AX 報道2001フジテレビ平井氏「河野談話は嘘だった」従軍慰安婦問題 Part1 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道2001フジテレビ平井氏「河野談話は嘘だった」従軍慰安婦問題 Part1

 131030_190535.jpg
 平井氏「日韓関係の改善に戻したいんですけど、さっき朴さんが仰ったいわゆる従軍慰安婦問題に付いても着地点を探すべきだと。従軍慰安婦問題って最もきついトゲですよね。日韓の間で。萩生田さん、例の河野談話というのがあります。これは明らかに歴史的に間違ってる事を当時の官房長官が言ってしまった。つまり強制しましたという風に。嘘を言っちゃったんですね。で、その後安倍さんがわざわざ閣議決定をして、いや、その証拠はありませんでしたと言う風に別のことを言ってるわけです。これは国際的には通用しない話で、この河野談話がある限り、永遠に慰安婦像は建ち続けるんじゃないかと僕は思うんです。安倍さんは靖国参拝も大事ですけど、河野談話についてどうするのか?ここを決着させないと、いつまでも日韓関係っていうのはむしろ前に進まないんじゃないかと思いますけど。」

131030_190633.jpg

 萩生田さん「この週末、産経新聞で何回かに分けて、当時の石原官房副長官の談話、或いはその調査内容に疑義があるという報道がありました。私はその時々の政治、政権が、私は河野談話が正しいといまでも思ってませんけど、しかしそう言う談話を出さざるを得なかった様々な背景というのは、当時きっとあったんだと思うんです。ですからですね、もっと言えばこんな大きな問題にこんな時限爆弾になると思わず発してしまったという部分もあると思いますから、ここはきちっと検証を加えてですね、必要とあらば何処かで安倍内閣の中ですが官房長官が新たな談話を発すれば宜しいんじゃないかなと思ってます。

131030_190653.jpg
 西尾さん「河野談話は新局面に向かっていると私は見てます。ケネディ新日本大使ですよ。ケネディさんは日本に来て従軍慰安婦で釘を刺しますよ?きっと。これは米国の政策です。アメリカはただただそっとして置いて欲しい。日韓関係がソフトで行って欲しいってそれだけですからアメリカは。今ね。・・・そうすると何故ケネディ女性大使が出て来たか、私は裏があると見てるんですけれども、ソフトな戦術として安倍さんに対して、これだけは駄目だと。軍事的なことは日本に協力するけれども、これだけは駄目だとやるに決まってます。私はその時日本の国民が声を上げるべきだと思いますね。アメリカはですね、ブラックウォーターって言ってね、アフガニスタンの兵士にフィリピンの女性をあてがうようなことやってるんですよ。今現に。これはインターネットに出てますから。それで国防省が金払ってんですから、それに。そう言う事をアメリカは現にやっていてですよ?1930年代のね、日本の女性を連れて行った。決して現地の女性を調達したわけでもない。日本軍のやり方について国民の名誉を奪うような従軍慰安婦問題についてですね、これ以上何かアメリカが口出したりすると、本当に日米問題が日米関係がおかしくなるんだという事を強くアメリカ側に政治家としてサインを送って欲しいですね。これはもう大事な事です。」

131030_190824.jpg
 平井氏、萩生田さん、西尾さんが話している最中(それも核心に迫ったときに限り咳き込んでいた)朴氏は、ここまでのお三方の話など無かったかのような発言を汗だくで始めます。
 朴氏「私先週もちょうどナヌムの家に行きまして慰安婦の方々ともインタビューしましたし、水曜デモには参加ではなくて見学にいってですね、どういう事を要求してるのか聞いて来ましたけれど、一つは野田政権の末期に三つの提案をされました。韓国の日本大使が慰安婦の方に直接会ってお詫びをすると。そして当時の野田総理が詫び状を書く、そして最終的に政府が100%の法的資金で償い金を出すというような提案をしたんですけど、これはアジア女性基金よりも一歩踏み込んだ内容で、最終的には韓国側もそれを受け入れる素振りを見せたというような話も出ております。私は安倍さんと言う方は最終的にはこの歴史のトゲを抜きたいと考えておられて、北の脅威に対抗するためには韓国と日本とアメリカは協力にタッグを組まなければいけませんから、やっぱりこの問題にケリを付けて北に対抗していくという体制を取るためには、このような民主党が出した叩き台を元にして日韓のどうすれば着地点を見つけられるかという話し合いの場について欲しいと思います。」

