AX 2013年12月 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

ウェークアップ!ぷらす。『特定秘密保護法案』について。一色正春さん出演。

 連日連夜、マスコミは特定秘密保護法案について歪曲した報道を繰り返しておりましてうんざりするばかりです。
 いつもは割合中立な立場で報道しているよみうりテレビの「ウェークアップ!ぷらす」も例外ではなく、11月30日の放送は辛坊治郎氏も全く反対の立ち位置である事が容易に分かる報道の仕方でした。
 この日、民主党政権下において、尖閣諸島の中国漁船衝突事件のビデオ映像を流出させ逮捕されてしまった一色正春さんが出演されましたが、辛坊氏(及びよみうりテレビ)の期待を裏切る発言をしたためか、質問も2個だけ。そして早々に終わらせてしまうという非常に理不尽な扱いをしていて苛立たしさを感じました。
 以下はその時の様子です。

131202_161920.jpg
 野党からは口から生まれたんじゃないかというほど良く喋る福山哲郎氏と中田宏氏。

 自民党からは元陸上自衛官ヒゲの隊長。佐藤正久氏。
131202_161522.jpg

 まずは特定秘密保護法案について。
131202_162238.jpg
 以上の4点が対象となるわけです。

 そして辛坊氏が一色氏に尋ねます。
 辛坊氏「一色さんのケースによると、あのビデオを公開した、あの海上保安庁のビデオは特定秘密なのかどうなのか、一色さんの感覚ではどうなんですか?」

131202_162304.jpg
 一色さん「秘密には当たらないと思いますけど。」

 辛坊氏「ただあれが秘密に指定された場合に、何が指定されているかが分からない訳で、」

 一色さん「ですから逆にですね、現行法で大丈夫って言いますけど、今の現状であれば勝手にやっている訳なんですね。勝手にこれこれ秘密って。恣意的な運用が許されるわけですから、逆にこの法案が出来る事によって秘密の指定の手続きですね。誰が、何の為に、いつ秘密にしたのかと言う事を公文書で記録してですね、後日検証できる仕組みを作ればああいう事も起こらないんじゃないかと思いますね。

 一色氏が「後日検証できる仕組みを作れば」(これは法案が通った後の修正協議を意味していると思います。)と言っているにもかかわらず、
 福山氏「法案にはその仕組みが担保できていません。」と待ってましたとばかりに軽薄な発言をします。

 この一色さんの発言により、これから始まる法案についてのネガティブ報道が進まないと思ったのか、辛坊氏は一色さん抜きで福山氏と中田氏に法案が通った際のネガティブな発言をドンドンさせます。

 そしてテーマの終わりにやっと一色さんに最後に質問。
 辛坊氏「一色さん、このコーナーだけのご出演なんですが、一言如何ですか?この法案について。」

131202_163429.jpg
 一色さん「いや、なんか今の話(福山、中田、辛坊氏達のネガティブな討論。)聞いててどうでもええなって。何か国のためを考えてやってるのかな?って言うのが率直な感想ですね。民主主義が壊れるって言いますけど、民主主義国家、秘密を守る法案っていうのはどこの国にもあるわけですから、今まで無いのがおかしいんですね。それを新たに作ると言う事であれば、その副作用として国民の知る権利が侵害される。これを如何に担保するかという議論じゃなくて、何だか良く分からない議論だけで国会が動いているという‥」

 ここで辛坊氏が一色さんの発言を遮り纏めに入ります。

 本日のひるおびでもこの法案に対する超ネガティブな報道で国民を脅すような番組作りをしておりましたが、これに抵触するのは一般人ではなく、公務員である事は国会で幾度となく言われています。
 国会前の抗議デモも石破氏がテロのようだと(後に撤回されましたが、)仰ってましたが、彼らは昼夜問わず拡声器で怒鳴り散らし、太鼓やトランペットまで持ち出し、沖縄の反基地デモに参加しているような運動家達が気狂いの如く騒ぎまくっておりましたが、これはテロならずして何なんでしょう。
 こんな事一般人はしませんよ
 暇な団塊の世代か、左翼の運動家達、何かの団体とか、しばき隊とか、結局一般人ではない人間達が好きで騒いでいるだけのように見受けられます。
 そして今日になって映画人が集まって法案に反対の意思表明をしました。
高畑勲・アニメーション映画監督、羽田澄子・記録映画作家、降旗康男・映画監督、大林宣彦、鎌仲ひとみ、神山征二郎、原田眞人、宮崎駿。山本晋也、出目昌伸、鈴木瑞穂、上田耕一、山本亘、小山内美江子、ジェームス三木、白鳥あかね、山田太一、野上照代(元・黒澤映画スタッフ、「母べえ」原作者)、吉永小百合、大竹しのぶ等々。
 以前、津川雅彦さんが劇団員、演劇界は左翼で出来ていると仰ってましたが、これらの人達が日本を駄目にしていく手助けをこれまでしてきた輩なんだなと感じます。

 山本亘などは連日ツイッターで
 「石破幹事長が馬鹿な発言。デモでの絶叫がテロ行為だって!拡大解釈の典型!だから特定秘密保護法は憲法違反の典型で廃案にすべき!」
 「安倍自民党、公明党、みんなの党、日本をダメにしそうな政党、よお〜く覚えて置けよ!!特に安倍晋三は許せん!日本国憲法を破壊する罪は大きい!!」
 「戦後歴代の首相でワーストワンは安倍晋三、ツウは岸信介!岸にとって安倍は孫、安倍にとって岸は祖父。日本を滅ぼす家系だな。共に基本的人権の認識ゼロ!」
 山本 亘のツイッターなんて息巻いてますけど(アホか売れない俳優。典型的団塊の世代。)、お兄様である山本學氏は「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人を務めていたりするのです。
 まあ、法案成立まで後2日。
 雑魚がどれほどほざいたところで通るものは通るのです。国を日本人を守る為の法案なのですから。
 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。