AX 報道2001『韓国の反日感情』竹田恒泰、西尾幹二さん出演。Part1 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道2001『韓国の反日感情』竹田恒泰、西尾幹二さん出演。Part1

 10月20日に放送された報道2001では『反日激化の韓国 関係修復どうする?』と題して討論が行われました。
 出演されたのは、西尾幹二さん、竹田恒泰さん、自民党の萩生田光一議員、舛添要一氏、宮家邦家氏、朴一氏。
 ここで西尾さんは韓国の反日に対する苦言だけではなく、アメリカがケネディ元大統領の娘であるキャロライン・ケネディ氏を選んだ裏にある思惑もお話になられ、非常に興味深かったので載せさせて頂くことに致しました。

 須田アナ「李明博前大統領の時もそうでした。新しい大統領朴槿惠大統領が就任後もですね、日本人としては理解しがたい発言ですとか行動が続いてるような気がするんですが、日韓関係の修復については竹田さんどう考えますか?」
131030_185549.jpg
 竹田さん「私はですね、日韓関係そのものをあまり日本人は意識しなくていいのではないかと思ってる側なんですけど、中国との関係と韓国との関係は全く異質ですので、良く一緒に議論されるんですが、確かに中国はもの凄い力を持ち始めた国ですから、日中関係がもし拗れると日本は国が無くなる可能性がある。それ程無視出来ない存在なんですね。所が韓国とはですね、また全然違いまして、韓国のGDPは東京都のGDPよりも小さいぐらいですので、あんまりそんなに意識しなくても良い。つまり日韓関係がとても良くなっても、とても悪くなっても、そんなに影響はないと言ったらなんですけども、意識しすぎるのかな?と。ですから韓国が何か言うと、『こんな事言ってるこんな事言ってる』って皆注目するんですけど、たとえば歴史認識にしても靖国にしてもですね、こういう事言ってるのって世界中で韓国と中国だけなんですよね。むしろASEAN諸国の話とか聞くとですね。また色んな意見があるっていう事が分かるので、あまり意識しすぎないことが重要ではないかなと思います。」

131030_185709.jpg
 宮家さん「あのね、情念だけでは外交は出来ないんですよ。日本の国益を最大化するために冷徹な判断をしなきゃいけないんですよ。今何が起きているかというと、東アジアでパワーシフトが起きている。これ中国が台頭しているわけでしょう?そこで我々生き延びなければいけないんですね。その時に日本がまず取らなければいけないのは、大陸の国家の中で、そこで強力な国が出て来て反日になることを抑えなければいけない。つまり大陸のバランスパワーを考えなきゃいけないわけです。その中で韓国が持つ役割。中国に問題があればあるほど韓国の役割っていうのがあるんです。私は韓国の立場が反日の態度がいいとは思いませんよ?しかし外交をやる場合日本の国の統治を行う場合には、そこの判断もちゃんとしないとですね、ただ情念だけで外交をすることは出来ません。」

131030_185730.jpg
 朴氏「結構朴槿惠さんって人はしたたかな人で、国内向けには確かに反日のカードを使ってる部分はあるんですけど、(いえいえ、それなら何故中国、米国で反日発言を?)その一方で実は水面下で日本との修復を何処かで狙っていると思います。特にターゲットになるのは日韓条約が50年目を迎える2015年ですかね、後2年後。この2015年というのを最大の日韓関係の修復の一つのターゲットポイントと睨んで、どーすればこの慰安婦の問題に着地点を見つけられるのか、或いは竹島の問題をどういう風にして対処していくのかって言う事を非常に積極的に色んなジャパンスクールを集めて今話し合ってるところだと思います。むしろ反日のカードって言うのは確かに国内向けには使うんだけども、非常にその日本に向かっての外交というのはこれから転じていくという風に予測しています。」

