えないのかって思うのね。そこがちょっと違うんじゃないのかな?不思議だなってずっと前から思ってましたけどね。」
 
 武藤リポーター「腹括って仕事しろっていうのが、この人の信念だから。だから本当に真っ正直に生きた人なんだなって思って。」

 小倉氏「まあ‥惜しい人を失いましたよね。」

140108_211108.jpg
 武藤リポーター「だから小倉さんも負けないで。言っちゃいけないって事もドンドン言うように、今年は。」

 菊川氏「打ち合わせの時は言ってますよね。(笑)」

 武藤リポーター「それがやしきさんの遺言かもしれない。

 本音で話したくても出来ない現状を吐露した小倉氏の言葉には、田原総一朗氏が話されたテレビ局が勝手に作るタブーやコンプライアンスに雁字搦めにされている姿が窺えます。

 武藤リポーターも言ってましたが、東京のキー局でも言いたい事はドンドン言える情報番組が増える事をたかじんさんも望んでらしたのでは‥。

 改めて、撮り溜めていたたかじんさんの番組を見ていますと、たかじんさんのお姿をもう拝見する事が出来ない寂しさを感じて悲しくなります。 
 今まで無知だった自分に沢山の情報を下さり、勉強する時間を与えて下さったたかじんさんに心から感謝の気持ちで一杯です。

 たかじんさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 

スポンサーサイト

竜巻雲に似てる気がするのですが


 今日の午後3時過ぎ頃の雲です。
 


 非常に大きく、全体を撮るにも近すぎてこんな画像になってしまいましたが、随分長い時間形を留めたまま浮いておりました。
 場所は愛知。北東方向に浮かんでいます。


三宅久之先生、有り難うございました。

 先程、三宅久之先生の訃報を知りまして愕然と致しました。

 入院された時には心配しておりましたが、先日、ご退院された事が三宅先生のブログやfacebookに報告されてましたので、ホッとしたのも束の間の出来事でしたので本当にショックです。

 私のブログでも時々三宅先生のお話は書かせて頂いておりまして、中にはきつい事も(若輩者のくせに生意気な事ばかり申しておりまして、申し訳なく思いながらも)書かせて頂いておりましたが、それでも三宅先生がいらっしゃらない『たかじん』や『タックル』は物足りない事この上無く、そう感じるに付け三宅先生のことは日本の良心と改めて尊敬の念を感じておりました。

 今日の日をいつまでも留めておきたいと今年の3/25日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』で最後のご出演とお決めになられた時のお手紙とお写真を載せて頂こうと思いました。

 
 さて私事ではございますが、小生、3月いっぱいで、TV出演、講演、執筆など、すべての評論活動にピリオドを打つことにしました。

 最近は気力、知力、体力ともに衰えが著しく、老醜をさらす前に自ら幕を下ろすことを決意したものでございます。

 「たかじんのそこまで言って委員会」の番組を通して終始ご声援を頂いた大勢のファンの皆様にお別れするのは断腸の思いでございますが、「進退は潔く」というのが小生のモットーでございます。

 何卒ご了承をお願い申し上げます。

 


  

 この放送では、三宅先生の盟友でもある、渡辺恒夫氏との対談もありました。

 三宅先生が引退される話になったときのナベツネさんとの会話です。


 ナベツネさん「しかしあなたね、手紙もらってさ、もう原稿も書かない、演説もしない、TV出演もしない。あれ読んだ時ビックリしたね。こりゃね、困るんだな。テレビジャーナリズムというもののね、質がうんと下がる。と思うよ。」

 三宅さん「いやいや、私はね。」

 ナベツネさん「あなたね、怒るわな。怒んないと駄目なんだよ。私は中曽根邸であなたと怒鳴りあいの喧嘩した事がある。中曽根が総理大臣になった日。それでまあいわゆる番記者は皆別室。そこで怒鳴りあいの喧嘩をして、それで中曽根夫人が『まあまあ・・』って言って困ってね。だけど喧嘩するとすぐ忘れて仲良くなっちゃう。それがあなたの良いとこなんですよ。ね、さんざ怒鳴っといてね、1分か2分経つとニコニコニコって笑ってね。それで和んじゃうんだよね。その場が。ああいう事が出来るジャーナリストはいないしさ。」

 ナベツネさん「・・・辞めちゃいかんよ。」


 三宅さん「あの、肺がね。息苦しくなるんですよ。今。だからTVで怒っててもね、途中で一息付かないとね、後が続かなくなってきて。」

 ナベツネさん「ちょうどいいんじゃないの?」
 
 三宅さん「ここで一服して又怒るってのはね。」

 ナベツネさん「怒りっぱなしじゃ健康によくないから、時々怒っちゃ一服ってのは却って良いんじゃないかな。それやると却って健康になって後3年ぐらいTVで頑張れるんじゃないかと思うんだけど。」


 
  ナベツネさんと話しているときの三宅先生のお顔はとっても嬉しそうで、笑顔が素敵でした。

 昨日は森光子さんの訃報が入り、少し前に浜田幸一さんがお亡くなりになり、そして今日は三宅久之さん‥と、古き良き時代の昭和を象徴するような貴重な方々がいなくなってしまう事が、とっても寂しく、悲しく、残念に感じます。

 私事で恐縮ですが、昨年父が亡くなりまして、この10月に喪が明け、気持ちも幾らか落ち着きブログも少しずつ再開し始めた時でしたので、TVでではありますが子供の頃から良く見ていた方々がいらっしゃらなくなると思いますと、本当にきついです。 

 三宅先生、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 これからは天から政界の極悪人を成敗して下さい!

 素敵な時間を過ごさせて頂き感謝しております。


 



東海道南方沖地震

 TVを見てたらフワーっと身体が揺れた。


 貧血相当進んでるなぁ・・・と思ったら地震だった。


 東海道南方沖地震情報との事。


 TVの地震速報では、あまりにも広範囲に渡って地名が出てくるから驚いたけど・・・


 それもそのはず、深さ340km、マグニチュード6.9度だったようだ。


 これがもっと浅い場所での地震だったら、今頃都内は大変な事になってたかも。


 噂によると、8/6日に関東に大地震が来るって言われてたらしいけど、これがそうだったのかな?


 とりあえず、深い場所で起きてくれて良かった良かった
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。