 須田アナ「着地点はなんだと思いますか?」

 朴氏「基本的には日本が公的資金を出して償い金を出すと(ここでたかり屋の面目躍如。本性丸出しで話し始めました)民間からではなくて100%原資の公的資金で償い金を出し、日本の首相がお詫びの言葉を慰安婦の方々に

131030_190902.jpg
 吉田アナ「今謝罪という話が出たんですけど、世論調査を取りましたら、今後更に謝罪が必要だと思うと答えた方が25.6%。思わない方が67.4%で竹田さんどう思われますか?」

131030_190934.jpg
 竹田さん「これはですね、昭和40年に日韓基本条約で請求権協定っていうのがありまして、そこでもう完全且つ最終的に解決した問題だとなってるわけですよ。ですから国同士の約束事でですね、戦争絡みの賠償はもうこれでケリを付けたと。で、日本は民間借款を含めて8億ドルですよ?当時1ドル360円の時代にですね、韓国の国家予算の2年分の巨額の資金援助をしてですね、それでもうケリを付けたわけですから、それで後でやっぱりこれがなんて言ってくるのは、国際社会の中で紳士的な国とは言えないと私は思うんです。で、もうこれは解決済みですから、これは法人も含めて民間人同士、二国間の間のあらゆる請求権は解決済みだとなってるわけで、そこは朴先生、どのようにお考えでしょうか?」

131030_191027.jpg
 朴氏「だから竹田さん仰った様に、その事は韓国も分かってるんですよ。日韓条約で解決済みの上で、更に韓国の憲法裁判所が日本政府に対して、日韓条約に埋もれた課題として慰安婦問題が出て来たと。つまりあの時は慰安婦の『い』も出てこなかったわけですよね。」

 竹田さん「そこの段階で表に出てるかどうかはともかく、完全且つ最終的に解決付いてるんですよ?」

 朴氏「でもしかしそこで埋もれた問題が出て来たと。当時の権威政権の中で過去の問題を埋もれたまま日韓妥結が行われてしまった。しかしそこで慰安婦の問題、或いは軍人軍属の問題、埋もれてたと。それが民衆から民主化の中で吹き上げてきたことを道義的責任として、日本にどう追及していくかという。これは日本政府も野田政権も分かってたと思います。だから日韓条約より踏み込んだ解決は出来ない事を民主党政権も分かった上で、道義的にどう対応出来るかという事で両国の詰めが行われていったと。」
131103_113331.jpg
 (呆れ返る話に思わず笑ってしまう萩生田さん)

 須田アナ「宮家さんにお聞きしたいんですけど、西尾さんはもう耐えるのも限界に来てるんだと、日本としては。という発言がありました。どうこれから外交的には。」

131030_191105_20131103112543f08.jpg
 宮家さん「愉快じゃないことは事実ですよ。しかしね、先程申し上げたように情念だけじゃ政治は出来ない。外交は出来ないんですね。韓国に一つだけ言いたいのは、1960年の基本条約を越えられないって事はお互い分かってる話ですよね?これ止めちゃったら国家同士の約束が無くなっちゃうわけですから。そう言う意味では私個人的には韓国が言うのは分かるけど、じゃあ一体本当にこれで終わるのかと。ここで仮に何かあってもね、また次の政権がまた5年10年後に同じ事繰り返すんじゃないかと。その事について先が見えない部分がね、我々一番心配しているところですよ。それについてどうですか?」

131103_113254.jpg
 朴氏「私はだから当然日韓条約はケリが付いたように竹田さんの仰るようにまた出て来たじゃないと。だから今度またたとえば野田政権みたいな形で政治決着付けても出てくる人がいるんじゃないか。そりゃそうですけれども、とりあえずここで一端日本側が何らかの形でこの問題に区切りを付けると言う事がやはり必要ではないかと私は思いますね。」(盗人猛々しいこの言い分。泥棒の居直りを生放送で見ているような気分になります。)

131030_191138_201311031125423bd.jpg
 平井氏「当時ね、盧泰愚大統領でしたっけ?これですよって言ったわけですよ。普通大統領が言ったら信じますよね?だから多分宮沢総理はそれを信じて河野談話出したんですよ。そしたらその20年後ぐらいに、いやあれは違いましたと言い出して、もう一回謝れ、もう一回お金払えと。で、またここでお金払う。謝る。20年後にまた別の政党が政権取ったときに、また同じ事が繰り返されるって事ですよね?宮家さん、多分。」

 宮家さん「そうです。」

131030_191157.jpg

 萩生田さん「先程三点セットというお話がありましたけれど、靖国、慰安婦、教科書っていうのは韓国の外交カードであって、別にその現実の問題じゃないんですね。そもそも靖国神社の参拝は戦後一貫して韓国が反対をしてきたんならともかく。そうじゃないですよね?昭和60年以降、中国が大きく声を出したのに便乗して最近大騒ぎしているだけですし、教科書問題もそうです。

