AX 2012年09月 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

ひるおび 連日の安倍叩きに宮崎テッちゃん、田崎さんGJ!

 昨日のひるおびでは司会の恵、伊藤惇夫、そして日和見弁護士八代英輝が山本一太氏を叩きまくって本当にお気の毒でした。

 多勢に無勢状態で、今回の総裁選に対する石破氏と安倍氏の地方の党員票と決戦の議員票の差で一回目の勝者が何故敗者になるのか?なんて一太氏に聞いたってどーしよーもない事ぐらい重々承知の上で、攻めに攻めまくるなんていい年した大人のする事でしょうか?

 全く今に始まった事では無いけど、昨日の日テレのテリー伊藤にしろ、恵のひるおびにしろ、日本のメディアも地に落ちたものだとつくづく感じたものでした。

 そしてそして今日の「ひるおび」

 幾ら何でも今日はもうやらないだろうと思いきや、今日は何と石破氏をゲストに呼んで、またぞろ昨日の繰り返しだったわけです。TBSはしつこい!

 今日は昨日とは違い、恵がやけに石破氏に取り入り、石破氏を悲劇のヒロインとして扱おうと言う主旨が見え見えの様子で、今回の総裁選の結果に同情的な様子で本題に進み始めます。

 恵「石破氏は一回目でこれだけの票を取った。党員票を。なのに国会議員だけで決めるとトップだった人が総裁になれない。これに関して色んな不満も党員の中で出てる。これは本当に自民党って変わったの?って我々は見れるのだろうか」

 ここで斉藤アナ登場。

 「本当に蒸し返すような形になりますけれども、党員票の55%過半数以上を獲得した石破さんが逆転された。これについて地方票軽視に不満の声というのが色々出て来ています。たとえばこれ秋田ですね。新聞記事になりました。秋田県連の四役、会長、幹事長、政調会長、総務会長が皆『そういう事するんだったら私達は辞めますよ。』という事を言っている。自民党秋田県連の渋谷幹事長は『地方の声が反映されないなら最初から国会議員だけでやればいい』じゃないかと。」


 その後斉藤アナは、鳥取、京都、沖縄、神奈川、それぞれの地方議員の総裁選に対するマイナス意見を発表した後、石破氏がそれに対して発したコメントを読み上げます。

 『国民意識と違う判断をした国会議員って何なんだろうという事は私が言うべきことじゃないでしょう。』(私は総裁選後のこの発言を聞いた時、石破氏は「私が言うべき事じゃない」と言いながら、しっかり前半に思いの丈を言ってるじゃない。潔悪い男だ・・と想ったものですが。)
 恵(然も同情してるような表情で)「この点を伺いたいのですが、どうお感じでした?」
 
 石破氏「そういうルールである事が分かっていて出ているわけで、それは前提として後からあれこれ言ったってしょうがないでしょう。」

 
 ここで今日のひるおびのヒーロー宮崎テッちゃんの出番です。

 「子供みたいですよね、そんな事言うのは。・・・だって負けたからと言って・・・自分達が負けたからと言って、このルールは可笑しい、後で言うのは可笑しいって言うぐらいなら前に言うべきでしょう。」
 
 「だから、これから変えていくべきだという議論ならいいんだけど、県連をお辞めになるとかっていう話は、私は違うと思う。」

 
 そしてもう一人の常識人、田崎史郎氏

 「党員の方は遠くで見ていらっしゃるわけですよね。でも国会議員は国会議員の中で、近くで安倍さんと石破さんを比較しているわけですよ。その時、安倍さんが勝ったって事は安倍さんはやっぱり国会議員に、より受け入れられてるって事ですよ。隣に居ながら申し訳無いけど(田崎氏の隣が石破氏でした)石破さんが足りない所もあったわけですよ。それを幹事長として色々やっていかれる中で成長されることを望みますね。」

 テッちゃんや田崎さんの普通の感覚から発せられた常識的な発言に、恵達(まさかこんな方向に行っちゃうなんて・・・と)思わず苦笑い。

 ふかわりょう「国会議員の方では安倍さんの方に投票した数が多いわけじゃないですか。で、石破さんでなく安倍さんに投じた事の意味は・・。(ふかわの質問が分かりにくくここでテッちゃんが助け船を→「具体的に何処が違ってたのか聞きたいんでしょう?」)

