AX 委員会。共産党出演。「歴史の改竄と歴史への逆行を許さない。」 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

委員会。共産党出演。「歴史の改竄と歴史への逆行を許さない。」

 少し前になりますが、『そこまで言って委員会』にて初めて共産党員が出演しました。
 この番組に出たがために共産党のイメージは更に下落する事になったのでは‥と思うほど、共産党の方達は民主党同様頭の中がお花畑であり、反日&自虐史観の塊であり、アジアには日本と中国と韓国だけしかないと思っている人間の集まりである事を知ったような次第です。
  本日はその中で、特にその特徴が出ていたテーマについての書き起こしです。

131028_181019.jpg
そこまで言って委員会『共産党大会』
131028_181054.jpg

131028_181114.jpg

 志位氏「侵略戦争、植民地支配を肯定、美化する歴史の改竄と歴史への逆行を許さない。」
 安倍政権が発足して以来、過去の侵略戦争と植民地支配を正当化し美化する歴史逆行の勢力が、その本性をむき出しにし、大きな国際問題になっています。

131028_181213.jpg

 麻生副総理や4人の閣僚が靖国神社に参拝し、安倍総理が真榊を奉納しましたが、
131028_181245.jpg
靖国神社は日本軍国主義による侵略戦争を自存自衛の正義の戦い、アジア開放の戦いと美化し、宣伝することを存在意義とする特殊な施設です。

131028_181332.jpg

 日本維新の会、橋下共同代表の慰安婦は必要だったという発言に内外から大きな批判が起きましたが、女性を戦争の道具と見なす暴言は、女性への冒涜であると共に人間への冒涜です。
131028_181417.jpg

 日本がアジアと世界から信頼され、国際社会で名誉ある地位を占める国になるためには、過去の侵略戦争と植民地支配の誤りをキッパリと認め
131028_181525.jpg

 その負の遺産を精算する立場に立つ事が不可欠です。
131028_181539.jpg

 慰安婦問題では日本政府として公式に謝罪し、個人補償を行う事。
131028_181607.jpg

 政府は解決済みなどとせずに韓国政府との協議に早急且つ誠実に対応することが必要です。

131028_181705.jpg
 日本共産党は責任ある政治家が侵略戦争を美化するような言動を取らないように求め、また教育の場に戦争の美化を持ち込む政府や自民党の教科書検定への介入を止めさせる為に、良識ある国民の皆さんと共に力を尽くします。
131028_181729.jpg

 では日本共産党の皆さんに質問です。
131028_181752.jpg
 『過去の戦争の何が美化され、歴史の何が改竄されていると思いますか?』
131028_181823.jpg

131028_181837.jpg

 金さん「私ね、植民地支配と言われる台湾の出身です。歴史って言うのは光と影があるんだって言う事。どうもねAll or Nothingのそう言うメンタリティーって言うのがあるけれど、それは直していかないとね。人間が見えてこないと思う。共産党の皆さんはとても真面目なところがあるし、共産党員って真面目な方一杯いるけどね、何故か人間の本質が見えていないって気がしてしょうがないんです。」
131028_181910.jpg
 「つまりね、植民地支配って一言で言うとね、植民地支配即悪なんですよ。だけども植民地の支配の中にもね、光と影があるんです。日本が台湾を支配した50年。1895年から1945年までの50年間。日本は台湾のインフラを作って、沢山いいこともしたの。だからプラスマイナスしたらね、プラスが残ったから台湾はこんなに親日なんですよ。東日本大震災。日本が大災害の時に台湾から寄せられた義捐金ていうのは、一説ね、250億円て言われてるの。この事実を皆さんどう解釈するんですか?もし本当にね、植民地って言うのが全部真っ黒けで悪ばっかりだったら、台湾がこんなに日本を愛しね、日本が震災を起こして大変な時に皆がそれこそ老若男女、子供までが自分のお小遣いを出して義捐金を出すという、こういう事に繋がりますか?違うでしょう?それはやっぱりあの50年の間には光も影もあり、足したら結果的に光が残ったから。台湾の人はね、昔から台湾にいる人はね、皆日本が好きなんですよ。だから今回のあの250億円っていう莫大な義捐金に繋がったっていう事実。皆さんどういう風に思います?」


131028_182118.jpg
 小池氏「滔々と仰るけれども、じゃあ今あなたが仰ったような事を台湾で言えますか?朝鮮半島で言えますか?中国で言えますか?」

131028_182546.jpg
 金さん「言えます。私言ってます。小池さん、あんた間違いよ?私は言ってるんです。何処に行っても言ってるんです。台湾でも言ってるし、ここでも言ってるし、外国行っても言ってます。」

131028_182606.jpg
 小池氏「まあそれは変わった意見だと受け止められてるんじゃないですか?(会場からどよめきが)私は金さんが仰ったようにね。植民地支配されるような事を良しとする国民はいないと思いますよ。」

