AX 18年ぶりの国会質問。石原慎太郎氏が語る憲法改正、靖国参拝 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18年ぶりの国会質問。石原慎太郎氏が語る憲法改正、靖国参拝

 

石原氏「浦島太郎のように18年ぶりに国会に戻って参りました。暴走老人の石原です。私はこの名称非常に気に入ってましてね、自ら愛称してるんですけどね、折角の名付け親の田中真紀子さんが落選されて、彼女の答えによると老婆の休日だそうであります。これまた上手いなと思って(場内爆笑)大変残念でありますけれども。これから致します質問はですね、質問でもありますしね、言ってみればこの年になった私のね、国民の皆様への遺言のつもりでもありますが。」



 石原氏「私がこの年になってね、この挙に出た一番強い所以は、実は昨年の10月頃ですか、靖国神社でお会いした90を越されたある戦争未亡人が作った詩なんです。この方は二十歳前後で結婚されて子供さんももうけられた。しかしご主人はすぐ戦死をされ、そのお子さんもおそらくお父さんの顔を見てないんでしょうね。その後、連れ合いの両親の面倒を見て、子供は結婚し、おそらく孫も出来、曾孫も出来たかもしれませんが、その方がですね、90越えて今の日本を見て、こういう歌を作られた。『かくまでも醜く国になりたれば、捧げし人のただに惜しまる』これ私ね、強い共感を持ってこの歌を聞いたんですが、国民の多くはね、残念ながら我欲に走ってる。去年ですか、一昨年ですか、東京に端を発して幾つか事例があったようですけど、東京の場合はね、40年前に亡くなったお父さんをですね、葬式もせずに隠してミイラにして、しかも数十年間その年金を搾取していた。このケースがアチコチ頻発してね、政府はどういうつもりか知りませんが、その数公表しませんでしたが、こういう我欲が氾濫している。しかも政治家はそれに媚びてポピュリズムに走っている。こういった国の有り様を外国が眺めて軽蔑し、もはや羨むそのようなことはなく、とにかく日本そのものが侮蔑の対象になっている。好きな事されて、好きな事言われてる。なかんずく北朝鮮には物証も含めて二百人近い人が拉致されて、中には殺されて、これも取り戻す事が出来ない。こういった国の実態眺めて、この戦争未亡人がですね、あの戦のために死んだ自分のご主人というものを自分の青春を想起しながら、とにかく『ただに惜しむ』と言う心情を通されたのは、私は宜なるかなという気がしてならないんですがね。」


 石原氏「総理が総裁選に出る前ですね、ある人の仲立ちで一晩会食致しましたな。その時私は色んな事あなたにお聞きして確かめをした。非常に心強い想いをして期待しておりました。で、まずですね、この国の今日の混乱、或いは頽廃に導いた一つの大きな大きな原因である現行の憲法についてお聞きしたいと思いますけど。人間の社会に存在するですね、色々な規範ていうものは結局は人工的なものはあるでしょうけど、人間の歴史っていうものを原理というものを規制してそれに則ってると思いますね。で、この戦争の勝利者がね、敗戦国を統治するために強引に作った促成の基本法ってものが、国破れ、統治された国が独立した後ですね、数十年に渡って存続しているって事例は私は歴史の中で見た事がない。で、もし、因みに日本という独立国の主権者たる、つまり最高指導者の総理大臣がこの歴史の原理に則って、嘗て勝者が作って一方的に押しつけた憲法というものを認めないと、これは廃棄すると言う事を宣言したときに、これを阻む法律的見解って果たしてあるんでしょうかね。そう言うものを含めてね、あなたが今日本の憲法を見て如何にお考えかお聞きしたい。」


 安倍総理「確かに今石原先生が仰った様に、現行憲法は昭和二十一年に日本がまだ占領時代にある中において、マッカーサー思案が作られ、そしてマッカーサー思案が毎日新聞によってスクープをされるわけでありますが、このスクープを見たマッカーサーが怒り狂い、これは日本に任せとくわけにはいかないという事で、ホイットニーに命じて、ホイットニーが二月の四日に民政局の次長であるケーディスに命じて、二月の四日だったんですが、二月の十二日までに作れと言って、ほぼ八日間、一週間ちょっとで作り上げた、それが現憲法の原案であったわけでございますが、それが現在の現行憲法の基であると、このように認識をしております。」