 田崎氏「包容力の差だと思う。安倍さんの方が包容力があり、人が集まってくるわけですよ。組織を運営する上で、マネージメントして安心して党を任せられる人と、あのー、石破さんだとこりゃ嫌われてるから駄目だと(←ここで田崎氏の話が切れますが、多分その後に「思ってしまう議員がいるんでしょう。」と続けたかったのでは)

 それに対し石破氏。

 「それは色々あるんですよ。私だと極めて先鋭的って言うか、とんがったというか駄目なものは駄目みたいな事をやっちゃうんじゃないかと。・・・で、自民党はまさしく今選挙で国民の皆様のご支持を頂かねばならないところ、自民党の中枢というものがですね、『バタバタするのはやっぱりマズイよ』というご判断をされた方もあるでしょう。或いはその政策はとっても似てるんだけど、微妙に違う所があって、で、そっちの方が安倍先生の方がよりクリアで明解だという事でご支持された方もあるんでしょう。で、そこは色々な理由があるんだと思うんです。ただとにかくルールだ何だかんだ言っても国会議員もですね、誰かに任命されて国会議員になってるわけじゃなくて、皆選挙で出てきてる訳ですから、ルールが可笑しいねと言うことであれば、これからじゃあどういう風にしようかというお話はしなければいけません。ただ、次の総裁選挙まで3年あるわけですね。今は総選挙に勝ち、参院選挙に勝ち、きちんとした国民の支持を頂いて自民党が安定多数を取る事に努力すべきであって、総裁選挙のルールを変えようっていうのが今一番の議論の課題じゃないと思います。」


 ここで恵が今石破氏が言った事など耳に入ってなかったかのように番組の主旨である安倍逆転勝利=安倍ネガキャンへと話を蒸し返そうとします。

 恵「もちろんそうだと思います。ただこの総裁選挙を見て色んな意見が出て良かったという意見もあるでしょうけど、じゃあ一回目の党員票を取った人が二回目で逆転されて国会で決めるってのも、皆さんが次の総選挙でどー出るかと言う事も。」

 そして後半は安倍総裁の人事についての話へと移っていくのですが、(長くなるので端折りましたが)全て見た後の感想。

 ホントーにTBSはみのといい恵といい、安倍さんが総裁になった事を石破氏以上に憎く思ってるんだなぁ・・と。

 実にみっともない姿をみのも恵も晒しまくっている事を本人達は気付いてないのかな?・・・と。

 自民党が政権を奪還した時に、この人達がどー寝返るのか、今後が見物です。

 それと共に、いい年した大人達の大人叩きを見ていて、この人達が学校でのいじめ問題を云々言う資格なんてないよなぁと思った次第です。


スポンサーサイト

メディアの安倍さん叩き始まる!テリー伊藤の火病も炸裂

 今朝の日テレの「スッキリ」で取り上げられた自民党総裁選のニュース。

 録画出来なかったので、2chからの引用ですが・・・

 「大体、皆勘違いしてるけど、安倍さんは前回総理を辞めたのは、病気で止めたんじゃないんですよ?」
 「逃げ出しただけなのに、病気のせいにして、それを言い訳にしたんです。」

 「大体、前の総理大臣の時だって、何も実績がない。何にもしてないんです。」

 「尖閣諸島に船着場を作るなんて事を言ってますが、そんなことしたらどうなるんですか?中国からの反発が今以上になるのは明らかじゃないですか?」

 「安倍さんは、かっこいいことばっかり言って中身が何にもない。
 ぐだぐだぐだぐだと、一分で済むような話を五分もかけて演説して、矛盾したことばっかりですよ。」

 「総理になっても靖国に行くんだとか言ってますが、中国の反日行動が益々酷くなりますよ?どうするんですか?」

 
 この間、幾度も日テレ政治部の佐藤記者が「安倍さんは自民党総裁であって、総理ではないので、そういう事を言っても」的な発言を幾度かしていましたが、テリー伊藤の怒りのボルテージは留まるところを知らず、最後の最後まで火病が止まらないままでした。

 パチ屋から仕事をもらってる恩からか、それとも石原氏の息子を支持していた為か、それとも自身の出自が関係しているのか(←人の制止を無視し、ここまでファビョルのはとても日本人のマインドの持ち主とは思えないですしね。)、良く分かりませんが、これら事実無根の事柄を持ち出し、安倍さんを叩かなければならない個人的な理由が何かあるのでしょう。
 
 詳しくはこちらでテリー伊藤をメディアから消しちゃいましょ

 叩けば埃よりもタチの悪い細菌が飛び散りそうな男であるテリー伊藤。
 
 報道番組、ワイドショー、情報番組等々、これからも売国TV局は安倍さんのネガキャンに余念がない毎日を送りそうですが、怒り心頭になりながらも、コツコツ毎日それら捏造報道にはクレームや凸伝で対処していくしかないと思います。

 




祝!!安倍新総裁!!

