AX 三宅先生にはガッカリでした(たかじんのそこまで言って委員会) - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三宅先生にはガッカリでした(たかじんのそこまで言って委員会)

 「たかじんのそこまで言って委員会」という番組は、これまで可笑しいと思う事に対して割とまともな意見が聞ける希少な番組の一つでもありましたので、先週は大変興味深く見ていました。

 でも、今回の吉本芸人である河本準一に関しては、今回の「たかじんのそこまで言って委員会」は最悪な幕開けで始まりました。

 まず、今回は体調不良を理由にお休みした三宅氏のご自宅でのインタビューから・・・。
 
 ここからは三宅さんの話。

 「今、生活保護の不正受給が非常に話題になっていますよね。」
 
 「受給対象が210万。そして国費・地方負担分を合わせて3兆7000億円。それはもう見逃せない段階でね」

 「ただ私がちょっと可哀想だと思っている事が一つあるので・・・・。」

 「芸能界の大御所であるビートたけしが私に言うんだよ。『三宅さん、芸人なんてのは儚いもんでね。TV局から弁当が出るようになれば、これでようやく一人前と思って大喜びする。だから(ギャラを)何千万とか取るってのもほんの一握り・・・』
  
 ここから一通り今回の件を知るに至った経緯を話した三宅さんがおもむろに切り出します。

 「河本準一って人をよく知らないけどもね・・・。」
 
 「今、年収何千万か知らないけども。・・・それが来年も再来年も続くって保証はどこにも無いわけ。誰も保証してくれないわけだから。中には一発芸を編み出してパッと時流に乗る人もいるけども、だいたいまあ長くて1年。もう名前もみんな覚えてない人がたくさんいるわけですよ。」
 
 「だからそういう芸能界のこういうことについて『一親等の息子がそれだけの稼ぎを持ってんのになんだ!』って言えばそりゃその通りなんだけど、あんまりあの正論を振りかざして断罪するっちゅうのは私は『ちょっと気の毒だなあ』という感じがするんですけどね。」


 耳を疑う言葉の数々に、大御所に初っ端からこんな事言わせるぐらいじゃ今日の番組は、どのTV局もやってきたように、河本擁護VS片山議員バッシングで終始終わるんだろうな・・と想像出来て、見るのを止めようかなぁと思った訳です。(が、結局見てしまいました。)

 この日、三宅さんは大変顔色も良く、呼吸の方も(ご自宅からという事もありましたでしょうが)スムーズにされている印象を持ちました。
 これはあくまでも憶測ですが、もしかしたら三宅さんはよみうりテレビ、たかじん、吉本に対し一肌脱いだけど、この件に関する番組での討論は勘弁して欲しいという気持ちがあってお休みしたのでは・・。

 よみうりテレビは「ミヤネ屋」が普門大輔弁護士という怪しげな弁護士を連れてきて、宮根とその弁護士と共に 「なんで不正といわれるのかわからない」などと吉本芸人擁護に徹し、見てるこちらが怒りを通り越して白けてしまう程、異常な空気が漂っていました。(あまりにも必死すぎて、フリーで頑張るのって大変なんだなぁなんて余計な事まで感じてしまったりして)

 河本氏、梶原氏の母親の生活保護受給に関するニュースが流れてから、(以前から日本のTV局の異常さは感じてはいましたが)各テレビ局、各コメンテーターがこぞって吉本芸人を擁護する様が大変不気味で、吉本興業という会社がどれだけの権力を持ち、誰も屈することの出来ない圧力をかける事が出来る組織だったかを知る事になりました。

 この件に関しては吉本ファイナンスという名前も浮上していますが、ここも相当悪質な仕事をしている会社らしいですが(現に梶原氏がマンションのローンに借りた会社でもあるとの事。月々40万のローン金額って異常過ぎます・・・)一般人の私が「このローンって変じゃない?」と思うぐらいですから、敏感なマスメディアはいち早くそこに論点を持っていってもおかしくないと思うのですが、インタビューでも全く突っ込む事は無かったですし、橋下徹市長のツイートでも、不正受給に関しての会見はあったものの、その裏に潜む生活保護を食い物にしている病院やヤクザやヤミ金融業等々に対する言及は避けていました。 (橋下さん、そんなに大阪の暴力団や吉本が怖いの?・・・元顧客だったのかな?・・・なぁ~んて想像もしてしまったりして。)

 多分そこには片山議員や世耕議員の肩だけに背負わせるにはあまりにも重く深く汚い、ドロドロした闇の世界が広がっているのでしょう。

 それを徹底追求し、真実を白日の下に晒していくのが政治家や官僚や橋下さんの役目なのではと思うのですが、今後どのような展開を見せていくのかこれからも興味深く見つめていきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。