AX 【川口順子議員の環境委員長解任に関する声明】 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【川口順子議員の環境委員長解任に関する声明】

【川口順子議員の環境委員長解任に関する声明】

本日の本会議で「環境委員長川口順子君解任決議案」が可決され、川口議員が環境委員長を解任されたことは遺憾の極みである。
これは国益を無視して政争を仕掛ける野党の暴挙にほかならない。
国会の要職である常任委員長が採決で解任されたことは衆参両院を通じて憲政史上初めてであり、とりわけ「良識の府」たるべき参議院に汚点を残した。
野党は自ら犯した行為の重大性に気付き、深く恥ずべきである。


 川口議員は環境大臣、外務大臣を歴任し、豊富な国際経験と深い見識を有しており、中国の外交担当国務委員である楊氏とも人脈を持っている。
 尖閣諸島に対する中国の挑発的行動によって日中関係が緊迫する今こそ、粘り強く冷静な対話の継続が不可欠であり、かつ会談では中国側から領土を含む日中関係を提起されることが明らかな状況にあった。
 ここで川口議員が「主権と領土を守る国益に背中を向けられなかった」と考え、日本の立場を主張しようと判断したことは至極当然であり、我が党はこれを了とした。

 我が党は川口議員の滞在期間1日延長の必要性が判明した時点で、野党各党に対して丁寧に事情を説明し、了承を得られるように努めた。
 また、予定された環境委員会は法案趣旨説明のみの短時間のものであり、我が党は委員長代理で開会することも提案し、国会運営に影響を及ぼさないよう力を尽くした。
 更に川口議員は帰国後、環境委員会理事懇談会において1日延長の経緯を説明し、陳謝したにもかかわらず、即日、解任決議案を突きつけた野党の姿勢は問答無用の蛮行と断ぜざるを得ない。

 こに参議院自由民主党は、国益を守るという固い信念に基づいて行動した川口議員を支持するとともに、万事を政局に持ち込もうとして広い視野から国益を考えるという重要な観点を見失った野党の国会対応を強く非難するものである。

 
 尚、川口順子議員の解任決議を受けてのメッセージはこちらに
 環境委員長解任を受けて 参議院議員 川口順子

 こちらは昨日、自民党のfacebookにて発表された川口順子議員の声明です。
 
 TVでは川口順子議員が何故訪中期間を延長したかの説明を詳細に報道せずに、野党が解任決議案を提出した事だけ誇大に連日流しております。
 今回、この川口議員の声明を拝見し、マスコミが本来の真実を報道するという役割を全く放り出している事を痛感した次第でした。
 
 民主政権下で滅茶苦茶になった中国との関係。
 そしてその他、民主党政権下の負の遺産を今の自民党は必死に修正している最中で、今回の川口議員の訪中も元はと言えば民主党の無能ぶりが引き起こした対中悪化を納める為の大切な仕事であったのです。

 自民党は延長せざるを得ない事情を事前に野党に説明したにも関わらず、何と川口議員が、たった5分で済むような環境委員会の法案趣旨説明とは比較のしようがない程の大役を担っていた事実を全く無視し、能無しの野党共は今回の委員長解任劇を仕組みました。

 この虫けらのような野党の面々は、次の参院選にてこのツケはキッチリ払わされること必死でしょう。

 無能なくせに減らず口は一人前の民主党、共産、社民、みどり、生活の党は反日党なのでやりかねないとは思いましたが、

 細野某は息を吐くように堂々と嘘をつく典型のペテン師野郎です。民主党政権では2011年3月1日審議拒否をしているんですけど。(まあ、馬鹿はツイッターで散々叩かれればいいのですが、)

 決議において、今回、日本維新の会(何と片山虎之助議員が川口議員を批判するとは開いた口がふさがらない状態でした)そしてみんなの党。この2党の正体もこの件で露呈された事になります。
 全く許せない暴挙としか言いようがありません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。