 「一度民主にやらせてみよう」なんてアホで脳天気な国民と、この国に巣食う在日どもの小汚い思惑が合致して尋常じゃない結果を生み出した売国民主党政権下での3年間。

 あの時、自民に入れたまともな人間達はどれ程怒り心頭な境地に陥れられた事か。

 そして日本が大嫌いな上に、常識というものを知らず、屁理屈しか捏ねられない民主党政権のお陰で、国益は損なわれ、東北は有り得ない大震災に見舞われ、今も近隣の気狂い諸国にちょっかいを出され、史上最悪の馬鹿に、日本国民が馬鹿にされているような始末。
 (チョンやチャンにこれ程なめられまくられる覚えなど微塵もないのに、売国奴が政権を握るとこの体たらくな訳です。)

 でも、安倍さんが新総裁になられた事でこれら文字に表すだけで吐き気を催すものから、まともな日本へ戻れると思うとホントに安堵のため息が出て来ます。

 後は、明日から始まるであろう各TV局の安倍さんへのネガキャン。
 
 既に愛知では中京テレビの「キャッチ」が新総裁に対する街頭インタビューで全ての人達(名古屋に住む在日の人数は東京に次いで2位なので、そういう人間に聞いたか、それともTV局の差し金かどちらかでしょう。)に否定的な意見を言わせているような始末で、見た途端中京テレビへクレームを出してしまいましたが、まず明日一番にそれを実効に移さなければいけなくなりそうなのが、みのもんたの「朝ズバ」今日も最終日というのに、必死の形相で懲りずに安倍さん叩きに精を出しておりました。

 みのもんたって人は、司会者という職を失うのが怖いのか、筋金入りの左翼にはなれないくせに、職権乱用で、やたら保守に喧嘩を売る(特に日本を守ろうと頑張る安倍さんの事は目の敵にしていますが)最低最悪の野郎です。

 そして異常なのは昨日の「朝ズバ」でのみのもんたの発言。
 「この5人の総裁戦候補者を見てると、左派からドンドン離れて右傾化して(みのの言う右傾化とは、「保守」の事です)怖いんだよね。」(結局みのもんたという男は「売国奴が減り、保守の議員がこの国を守る事が怖いと言っている訳です。)

 フジの韓国ごり押しも目にあまるものがありましたが、「朝ズバ」のみのに比べたらまだフジの小倉の番組の方がマシだと思えるほど!!

 

 安倍さんが日本国を、日本人を守る決心をされたからには、国民がこれから自分で出来る形で安倍さんが出来ない自分を守る事を引き受けなければと思うのです。

 とにもかくにも、2012年という最悪の年を無事に過ごせたら、来年は長かった闇の時代に一筋の光りも差してくる気がします。それには人頼みにせず、まず自分自身が強くならなければとも思います。

 最後に・・・

 安倍さん、新総裁就任、本当におめでとうございます。 



左翼石破氏が総理では困るのですよ。安倍さんじゃなければ!

 メディアでは石破茂氏を総裁選の有力候補として持ち上げていますが、TVが持ち上げる人ほど要注意人物である事は、3年前の衆院選でメディアが民主をごり押しした時の事を思えば容易に分かる事と思います。
 