131030_185817.jpg
 萩生田さん「良い方向に向けて行かなきゃいけないと思うんですね。東アジアの平和と安定を考えればですね、これはもう好きとか嫌いとかっていう事を抜きにして、自由主義、そして法の支配っていう同じ価値観を持った隣国としてですね、ここはしっかりとしたブリッジを造っていかなければいけないと思います。ただですね、先程のVTRでもありましたように、私ちょっと常軌を逸してると思うんですね。大統領始め、韓国の皆さんが日本に対してこういう行動を繰り返す。スポーツイベントでも政治的なメッセージを出すなんて言うのは、これはもう本当にマナー違反であって、そもそも余所様の国旗を焼いたりですね、政治家の写真に火を付けるっていうのは、如何なものかと思いますけれど、しかしね、それも無理もないなと思うのは2010年以前って言うのは韓国って国定教科書で韓国中の人達が同じ教科書で学んできてるわけですね。その中には残念ですけど、これは歴史ですから光もあれば影もあって、日本に対して恨みを持つ部分も中にはあるんでしょう。しかし私は翻訳した韓国の2010年以前の教科書を見る限りですね、必ずしも事実ではない記述って言うのが数多くあってですね。そう言ったものを学んできた人達が結果として大人になれば、必然的に日本を嫌いになるというシステムが出来上がってしまっている。その事を非常に残念に思っています。先程朴先生が独立記念館の話をしました。私も訪問したこと数回ありますけれどね、たまたま一緒に行った福岡の武田議員がですね、学芸員の人が連行された韓国人だけが手彫りで炭坑を掘ってるって言う写真のキャプションを説明したときに『これ何処の炭坑だ?』って聞いたら、仰ったのが福岡にない炭坑なんですね。『それ事実と違いませんか?』と『しかもこの写真は私の市役所にも同じ写真があって、当時は日本人も韓国人も全く同じ仕事をしてたんですよ?』と。『韓国の人達だけが手彫りで石炭を掘らされてたなんて事実は無いですよ?』抗議をしましたらね。翌年その写真はなくなりました。ですから国が経営してる博物館でさえ間違ったメッセージを常に発信し続けてきた結果ですね、もう韓国の政治家は反日を語らずして政治が出来ないような環境が創り上げられて仕舞ったんじゃないかと思ってまして、ここはちょっと冷静に考えて頂かないといけないと思います。」

131030_185904.jpg
 朴氏「ちょっと一つだけ。やっぱり私はね、今の先生が仰る通り韓国の歴史解釈には行きすぎた面があって、元々近隣諸国情報ってあったじゃないですか。あれが出来て一方的に韓国や中国が日本の歴史教科書にクレームを付けてくると、これはかなり差別的な条約だったと思うんですよ。だからむしろ今やってる日韓歴史共同研究。あれをしっかりやって、お互い日本側も韓国側の歴史教科書や歴史建造物に対してしっかりものを言って、ちゃんとした歴史を教えていくような接点を作っていく事が非常にこれからは重要になってくると思いますよ。」
 近隣諸国情報=近隣アジア諸国との近現代の歴史を教科書に記述する場合、十分に配慮しなくてはいけない。

131030_190014.jpg
 古田アナ「西尾さん、朴槿惠大統領は被害者と加害者という歴史的立場は千年の歴史が流れても変わらない。と発見したわけですけれども、この関係の中日韓関係は修復出来ると思われますか?」

131030_190114.jpg
 西尾さん「私はね、朴槿惠さんはパフォーマンスでやってるとは思ってません。信じてるんですよ。それは朴槿惠さんの年代から言うと、とんでもない間違ったデタラメ教科書で育った世代なんですね。ですから一番いけないのは先程訂正って仰りましたけれど、日本の外務省が何もしないと言う事ですよ。今まで。‥そして謝罪をしていて誤魔化してきたという事です。そしてドンドンドンドン後退して向こうは糠に釘だから、勝手な事ドンドンやって増長してしまったという事ですから、もう限界に来たとさっき申しましたとおり、ここで戦う外務省というものにして頂くか、政治家自らが戦う姿勢、つまり戦うって言う事は強く言って、きちんと歴史観を直してもらうという事の、或いは少なくとも最低ですね、国によって歴史は違うんだから、お互いに歴史のことで議論するのはしばらく止めようと。そういう議論でもいいですよ。差し当たりは。そういう事を逃げてないで謝ればいいと思ってるやり方をここで改めると言う事が一つですね。それを私は常に強く訴えたいと。その時歴史学界は、日本の歴史学界はアテにするな。日本の歴史学者は頼りにならない。これは左翼の集団ですから。こういう人達を一切相手にしちゃ駄目だと言う事です。」