 石原氏「ですからね、その憲法をね、もし今の日本の最高指導者であるあなたがですね、これは廃棄すると、仮に言われた時にですね、これを法的に阻害する根拠っていうのは実際にないんですよ。何処にもね。それに加えてですね、最近北朝鮮はですね、いよいよ核の開発に着手して、地震も起こして、それは検証されましたが。嘗て自民党の政調会長でしたか、私の盟友だった中川一郎の息子さんだった中川昭一君が、日本もそろそろ核のシミュレーションぐらいしたらいいんじゃないかと言ったらですね、慌ててあの時の米国の政権の国務長官ですか。ライスが飛んで来てね、これリーブ(ここの部分が聞き取れず曖昧になりました)したという実際事実がありました。しかしね、こういった非常に厄介な状況っていうのが日本の周りでドンドン進展している中で、私達は憲法の破棄なり改正っていうものを含めてですね、この国をもっと自分自身で守る、守りきるという基本的な法的な体制ってのは作る必要があるんじゃないかと思うの。日本人は何故か非常に好きなんですが、トインビーの『歴史の研究』という本の中に有名な文句がありますけれども、いかなる大国も衰亡し、滅亡もする。しかし国が衰弱する要因は幾つもあってですね、これは自覚できる、そしてその対処も出来る。ただ一番厄介な大国の衰亡、或いは滅亡に繋がる要因は何かというと、自分で自分の事を決められなかった国はね、これ速やかに滅びると言って、国の防衛を傭兵に任せたローマ帝国の滅亡を上げてますけど、私はこれを総理始め国会議員、国民の皆さんに思い直してもらいたいの。ちょっと耳の痛い話になるかもしれませんがね、今でも神格化されてる嘗ての名総理だった吉田茂総理。この側近中の側近であった白州次郎さんから面白い話を聞きました。私は割と年早く世間に出たものですから、当時は文壇ってのがありましてね、その文壇の催し物、ゴルフの会の後で小林秀雄さんと非常に仲良かったもので、白州次郎の奥さんの正子さんの縁でね、白州さん出て来られて、一緒にプレーをしながら色んな話をしましたが、白州さんがね、吉田先生は立派だったと、しかし一つ大きな間違いをしたと、それはサンフランシスコ条約が締結されたときに何であの憲法を廃棄しなかったのか。こう言ってましたな。私ね、それを今になって思い起こすんですよ。麻生さんも副総理として大事なポジションにいらっしゃるけど、これ一緒にね、あなた安倍さんと一緒にこの問題について考えてもらいたい。因みにね、面白い話しますとね、私の非常に親しい友人だった村松剛という文学者がいました。これは亡き三島由紀夫さんと共通の親友でしたけれど、彼がトロントのカナダの大学に交換教授に行って帰ってくる途中にNYに寄って、NYタイムズがね、日本とドイツが降伏したその日のエディトールアル、社説をですね、コピーして持って来てくれた。読みました。非常に対照的で面白かったのはね、ドイツについてはね、日本より数ヶ月前に降伏したドイツについては、この国の民族は非常に優秀だけど、ナチによって道を間違った。我々は彼らが速やかに立派な国を作る為、あらゆる手立てを持って協力しよう。って書いてあるの。日本の場合にはね、ちょっと違うの。もの凄く大きなナマズの化け物みたいな怪物がひっくり返っていて、その大きなあんぐり開いた口の中にヘルメットを被ったGI、米国兵が何人か入ってですね、やっとこで牙を抜いてる。そして論説にね、この化け物は倒れはした。この醜く危険な化け物は倒れはしたが、まだ生きてる。我々は世界のために、アメリカ自身のために徹底してこの化け物を解体しなくてはいけないという事でね、とにかくあの憲法ってのは出来上がったんですな。私達これやっぱり明記する必要があると思うの。この二つの論説の違いの根底にあるのは、はっきり申しますけど、近世ってのを支配してきた白人のですね、エゴイズムといいましょうか、人種差別よる非常に大きな偏見だと思いますね。」