 Wikiを見るだけでも石破茂氏が国にとって全く無益どころか有害な人だという事は一目瞭然です。


 中国共産党系の新聞「世界新聞報」(2008年1月29日)に掲載された石破茂防衛大臣の発言

 私は防衛庁長官時代にも靖国神社を参拝したことがない。第二次世界大戦の時に日本の戦争指導者たちは、何も知らない国民を戦線に駆り出し、間違った戦争をした。だから私は靖国神社に参拝しない、あの戦争は間違いだ、多くの国民は被害者だ
日本には南京大虐殺を否定する人がいる。三十万人も殺されていないから南京大虐殺そのものが存在しないという。何人が死んだかと大虐殺があったかは別問題だ
日本には慰安婦についていろいろな見解があるが、日本軍が関与していたことは間違いない。
日本人が大東亜共栄圏の建設を主張したことは、侵略戦争に対する一種の詭弁だ
(中国は日本に対する脅威であるから対中防衛を強化せよという人たちは)何の分析もしないで、中国は日本に対する脅威だと騒いでいる
日本は中国に謝罪すべきだ


 これらの発言は今から4年前、まだこの人が防衛大臣だった時代の事なのです。
 
 民主党は最悪最低ですが、それでも現防衛大臣である森本さんの方がずっとまともな意見をお持ちなのではないでしょうか?

 それ以外にも石破氏関連の問題発言はありすぎるほど・・・

 反靖国参拝、人権擁護法案推進、外国人参政権推進、北朝鮮制裁反対、女系天皇推進、核兵器反対、日本は侵略戦争、慰安婦の強制あった、中共への謝罪必要、警察自衛隊は暴力装置、国産兵器反対、徴兵制推進、南京事件容認、選挙区鳥取の媚中

 以上石破はダメだ。より

 
 これ以上民主党政権で国益が失われる事を思えば、一刻も早い解散総選挙を望むばかりでありますが、この石破氏だけは論外。

 やはり個人的にも、日頃の言動を拝見していても、最もそれに相応しい方は安倍さんしかいないのですが、TV局の安倍さん叩きって尋常じゃないのです。

 毎朝見ていてそれを顕著に感じるのが「朝ズバ」のみのもんた

 尖閣諸島問題で、毎朝コメンテーターや政治評論家に「ある政治家が尖閣に人員配置させたらいい。なんて言ってるんですが、どー思います?」と、一昨日、一昨昨日と2日に渡りにやけ顔で聞き、町村氏の体調報道には、「病気の方が総裁戦は無理でしょう。安倍さんの例もあるし・・・」というような露骨な安倍叩きをしています。

 朝日だけではなく、TBSも安倍さんが総裁になると困る事でもあるのかしら・・・と思ったり。

 みのもんたは石原都知事にでも何か頼まれてるのかしら・・・と思ったりしてしまうのです。

 媚韓、媚中、日和見みのもんたの姿ここに極まれり。という感じで、尖閣問題も竹島問題も全てあちらの国主導の意見ばかりで、朝からとっても嫌な気分にさせられます。(でもねぇ、だからと言ってこの時間、フジも日テレも女子大のノリから抜け出てない脳天気な女子アナがゾロゾロ出てくるグルメやエンタメだらけの番組を見る気もしないし。政権がまともにならないと、低俗なTV番組しか見られないって事なんですね。)




尖閣出漁船に当局から125万円…船主が明かす

 これも前の記事と似たり寄ったりのニュースです。

 尖閣出漁船に当局から125万円…船主が明かす

 【石浦(中国浙江省)=関泰晴】沖縄県の尖閣諸島付近の海域に向け、多数の漁船が出航したとみられる浙江省石浦地区の漁港を20日、訪れた。
 港では、複数の船主が、地元の漁業規制当局から補助金の約束を得て船を送り出したと証言した。
 人口約15万人の石浦地区は大小1500隻余の漁船の基地だ。大部分の漁船が夏の休漁期間が終了した16日以降、沿岸や沖合の海域に出ており、漁港周辺は閑散としている。
 「釣魚島(尖閣諸島の中国名)に向かう漁船には、当局から10万元(約125万円)の補助金が出るぞ」
 波止場付近にある市場で、漁船5隻を持つ船主が明かした。同地区行政府の漁業監督部門が今月初旬、漁船100隻余に対し、尖閣海域に出航する許可を与え、石浦~尖閣付近の片道500キロを往復する燃料代に相当する現金10万元の支給を通知してきたというのだ。漁船乗組員の月給は3000元(約3万7500円)前後という同地区で、10万元は大金といえる。
 地元の漁業関係者によると、これまで同部門は「政府の意向もあり、面倒を起こすな」と尖閣付近の出漁を事実上、禁じてきた。ところが、日本の尖閣諸島国有化を受け、状況が一変したという。別の船主も補助金の通知があったことを確認した。
 実際の受け取りは今後になる模様だ。この船主は「我々が釣魚島に出航するのは中国国民としての義務だ」と話し、日本を揺さぶる「先兵」役を果たすことに意欲を見せた。