131028_182630.jpg
 金さん「ちょっと待って下さい。小池さん。元総統の李登輝さんが同じ事を言ってます。」

131028_182649.jpg
 小池氏「李登輝はだって・・・」

 金さん「台湾のトップであった李登輝さんが同じ事を言ってます。」

 小池氏「李登輝さんは言うでしょう。だって散々日本に支えられてきたんだから。(良くこんな酷い事が言えますね。左翼に対し都合の悪い親日国に対しては冷たい態度を取る共産党員。人として最低です。)

131028_182702.jpg
 山中氏「金さんがそう仰って下さる事と日本の政府が繰り返し繰り返し、そういう発言を乗した形で良い事もしたんだ、良い事もしたんだって事をドンドン強調していくって事は意味が全然違うと思うんですよ。」

 加藤さん「事実だからしょうがないでしょう。事実を無視するの?」

 山中氏「それで光が全然無かったとは私達も思いません。だけど光があったんだから何があったっていいじゃないかって言うことには、そんな事をね、日本国民や日本の政府が言ってしまえば、本当に世界の中で日本はやっていけない国になってしまうと思います。(自虐史観にどっぷり浸かっている人の言葉は常軌を逸しています。)

 小池氏「足したらプラスになったというのが本当に全体で広がっているのであればね、じゃあなんで中国、あるいは朝鮮半島からあれだけ日本の侵略戦争、植民地支配に対する‥」

 金さん「今私、台湾の話をしております。」

 小池氏「いや台湾はそうかもしれないけど、じゃあ全体で見て、どうしてこれだけ日本に対する・・・」

131028_182737.jpg
 津川氏「たかが中国と韓国だけじゃない。他のアジアは何も言って無いじゃない。」

 小池氏「そりゃ植民地支配をすれば、その事によってプラスになる人も中にはいるかもしれないけど、」

 金さん「中国は植民地支配はしておりません。それからね、韓国はね、合併って事で植民地支配って事でもないんです。実は。完全な植民地支配は台湾だけだから。」

 小池氏「いやいや、朝鮮半島を併合したんですよ?」

131028_182829.jpg
 竹田さん「併合してくれって言ったのは向こうでしょ?歴史的事実です。頼まれたんです。日本で両方合った。伊藤博文は併合に反対だったんだから。じゃあさっきの台湾のことどう考えてるんですか?」

131028_182900.jpg
 植木氏「台湾も同じです。」

 竹田さん「どう同じなんですか?」

 植木氏「同じですよ。植民地支配するって事はそこの人達の意思に関係無く色んな資源を略奪したりとかする事なんですよ。」

131028_183009.jpg
 竹田さん「じゃあなんで台湾から感謝されるんです?酷い事してるのに。」

 植木氏「そりゃそうでしょう。台湾の人達も日本の国民の人達もやっぱりお互いは隣国にいるわけですから、仲良くしよう。色んな気持ちが出て来るのは当然じゃないですか。その事と植民地支配は全く別物です。」

 竹田さん「良いことしたから感謝されてるんでしょう?良い事したからでしょう?」

131028_183044.jpg
 穀田氏「竹田さん、韓国もね、朝鮮の方々も、」

 竹田さん「韓国は当たり屋じゃないですか。最近の韓国の議論見てたら分かるでしょう。仏像は返さないわ、徴用工の判決は滅茶苦茶だわ。当たり屋でしょうが。」

 穀田氏「仏像は返すって言ったじゃないですか。」

 竹田さん「いや、裁判所は返さなくていいって言ったじゃないですか。なんで台湾から感謝されるんですか?」

 加藤さん「返すって大臣が言ったら問題になって中止になったじゃないの。ちゃんと追っかけてる?ニュースを」

 竹田さん「なんで台湾から感謝されるんですか?良いことしたからでしょ?そこは認めなさいよ。」

 穀田氏「たとえばね、あの戦争で被害を受けた国‥」

 津川さん「まず認める。」

 穀田氏「何を?」

131028_183121.jpg
 津川さん「まずね、アベノミクスをたとえば認めるとか、台湾に対しては認めるとか、そこから議論が始まるんで、All or Nothingじゃ始まらない。」

 竹田さん「台湾から感謝されたのは良い事したからですよね?」

131028_183203.jpg
 小池氏「台湾の人達がその事実経過をどう見てるかという問題と、日本が植民地支配をした事実があるかどうかって別問題でしょ?日本に対するじゃあ自衛戦争だったんですか?」

131028_183227.jpg
 長谷川氏「さっきのVTRにあった1965年の日韓基本条約。これで政府5億ドル。民間含めて3億ドル。合計8億ドル。これで一応話は付いたんですよ。あの時の条約は日本共産党は反対なんですか?」

