AX 安倍総理とオバマ大統領の共同声明全文と中日新聞の偏向報道 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理とオバマ大統領の共同声明全文と中日新聞の偏向報道

今朝の中日新聞に掲載された日米共同声明全文です。

 両政府は、日本がTPP交渉に参加する場合には①全ての物品が交渉の対象とされること、および、日本が他の交渉参加国とともに、2011年11月12日にTPP首脳によって表明された「TPPの輪郭(アウトライン)において示された包括的で高い水準の協定を達成していくことになることを確認する。
The two Governments confirm that should Japan Participate in the TPP negotiations,①all goods would be subject to negotiation, and Japan would join others on achieving a comprehensive, high-standart agreement, as described in the Outlines of the TPP Agreement announced by TPP Leaders on November 12,2011.

 日本には②一定の農産品、米国には一定の工業製品というように、利用国ともに二国間貿易上の③センシティビティが存在することを認識しつつ、両政府は、最終的な結果は交渉の中で決まっていくものであることから、TPP交渉参加に際し、⑤一方的に全ての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではない事を確認する。
Recognizing that both countries have bilateral trade ③sensitivities, such as②certain agricultural products for Japan and certain manufactured products for the United States, the two Governments confirm that, as the final outcome will be determined during the negotiations,④it is not required to make a prior commitment to ⑤unilaterally eliminate all tariffs upon joining the TPP negotiations.

 両政府は、TPP参加への日本のあり得べき感心についての二国間協議を継続する。これらの協議は進展を見せているが、⑥自動車部門や保険部門に関する残された懸案事項に対処し、その他の非関税措置に対処し、およびTPPの高い水準を満たすことについて作業を完了することを含め、なされるべきさらなる作業が残されている。
The two Governments will continue their bilateral consultations with respect to Japan's possible interest in joining the TPP. While progress has been made in these consultations, more work remains to be done, including addressing outstanding concerns with respect to ⑥the automotive and insurance sectors, addressing other non-tariff measures,and completing work regarding meeting the high TPP standards.

 以上が日米共同声明全文として新聞に掲載されていたものです。

 そして今朝の中日新聞の見出しですが、


 「徐々に正体を見せ始めている」というような、安倍総理に対し最初から悪意のある書き出しでした。

 そして昨日の安倍総理の施政方針演説に対して昨日の玄葉氏、柿沢氏の国会での質問を元に分析しているようでは手抜きもいいとこと感じます。なんせ玄葉氏は「一方的に全ての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではない。これは当たり前の事ですよね。」という質問に安倍総理は「今玄葉さんは当たり前の事とか仰ったけど、それだったら民主政権時代に文書にすれば良かったじゃないですか。政治は結果なんですよ。出してない結果に対して、後で出した人に対して、そんなのは俺達だって出来たと言ったってですね、これはなかなか世の中には通らないのではないかと(笑)」と窘められ、柿沢氏にしても、相手を問い詰める以前に、英語の発音のあまりの酷さと(時間が無いのにわざわざ音読したのは渡辺氏の悪戯?)、訥々とした質問の仕方の方ばかりに気を取られ内容がサッパリ入って来ないような有り様。
 玄葉氏、柿沢氏共々、彼らの党がTPPに賛成している事もあり、安倍総理に対しては民主政権時代のTPP参加に対する自民党の姿勢を攻める事に焦点が絞られていただけのような気がしました。
 私自身は、先日参院での予算委員会でされた西田正司さんのお話に同感でして、折角アベノミクスで持ち直し始めた経済が、狡猾なアメリカの餌食になるような事がないようにとTPPには懐疑的な気持ちを持っています。
 3年3ヶ月に渡る民主政権のわざとしか思えない仕事の遅滞振りに、日に日に日本は疲弊していた所に、安倍総理が登場し、たった2ヶ月の間にここまで成し遂げた安倍さんの成果は見事としか言いようがありません。それをアメリカに滅茶苦茶にされるかもしれないという不安を感じるんです。
 ただ、安倍総理、岸田外務大臣の訪米で明らかにはされていない話し合いもあったのかもしれませんし、何より日本を建て直す事を第一に考えて頑張っていらっしゃる安倍総理ですから、お決めになったからには影ながら応援させて頂きたく思っています。

 そしてその気持ちに追い打ちをかけたのがこの中日新聞。


クリックで大きくなります

 
 正体を見せ始めているに始まって、この終わり方では、新聞とTVからでしか情報を得られない人達には、安倍総理という人はどんな人間なんだろうと疑心暗鬼に陥らせる事必至です。
 (クレームは入れましたが、カエルの面に何とかという感じで‥。)
 明日は明日でまた朴槿惠のニュースでワイドショーが持ちきりになるのでしょうが、とにかく日本のメディアはおかしいを通り越して気が変になっているとしか思えない状況。

 気長にこちらも攻めていくしかないのですが、とにかく安倍政権も焦らず、気長に長期政権で頑張って頂きたいと願うばかりです。
 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。