 前の記事で散々中国に対する思いは書かせて頂きましたので、それは省きますが・・・

 なんかこの記事を読んでたら、何て寂しい国なんだろ・・と思ってしまったりして。

 因果応報・・・。

 中国だけではなく、今の民主党にも言える事ですが、結果は後々出てくる事でしょう。



「千円もらって参加」 中国、組織的に動員か 背後に当局の影

千円もらって参加」 中国、組織的に動員か 背後に当局の影

中国各地で発生、日系企業を襲撃するなど一部暴徒化した反日デモでは、多くの参加者が統一スローガンの書かれた横断幕を掲げ、「中国共産党万歳」と叫ぶ場面もしばしば見られた。中国政府は「日本は中国人民の声を直視せよ」(外務省)と主張するが、デモの背後には当局の影が見え隠れする。

 「100元(約1200円)をもらってデモに集まった人もいる」。福建省のデモに参加したという男性が打ち明けた。中国シンクタンク研究者は「全国のデモを支援する出資者がいるのは間違いない」と述べ、大規模デモが組織的に行われている可能性を指摘する。
 産経ニュース


 
 だからあの群衆は嬉々として建物やら車やらぶっ壊し、強奪しちゃった訳ですか。(そりゃ政府公認の元、お小遣いまでもらっちゃってるんですものね。)
 
 全く中国という国は正常な人の感覚では到底理解しがたい国です。(と言うか、するのは無理でしょう。)
 
 人間として当然持って然るべき倫理観の欠片も無く、子供でも分かる「やっていい事と悪い事」の区別も付けられない低脳の人間が13億人もいる集合体が中国なんです。
 
 今回ほど、そういう国がこの世に存在する事を思い知った事は無かったですし、この記事には本当に驚かされました。

 後ろに手が回る行為でさえ「愛国無罪」の名の下に堂々と行える国も、それに疑問を感じる事が出来ない人間も狂ってるとしか思えません。

 デモのニュースやら、尖閣諸島に関する中国の見解やら、日本に対する対抗策やら、色々と毎日メディアを賑わせてくれてますが、こちらとしてみたら、もう温情の予知は無し。

 「もっとやれ」という気持ちで一杯です。

 精々非常識極まる言動を取ってもらって、世界から中国という国の本性を嫌と言う程知らせてあげて下さい。と今の中国に思う次第です。

 

町村氏、体調不良で入院

自民・町村氏、体調不良で入院 総裁選、陣営に撤退論も

自民党総裁選に立候補している町村信孝元官房長官(67)が18日夕、体調不良を訴えて東京都内の病院に入院した。町村氏の陣営の選挙責任者である細田博之元官房長官が19日午前に党本部で記者会見し、明らかにした。陣営からは総裁選からの撤退論も出ている。

 細田氏は会見で「昨日の夕刻、体調を崩して、念のため病院の検査を受けている。関西方面での遊説の帰路に非常に気分が悪くなった、と聞いている」と説明した。19日の総裁選関連の行事は欠席している。

 総裁選への立候補を取りやめる可能性について、細田氏は「検査結果などを踏まえ、医師に相談する」と語った。陣営の幹部は「総裁になっても、その後の職務を続けられるか。あとは本人の判断だ」と、撤退する可能性を示唆した。

 以上朝日新聞から

 
 個人的に私も町村さんのご体調に対しましては心配しておりました。

 実は、先日、14日NHKの自民党総裁選共同記者会見を拝見していました時に、町村さんは最初は良かったのですが、1時間25分過ぎ辺りの発言でろれつが回らなくなり、ご本人も話しにくそうにされていたのが気になっていたのです。

 その時母と「町村さん検査した方が良いかも。」と話していたのですが、それ以降悪天候の中の街頭演説なども追い打ちをかけてしまったのかもしれません。

 安倍さん支持の私ですが、国会での凛としたお姿を拝見するにつけ、町村さんの存在は自民党にとって大切な方とも感じておりましたので、今回のニュースを知って残念に思っております。

 一日も早いご回復を心よりお祈りしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。