 石原氏「日本人がわりと好きなトインビーはね、日本の近代化は世界の歴史の中の奇跡だ。馬鹿な事を言った。日本人、これ喜んだの。しかしね、これは何を持ってするかというと、トインビーの日本の近世ってものに対する不認識というか無知に外ならない。江戸と言うね、成熟した期間があったからこそ、日本の近代化は唯一有色人種で出来たんでありましてね、江戸の時代に何が起こったってね、私が苦手だった高等数学の一つである微分・積分っていうのは関孝和っていう人が江戸で発明したの。私は文献を読みましたがね、算用数字じゃない。漢字で書いてある。非常に読みにくいんですが、それから50年遅れてドイツのライプニッツがね、微分、積分考えたの。更にニュートンがそれより30年遅れて、つまり関より80年も遅れて微分・積分考えた。経済で言うとね、中小経済、先物買いとかデリバティブとか為替なんてものを考えたのはイギリス人とか、とんでもない。遙かに先に江戸の堂島の商人がですね、こういう中小経済ってのを始めたの。そういったね、何て言うでしょうかね、日本の近世の成熟ってものをトインビーも知らなかった。外国人も知らずにですね、有色人種の日本人がですね、列強に対比できる近代国家を作ったとは、白人のおごりからすれば忌々しくて許せない事なんでしょうな。そういう認識に立ってNYタイムズの論説ってのは日本とドイツの降伏を比較してるわけですよ。これはね、私から言わせると笑止千万だよ。僭越至極な話でありますけど。そういう流れの中でね、日本の憲法が出来た。この憲法をね、議員の諸君も精読した人いるんでしょうかな。憲法、憲法って言うけど。あの前文の醜さ、何ですかあれ一体。たとえば、『ここにこの憲法を確定する。』日本語で言えば普通ね、法律を決めるっていうのは制定ですよ。それからね、全世界の国民が等しく恐怖と欠乏から免れ、恐怖と欠乏から免れ、ちょっとおかしな日本語だね。これはね、助詞の常套から言えばですね、これは恐怖と欠乏を免れなんです。日本語の助詞、間投詞ってのは非常に大事でしてね、これ一つ間違うと全然作品の印象も文章の印象も違って来るんですけど、これを全く無視した日本語の体を成してない、まあ英文和訳とすれば七十点も行かないようなこういう文章で綴られた憲法が、実は未だにとにかく破棄も廃棄もされずに、まあ非常にね、これが醸し出した、吉本隆明の言葉じゃないけど、絶対平和っていう一種の共同幻想ってので日本を駄目にしたんだ。どうか一つね、総理にはそれを考えてね、この憲法で出来るだけ早期に大幅に変えてね、日本人のものにして頂きたい。その点私は上げてのいかなる協力もします。で、一つ伺いますけど、第一条のですね、『天皇は日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴である。』と書いてありますが、この象徴の具体的意味っていうのはどういう事なんでしょうか。どう解釈されますか?」


 安倍総理「象徴というのは、いわば日本国において権力を持つ存在ではなくて、まさに日本の長き歴史と伝統と、そして文化と日本国民を象徴する存在であるという風に私は理解しております。」

 石原氏「大まかまさに正しいと思いますね。これはね、決して政治的な権力、権威ってものの象徴じゃないの。でね、もっと具体的に言いますとね、天皇はね、現今の世界の中で唯一のプリーストキングですね。プリーストキングって意味はですね、神道というね、これ果たして宗教かどうか分かりませんが、神道の大師祭なんだ。でね、この神道はね、私は決して普通の宗教とは違うと思いますよ。これはね、言ってみるとカントが言ったね、理性を越えた人間の非常に崇高な属性。感性というか、情念って言いましょうかね、そう言ったもののね、とにかく結晶でありまして、神道っていうのはね、ですから熱心なカトリック教徒の曾野綾子さんが伊勢神宮に行ってですね、まざまざこれが日本だと言う事を自覚したとエッセイに書いてらっしゃる。私も付き合って何日か同行したことありますけれど、日本にやってきたアンドレ・マルローがね、あの三重県の那智の神宮に行った時に、あの鳥居を潜ってから、ちょっと待ってくれと、バックするんですな。成ろうこの宮の神体はあの滝だなと言ってね、鳥居の中に滝を納めてね、感心する。つまり人間の国境を越えた感性ってものが、要するに神道って事で結集してるわけでね、私はね、その神道の大師祭である天皇はそう言う意味での、つまり日本の感性。それがもたらした文化ってものの象徴であってね、決して政治の象徴じゃないんです。と思いますね。で、それに付随したことでありますけれども、総理は今年靖国神社に参拝されますか?されませんか?私はしてもしなくても良いと思ってるんだけど。」