131030_190306.jpg
 桝添さん「後ほど話しますけど、歴史にも色んな側面がある。それから朴槿惠さんはお父さんの朴正煕さん、これは非常に日本との関係を良くした方ですから、あのオヤジの娘じゃないかと言われるから、私は彼女も可哀想な所があって、そうじゃなければあそこまでならないけれど、お父さんのイメージを斬るために言ってるっていうのも理解しないといけない。それから千年の恨みっていうのは、韓国の人達の恨(ハン)っていう。つまり恨っていうのは韓国の感情のライトモチーフなんです。だから私なんかは、ああまたあの感情出たなという感じで見てるんですけどね。」

131030_190327.jpg
 朴氏「桝添さんのちょっと説明させて頂くとね、韓国で親日というのは決して良い言葉じゃないんですよ。植民地時代に協力した裏切り者のイメージがありますから、お父さんの朴正煕さんはいわゆる日本の陸軍の中尉にもなった人で、いわゆる親日の象徴なんですね。その親日の象徴から脱皮するためには反日をどっかで演じ続けなくてはいけないというジレンマを彼女は抱えているという事なんですよね。」

131030_190357.jpg
 宮家さん「西尾先生、さっき大事な事仰って、この問題を外交問題にしないことにするって事を仰ったと思います。僕は本当に大事な問題だと思うんですね。その為にはね、中国と韓国って実はもっと恨があるんですよ。加害者って言うんならね、中国の方がはるかに加害してるわけですよ。ですからその事を理解させるために、そして先程三つのスイッチがあると言ってたけど、そのスイッチを押させないことも大事だと思うんですよね。それやりながら戦う。戦うかどうか分かりませんけれども、しっかりと仕事をする。その外務省であるべきだと私は思います。」

131030_190450.jpg
 西尾さん「私は全く今の朝鮮半島と中国を巡る状況は変わってきてると思います。つまり朝鮮、韓国は中国の懐に抱かれようとして接近している。すなわちこれは露骨で、アメリカとの関係を捨ててでも中国の方へにじり寄ってるっていうのは目に見えてますよね、最近。最近って言うよりも、これはある意味で韓国の戦略で、中国の戦略とあってるだろうと思いますけれども、その時に私達が一番気にしなければいけないのは、韓国の軍事力を中国に利用させるなという事です。もう一つ言えば、驚くほど北の勢力が伸びている、今の韓国。これは信じられない。冷戦が終わったならば、西ドイツと東ドイツのような事が起こるかと思ったらそうならないで、北が韓国を抑えようとしている状況が日増しに強くなってるんですから、釜山に赤旗が立つよと。それを日本は黙って見てて良いのかという問題がありますから、先程竹田さんが、あまりほっといてもいいんだというお話をなさったけれども、非常にあれ重大な問題で、対韓半島の国防問題というのが日本にのし掛かってきているという事をちょっと一言申し上げたい。」

 ここまでが歴史認識問題のPart1です。
 そして次は従軍慰安婦問題と河野談話に関するテーマに移ります。
 下に討論のテーマとなったVTRを掲載致しました。

 ソウルの大使館前では毎週水曜慰安婦問題のデモが行われている。
 7月にはアメリカのカリフォルニア州グレンデール市にまで従軍慰安婦像が作られた。
131030_184316.jpg
 ここには韓国人が一万二千人以上住んでいるという。
 いわゆる慰安婦問題を巡る日本に対する怒りはいつまで続くのか?
 金融、マスメディアの関係者が集まるビジネス街。ソウルのヨイド地区。
131030_184336.jpg
131030_184414.jpg
131030_184430.jpg
 一般の市民は意外なほどに冷静。
 一体、日本に届く反日の声はなんなのか?
 ソウル大学「戦後日本人の戦争と平和」と題されたセミナーに参加していた日韓の歴史を研究するパク教授に話を聞いた。
131030_184453.jpg
 パク氏「私は教育現場にいる人間ですが、反日感情は持ってませんよ。」と、やはり過激な反日感情を否定した。
 しかし・・・。
 パク氏「いや、普段は無いというのが正しいかな。慰安婦、靖国、教科書問題。この三つは反日感情を呼ぶスイッチなのです。」