131030_191320.jpg
 竹田さん「最近、僕思う事があるんですけど、韓国政府の暴走よりも、むしろ韓国の司法の暴走の方がおかしいと思っております。徴用工の問題でおかしな判決が出る。仏像の返還の差し止め請求もそうです。韓国政府がこれで解決しようと言ってるのに、逆の事を司法が出すわけですね。特に徴用工の事件なんかはですね、日本での確定判決があると言う事。それから既に給料の問題なんか70年異常も前の給料ですから時効にかかってるという風に日本側が反論したんです。それに対して韓国の司法は『侵略戦争を正当化するつもりか?』と言って反論して判決書いてるわけですよ。そんな事言ったら法治国家として疑われても仕方がないと思うんですけど。」

131030_191411.jpg
 朴氏「竹田さんが仰るように司法の暴走と言われましたけど、韓国は日本と違って憲法裁判所っていうのがあるんです。過去に出た判決について権威主義体制下で、どう考えても人権的に違法なものについては判決が覆されるっていうような事が大体憲法裁判所で行った裁判のうち30%以上がひっくり返ってるんですよね。」

 竹田さん「今私が言ってるのは憲法裁判所ではなく司法裁判所の話をしています。」

 須田氏「こういう今の議論を聞いて桝添さんどうお考えですか?」

131030_191440.jpg
 桝添さん「大変難しいんですけど、歴史って言うのは色んな側面があるんで、きちんと歴史に基づいてこうだって事を出さないといけない。確かに先程、私も福岡ですから鍛工の話で強制連行で働かされた人もいますけれども、自分の意思で来て、自由にやった事もある。そしてあの当時はですね、選挙権も被選挙権も日本にいる台湾の人も朝鮮半島の人もあったんです。だから東京だって下町に朴春琴さんって衆議院議員やってたし、私の故郷の福岡なんて市会議員一杯いたんです。選挙権もあった。」

131030_191532.jpg
 桝添さん「たとえばそう言う事を全く知らない。韓国の人知らないって。これは私の親父で福岡のその当時の若松市の選挙で、なんでハングルでルビふってあるかというと、選挙権彼らはあったからなんです。で、その当時ハングルで書いても有効なんです。だからローマ字でも良いんですけど、なんでわざわざこんなの打ってるかってのは朝鮮半島から来た人の票が欲しいから。親父は民政党なんですけれども、その当時の政友会じゃなくて。その当時のポスターが残ってて、これ韓国の知識人に見せたって、『そんな事は無い、お前達は俺達連れてきて炭坑で滅茶苦茶働かせたじゃないか』違うんです。私は八幡ですから、八幡製鉄所の職工さんの記録見ても同じ給料で仲良くやってる。火野葦平(ひのあしへい)っていう作家がいるんですけど、彼の作品なんか見るとそう言う場面が一杯出て来ますね。たとえばこれは現実の資料です。こういう事に基づいてもう少し、左翼ばっかりって言ったけれども、きちんとした歴史家も日本にはおりますから日韓の歴史家がもっと謙虚に歴史を見る事がスタートだと思います。」

 10月16日付けの産経新聞はスクープ記事として元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れるを掲載致しました。
 この番組でフジテレビ解説副委員長である平井さんが生放送にて「河野談話というのがあります。これは明らかに歴史的に間違ってる事を当時の官房長官が言ってしまった。つまり強制しましたという風に。嘘を言っちゃったんですね。」と断言できた事も、産経新聞の記事の信憑性を裏付けるものとなりました。

 これだけ動かぬ証拠、従軍慰安婦問題の捏造が明白になった場面であっても、朴一氏はそんな話など無かったかのように、ニセ慰安婦達が集まるナヌムの家に行ってきた話をし続け、野田政権の末期に出されたという提案『韓国の日本大使が慰安婦の方に直接会ってお詫びをすると。そして当時の野田総理が詫び状を書く、そして最終的に政府が100%の法的資金で償い金を出すというような提案』がまだ有効なような口振りで(破れかぶれ的に)口走るばかり。その野田氏率いる民主党も今は居るか居ないか分からない薄い存在。
 衆院解散と共に水泡に帰した提案を安倍政権下の日本で幾ら叫んでも虚しいばかりという現実にまだ気付いていない様子が却って哀れでした。
 
 安倍政権下で菅官房長官により出される脱河野談話となる新談話が出る日も遠く無さそうな気がします。 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。