 安倍総理「靖国参拝について、私は悪戯に外交的、政治的問題にしようとは思っておりません。ですから私が靖国神社に参拝するしないという事については申し上げないという事にしております。一方、国のリーダーがその国のために命をかけた英霊に対して尊崇の念を表する。これは当然の事であろうと、そのようにも思っております。」


 石原氏「なかなか聞いてて、良く分からないような分かるような難しいお答えですけど、私ね、行かなくて良いと思いますよ。これね、あなたが行くと結局政治問題になる。ならばその代わりにね、国民を代表してあなたがね、一つの事をお願いしてもらいたい。それはね、是非国民を代表した総理大臣として、今年は天皇陛下に靖国神社に参拝して頂きたい。これはね、決して政治的行為じゃありませんよ。宗教的な問題でもないの。さっき言ったみたいにね、神道という人間の情念の結晶のね、そのつまり代表者である象徴である天皇陛下がね、戦争で亡くなった人を悼んでね、お参りされるって事はこれはさして当然の事で、これに意義を育てる国は無いと思うし、天皇がそう言う行動を取られることでね、あの戦争を肯定することにも否定することにもならないの。あの戦争に対する評価について言えばですね、日本人は未だに一方的にニュルンベルクと同じように戦勝国が敗者を裁いただけの、東京裁判の史観に捕らわれてるようですけどね、しかしその後マッカーサーがアメリカの議会で、今から考えみたら『あの戦争は日本にとって自衛の戦争だった』って証言してるじゃないですか。私がね、若い頃ね、高碕達之助さんの紹介で会う事が出来たエジプトの二代目の大統領でナセルもね、それからその後しばらくして会ったインドネシアのスカルノ大統領もね、同じ事言いましたな。『我々が独立を果たせたのは世界第三次大戦に勝ったお陰だ』第三次大戦って何ですか?って聞いたら、独立戦争だって。それが出来たのは日本のお陰だ。私はその言葉は今でも重く受け止めてますしね、あれによって世界が変わり国連に有色人種がそれで独立して一票を投じるような資格を得たんじゃないですか。ですからね、靖国参拝が政治的に解釈されてあの戦争っていうもののね、価値観っていうものに引っかかっていくんならね、これはとにかく止めたらいい。。その代わりですね、神道の祭祀である天皇陛下に国民を代表して是非是非とにかく靖国を参拝して頂きたいって事をね、あなたから陛下に奏上してお願いして頂きたい。如何でしょうか。」

 安倍総理「陛下のご親拝ついて私が云々する立場ではございません。しかし今石原議員が仰った様にですね、本来、国のために命を捧げた人たちに対する敬意の表し方は、本来政治的なものではないわけであって、そしてジョージタウン大学のケビン・ドーク学部長、彼はカソリックでありますが、彼が論文に書いておりましたが、アメリカにおいて南軍も、そして北軍の兵士も共に埋葬されている。そこにもし大統領が参拝をしたからといって、決してそれは南軍のたとえば奴隷制度を維持するという考え方を賛成するものではなく、ただただ国のために命をかけた人々に対する敬意の表明でしかない。そのように論文を書いていましたが、私もその通りだろうなと、このように思っております。」



 以上で、石原慎太郎氏、憲法改正及び靖国参拝に対する質問でした。
 今回の石原氏の質問時間は約140分弱ありまして、9割方石原氏が色々な案件に対してご自身の考えや思いを述べる時間に費やされておりましたが、これがとにかく面白いし勉強になりますし、文筆家は話の持って行き方、表現が上手いなぁと感心しきりでした。

 というわけで、この先、中国との尖閣問題、自衛隊&基地問題などなど、書き起こす気分的な余裕と時間があれば、出来るだけ文章に残したいと思った次第です。

 石原氏の質問は、国民であれば即答出来るものであっても、総理の立場では難しいこともあり、安倍総理も大変でしたでしょうが、真摯な態度で頑張って答えていらっしゃいました。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。