 共産党員「反対ですよ?」

 長谷川氏「反対なの?」

 小池氏「反対。しかも日韓条約でそう決めたとしてもね、その後新たに問題が起こってきているわけですよ。従軍慰安婦の問題、日本軍慰安婦の問題。」

 加藤さん「捏造じゃない。」

131028_183257.jpg
 小池氏「それは90年代になって明らかになってきた事実なんだから、日韓基本条約以降の問題で新たに出てきた問題は改めて条約によって解決すると。」(90年代、朝日新聞により捏造された従軍慰安婦問題というでっち上げを事実と言い、日本は補償しろと言う小池氏。)

131028_183340.jpg
 ざこば師匠「その前にケリが付いてるでしょう。」

 穀田氏「事実を見なあきませんよ。日韓条約を結んだ際にどういう条項になってるんですか?新しい事実が生まれたら両国で協議をするってわざわざ書き込んでるんです。」

 竹田氏「新しい問題じゃないでしょう。」

 穀田氏「新しい問題だよ?65年段階で日本軍慰安婦は出てません。その問題について話し合いをするって事態にはなってません。」

131028_183419.jpg
 加藤さん「出てませんって無かったからでしょうが。後で捏造されたからでしょうが。」

 穀田氏「そんな事言ってません。」

131028_183319.jpg
 竹田さん「当たり屋でしょ。」

 加藤さん「歴史を捏造するんじゃないよ。無いから言わなかった、触れなかっただけでしょうが。」

131028_183353.jpg
 穀田氏「国会としての歴史的事実をはっきりさせることがまず大事なんです。まず言って下さい、どうですか?65年の時に附則にも書き込んで新しい問題が起きたらやるって決めたでしょう?」

131028_183518.jpg
 加藤さん「最終的完全にそれは終わったって決めたわけですよ。」

 穀田氏「終わってません。決めてない。」

 山本氏「新たな問題が出た場合は協約の3条でちゃんと両方が話し合うって事を決めてるんですよ。」

 加藤さん「新たな問題って捏造が新たな問題なんですか。彼が言ったように当たり屋でドンドン捏造して色んな問題を言ってる国に対して新たな問題なのか、これが。」

131028_183555.jpg
 穀田氏「あのね、韓国の人々を当たり屋というのはあなた方でいいです。」

 宮崎さん「あなた方って一緒にしないでくれる?」

 竹田さん「皆そう思ってますよ。はっきり言って今日本人メッチャ怒ってますから。韓国の事をね。はっきり言って怒ってますよ。」

131028_183655.jpg
 宮崎さん「日本共産党さんに、この問題に対して伺いたいのはね、日本共産党は日本の近代史。明治維新以降の日本の近代史というものをどのように捉えられているのか。もし大きくそこが間違ったとするなら何処から間違ったかと誤認識なのかと言う事を伺いたいんです。」

 小池氏「いやもう日清戦争から間違っているでしょう。」

 宮崎さん「日清戦争。日清日露も間違ってると。」

 小池氏「そりゃそうでしょう。やっぱりだって植民地支配の過程ですよ?そりゃどう見たって歴史的に見れば日本の領土拡張戦争でしょう。

131028_183745.jpg
 橋本さん「たとえば日露戦争どうだったか。これもしそうじゃなければ日本は完全にロシアに支配されてる。独立は保ってませんよ?じゃあそれもいけなかったんですか?・・・それじゃあまりに我々の先祖は可哀想じゃないですか。」

 山中氏「先祖が可哀想とかそういう事じゃなくて・・・」

 宮崎さん「私さっき小池さんがね、日清戦争以降全部駄目だって言って。もう話す気力無くしました。」

 橋本さん「さっき金さんが言われたまさにその通り。All or Nothingじゃなくて、ここまでは良かったけど、こっからは軍部が独走して良くなかったなと、こういう具合にきちんとやる事が科学的社会主義なんですよ。それは。そうじゃないですか。単なるアジテーターになっちゃいかんですよ。」

 宮崎さん「そうそうそう。そう言う議論が出来ると思ってたのに。」

131028_183901.jpg
 植木氏「いや日露戦争の前からですね、日本は当初から朝鮮は自分達の物にしようという戦略があったわけです。」

131028_183916.jpg
 長谷川さん「その言葉でお聞きしたいんだけど、今現実にこの間の習近平とオバマさんとの会談で何を言ったか。太平洋は米中両国を受け入れるのに十分に広いと言ったんですよね。これは要するに非常に外交的にエレガントに言ってるけれども、ズバリ言うと、太平洋は十分に広いから米中両国で分け合おうぜと。もっとズバリ言えば、東シナ海と南シナ海と尖閣の問題。アメリカは口を出すなと。そこまで言った。つまり何を言いたいかというと中国は明らかに東アジア、南アジア全体について勢力圏ていう概念で考えてる。だからまさに、かつて日本は同じような発想でやったと思うけれども、現実の今の世界は中国が勢力圏を拡大しようとしていると。それに対して今日本がどうやって対応するのか。ここが現実の生の政治で問われているし、皆さんがバッジを付けてる意味っていうのは、私達が主権を皆さんに預けてるって事はそういう事なんだって言うことなんです。」

