AX 在日に乗っ取られたTBS - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日に乗っ取られたTBS


”ウチの局がこんなになってしまった経緯”
 
 TBS(=チョン支配の朝鮮放送)窓際放送局社員の独り言から引用


(1)1960年代~テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題 (例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、 朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。
 抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。
 総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
 在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に 「お願い」をしてさらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。


(2)1970年代~政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が社内で在日を積極登用。
 「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」などと理想論を述べたのは良かったが、結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い 日本人幹部だで、課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。

 異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。


(3)1980年代~90年代昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、 決定的なポストを占める。某サヨク週刊誌の在日編集長(筑紫哲也)をキャスターに迎えたニュース23の番組が学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。
 1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を「消費税反対キャンペーン」で徹底的に援護。宇野総理のスキャンダルを連日報道し社会党党首を徹底して 「おたかさん」と呼ぶなど、あからさまな社会党支持。 社会党が地すべり的な勝利。

 「山が動いた」と感動の報道。


(4)1990年代~2000年代偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、 報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。ウチと同様に「左翼的」と呼ばれる朝日新聞、系列のテレビ朝日が、 どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が多く、その手法が良くも悪くも緻密で計算高い のに対して、ウチの場合、この時期に発生した数多くのトラブルは、ほとんどすべてが 朝鮮半島絡み。
 不祥事の内容も、テロを実行した朝鮮カルトの手伝いをしたオウム事件を筆頭に、 粗雑で行き当たりばったり。バブル崩壊以降の景気低迷で、ただでさえ厳しい広告収入 が、 「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存。

 まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が 運営しているのがウチの放送局。2005年以降は、もっと露骨なカタチで在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が 為されると思う。



 これを読んで、「だからTBSは韓国ドラマや韓国寄りの番組作りに励んでいるのか・・・」とその姿勢を知った。

 日本には色々な国の人間が住んでいる。

 だけど、在日韓国、在日朝鮮人は在日中国人より忌み嫌われている。

 これにはそれ相当の理由があるわけである。

 ネットをするようになり、それまで肌に感じた事のない彼らの日本に対する悪意に満ちたブログや書き込みを見るにつけ、嫌われる所以を篤と感じた。

 他国に住み着きながら、その国の悪口を言いまくる。(こちらにしてみたらそんな事言われる筋合いはないし、そこまで嫌なら母国に帰ればいい。帰れないなら郷に入れば郷に従えの諺通り日本人の邪魔をするな。)

 とにかくこの民族は他にも挙げたら切りがない程、嫌われる要素満載である。

 そんな輩が侵食し始めたTV局だから、まともな番組を作れる訳がない。

 NHKも解約してる人が続出してるらしいが、民放も出てるメンツは似たり寄ったりのバラエティばかりで観る価値が何処にも見当たらない。

 そんな訳で、最近は朝のニュースと夜のDVDだけしかうちのTVは働いてないような状態。

 まあ、これから連休までの間は地震警報も気になる所ではあるが、あれも10秒しか猶予を与えられてないので、心臓を無駄に疲れさせるだけだし、警報なんて知らなくてもいいかな・・と。







 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。