131030_184538.jpg
 橋下代表「政府が拉致して暴行脅迫で無理矢理そう言う仕事に付けさせてレイプ国家だと言われているわけですよ。日本は。そこは違いますよという事は言わなければいけないんじゃないでしょうかね。」

 この発言がスイッチになって韓国では大規模なデモが起きた。
131030_184633.jpg
 今年に入って慰安婦問題に留まらず、様々な面で反発が強まっている。
 5月、アメリカ議会で朴大統領がこう発言。
131030_184653.jpg
 そして朴大統領は習近平中国国家主席との昼食会で伊藤博文を104年前に暗殺した安重根を韓中両国民が尊敬する歴史的人物と讃え、記念碑建立を提案。
131030_184709.jpg
 その後のサッカー日韓戦では、朴大統領の行動に呼応するかのように韓国応援席に安重根の巨大な肖像画と
131030_184750.jpg
 『歴史を忘れた民族に未来はない』との横断幕が掲げられた。
 そして2020年オリンピック開催地決定の2日前、韓国政府は
131030_184907.jpg
 「福島県周辺の8県からの水産物輸入を全面禁止する特別措置を下しました。」
 原発の汚染水問題がオリンピック開催のネックとなっていた最中の出来事だった。

 そして3週間前、米韓の安保協力の重要性を説いた米国のヘイゲル国防長官に
131030_184934.jpg
 朴大統領はこう述べたという。
131030_185007.jpg
 『日本の指導部とは信頼が形成できない』
 国のトップである韓国大統領までもが、反日感情を口にした。

 これにはある狙いが存在していると大学教授は話す。
 「パフォーマンス。韓国の政治家は反日感情を利用します。李明博だって求心力のために反日感情を煽ったでしょ?」
 朴大統領は就任直後からこう発言していた。
131030_185119.jpg
 『日本は歴史を正しく直視し、責任を持たないといけません。加害者と被害者という歴史的立場は千年経っても変わりがないと思います。』
 朴槿惠氏の日本軽視と中国重視、そこには支持基盤である財界の意向があるという。
131030_185410.jpg
 神戸大学大学院木村教授「財界であったりビジネスをやってる人々は、とにかく中韓関係が重要だと。日本の重要性は下がってきている。中国の重要性は上がってきている。日本に対してこれ以上妥協する必要は無い。韓国側としては自分達は我慢してきたと思っているんですね。もう我慢する必要は無いと。はっきり言ってやればいいと。」
 
 そして朴大統領の支持率は就任時の44%から56%に増えた。
131030_185439.jpg
 慰安婦、靖国、教科書問題、この三つで反日感情は燃えさかる。
131030_185507.jpg
 日本の突破口は何処にあるのか?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

日本のテレビ局の報道も少し変わってきましたね。もちろんまだ一部の番組に過ぎませんが。

夜の時間帯にやっている有名な報道番組、『報道ステーション』や『NEWS ZERO』『NEWS23』からNHKに至るまで、
「韓国が歴史を捏造している事実」を全く言いません。

今でもほとんどの報道番組は反日親韓の番組です。

Re: コメント有り難うございます。

ブログをご覧頂き有り難うございます。
私も最近報道番組に対して同じ気持ちを感じる事が多くなって参りました。
一時かなりバッシングされたフジテレビも報道番組やワイドショーなどでは左巻きのコメンテーターの出演も少なくなり、まともな感覚を持つ方々が出演されることが多くなってきた気がします。
ただ、仰る通りで、テレ朝、日テレ、TBSの夜の報道番組は夜だから許されるとでも勘違いしているのでしょうか、未だ媚韓報道に固執している所がありますよね。
安倍政権になり、彼らの虚しい刷り込み作業も今では時代錯誤も甚だしい事を分かっていないのか、ただ悪足掻きしているだけなのか、見苦しいことこの上ありません。
民主党政権が多大な国益は損失したものの見事に雲散霧消し、みのもんたが消えた今、徐々にマスメディアも変わらざるを得ない方向へ来ているのではと期待して、これからも反日報道に対しては出来る限りブログにアップしていきたいと思っております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。