131028_184002.jpg
 小池氏「まさにそう言う点で言えば長谷川さん言われてるようにね、そう言う行動を中国が取ってることは事実ですよ。それに対してじゃあかつての戦争の反省から言えば、逆にそれを軍事で対抗するというような事をやってっていいんですか?またああいう悲劇をアジアで繰り返すような事になってしまっていいんですか?」
 (コメンテーター達、呆れてしまってます。)
131028_184038.jpg
  
 長谷川さん「もう一度さっきの話しましょうか。外交力の中に軍事は無いって事は言って無いでしょう?」

 小池氏「そうじゃなくって、やはりこれからの歴史の教訓に学んで日本は新しい役目を果たそうじゃないかって。アメリカは今この問題を軍事じゃなく外交で解決しようと言ってるわけですよ。・・・」

 ここでゴングが鳴ります。

 山本アナ「この辺で五郎さんのまとめを」

131028_184134.jpg
 橋本さん「今日はね、こんなね、充実した。(会場から笑いが)実に。・・・・で、私は改めてね、日本共産党は何故躍進したのか。躍進って15年ぶり。って事は15年間駄目だったって事なんですけど。」
131028_184211.jpg
 「それはやっぱり安倍政権がどちらかといえば今までよりも右寄りの方に来てる。で、民主党が全く駄目。そうすると何処で。日本人ってバランス感覚がですから、どっかで何か全体のバランスを取らなきゃいけないという事で共産党に投票しようと。」


 加藤さん「じゃあ安倍さんのお陰って事じゃない。」

 橋本さん「ということが言えますね。(会場爆笑)それでこっから先が問題なんですね。と言いますのはこの前の(共産党の)公約集でも耐用年数がもう自民党政治は過ぎて賞味期限が切れて、土台から腐ってると。こう書いてあるわけ。という事は国民は腐ってる物を選んだんですか?」
 
 小池氏「だから違う方向に行こうって言ってるんですよ。」

131028_184341.jpg
 橋本さん「いやいや、何故しかし日本の国の中でこのぐらいの少数の政党でしか有り得ないのか?言う事が正しかったらとっくに政権取ってますよ。何故なんですか?それは。」

131028_184354.jpg
 小池氏「それはマスコミなんて全然取り上げませんよね?こんな番組なんて初めてですよ?(会場爆笑)こういうのをね毎週やってくれたらね、これは凄い事になると思うよ?」

 山下氏「今回は515万票ですよ。3年前と比べたら159万票増えたんですね。それだけの新たな人が共産党を発見して」

 ざこば師匠「次また減るから心配せんでも、絶対減るから。」(会場爆笑)

 金さん「民主党に行かない票が行っただけの話だって。」

 山下氏「橋本さんが言われたけど、自民党と民主党の二大政党が政党の代表だってね、そういう状況から、それから第三極出て来たけど、結局自民党と根っこは一緒やないかって事が分かってきて、今やっと共産党に注目が集まった。」

 小池氏「金さんが仰るように丸ごと共産党を支持してもらったって事になってないと思います。」

 ざこば師匠「そや。よう思いはった。」(会場爆笑)

 小池氏「まだまだ私達努力しようと思います。こういう場を通じて共産党は一体何を考えているのか、どういう組織なのか。」

 ざこば師匠「あんまり出ていったらね。票もっと減りまっせ。」(会場爆笑)

 ここまでが歴史に対する共産党とコメンテーターの討論です。

 何か言うまでもなく、ここに出演した共産党員の言葉だけ読んでいるだけで、普通じゃない集団だという事が分かる良い機会をたかじんの番組は作ってくれたと感じます。
 共産党の人達の頭の中は、日本を拒否し、誤った日本の歴史を盾に叩き、反省を促し、日本政府に対しては中国韓国に平伏させる事だけが目的の病んだ集団である事は、決して誇張した見方ではないと感じます。
 東京新聞の長谷川さんの現実問題まで踏み込んだ話でさえ、彼らは現実を直視出来ず、何でもかんでも軍国主義に誘導しているという被害妄想で事を片付けようとします。
 結果、ポッポのようなお花畑論しか提示できずに、最後は自分達が主役で出演出来たことに有頂天状態で終わるような始末。
 最後にざこば師匠が言った言葉が共産党を待ち受ける次の段階である事は確かだと思います。

  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。