AX 朝ズバ。はだしのゲン。みのもんた、松江市教員委員会を特高呼ばわり - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝ズバ。はだしのゲン。みのもんた、松江市教員委員会を特高呼ばわり

 先日、松江市教員委員会がはだしのゲンの閲覧制限を撤回する事態に陥りましたが、ここに至る経緯に連日のマスコミによる執拗なまでの『はだしのゲン』を持ち上げ、松江市教育委員会に対するバッシングも大きく影響していることが窺えます。
 本日は、朝ズバにて取り上げた『はだしのゲン』についての書き起こしです。

 原爆と戦争を描いたマンガ「はだしのゲン」が島根県松江市などで閲覧制限されている問題。
 被爆地である広島の県知事、市長はこの問題について相次いで異論を唱えました。

 湯崎広島県知事「閲覧制限というのはする必要は無いんじゃないかなという風に思っております。教育的な意義としても高いものでもあるし、大人がいないと読んじゃいけないってものでも無いんじゃないでしょうかと。」


 松井広島県市長「世界の平和を希求する強い願いが込められた作品と受け止めています。被爆の実相を伝えるという部分、そしてそれを(はだしのゲン)見る事で、戦争は2度と繰り返してはならないことを認識出来る部分が間違いなくあると思っております。」

 1973年から連載が始まった中沢啓治さんのマンガ「はだしのゲン」
 広島に落とされた原爆で父と二人の兄弟を失った主人公の少年中岡元。戦後をたくましく生きるゲンの姿を描いたこのマンガは去年12月に亡くなった中沢さん自身の被爆体験が元になっています。


 国内外で1000万部以上の発行を誇り、今も広く読まれているはだしのゲン。
 このマンガを巡って問題が浮上したのは去年8月。

 切っ掛けは松江市民から出された陳情。
 その内容は「小中学校の図書館からはだしのゲンを撤去して欲しい」というものでした。
 市議会はこの陳情を全会一致で不採択としましたが、松江市の教育委員会は暴力などの描写に教員上の問題があると判断。
 去年12月。市内の公立の小中学校にはだしのゲンの閲覧を制限するようにと要請し、貸し出しについても校長などの許可を得た上で行うよう要請していたのです。
 古川松江市教員委員会副教育長「私共の認識としては、全く子供達にはだしのゲンを見せないというスタンスではないと言う事です。ただ、自由に貸し出して読むと言う事については、色々な子供達がおりますので、トラウマになったりする子もいるだろうし、あるいは誤って読み取ってしまう子もいるんじゃないかと思います。」(全く正論です。)


 教育委員会が主に問題視したのは、旧日本軍が中国で住民の首を切ったり、性的暴行を加えている様子が描かれたシーンです。


 古川副教育長「色んな子供達の発達段階もありますし、高学年だ中学生にしましても、色んな、精神的にショックを受けたりする子もいるだろうと。」

 生前、作者の中沢啓治さんはある思いをこのように話していました。
 「原爆を知らない人達、とにかく日本を始め世界に是非伝えていかなくちゃいけないんじゃないかなと。」


 中沢さんの妻、ミサヨさんは今回の問題にショックと憤りを隠しきれません。
 ミサヨ夫人「主人は死ぬまで本当に戦争は怖いんだよ。原爆落ちたらこんなに怖いんだよ。とにかく平和じゃなきゃいけないんだ。そのためには子供達にしっかり戦争の怖さを教えなければいけないと死ぬまで言い続けてきたわけですから。それを主人が聞いたらビックリすると思います。凄く怒ってると思いますよ。市の教員委員会に対して。これは本当の事なんだって言いたいと思いますよ。」

 閲覧制限で広がる波紋。

 この問題について菅官房長官は「設置した地方公共団体の教員委員会の判断によって、学校に対して閲覧制限などの具体的な指示を行うことは通常の権限の範囲内だろうと思っています。」
 一方、下村文部大臣は

 「これは教育上の発達段階において適・不適はあると思います。松江市の教育長がそのように判断されたという事は法的に問題が無いことですし、読みたい人が読めるという環境は社会全体で担保されていれば、それでいいんじゃないでしょうか。」(正論です。)

 
 みのもんた「まあ、読む読まないは、読む方見る方が判断する事だよね。ただ未成年に対してね、公序良俗に反するものは見せない方がいいんじゃないかって、そう言う意見もありますよ。でもこれはちょっと違うよ?はっきり言いますけど。小林多喜二の蟹工船って本があります。ふざけるんじゃないって。当時の高等警察みたいなものが拷問して殺しちゃう。それに似た様なものを僕は感じますよ。いいんですか?これ金井さん、いいんですか?こういう事。」

 金井氏「僕も閲覧制限というのはあまりにも行きすぎだという風に考えますね。特にはだしのゲンの場合は戦争の悲惨さを子供達に伝えるという評価が定着しているものなので、それを連載していてから何十年も経ってから制限が加わると言う事は、僕には理解出来ません。」

 みのもんた「今のこの世の中に至ってそう言うのが出て来るってのは僕も理解出来ないですよね。」


 小松氏「私自身もはだしのゲン、何十回も読みました。で、実際見る事が出来ない当時の悲惨さ、原爆が落ちた後の人々の苦しみ、はだしのゲンで知りました。」

 みのもんた「教育委員会ですよね?」


 北川氏「そうです。それでですね、表現の自由を束縛するって事は私も行けないと思います。それで今教育委員会のお話が出ましたけど、市議会で否決したものを教育委員会、事務局が勝手に閲覧制限加えたって言うのは民主的に如何かと思うし、100%定かではありませんが、事務局と教育委員会の委員会が決めるわけですね。その委員会に多分はからずに制限くわえてると思うんです。だからそう言う手続き上の問題もありますし、何十年も風雪に耐えてきたですね、閲覧をさそうという事に今何故こんな事が突然出るかと言う事に本当に教育委員会ももっと真剣に判断しないと、こんな事が大問題になるようでは。」(北川氏は寝言みたいな事ばかりで何を言ってるのかサッパリ分からず。)

 「全国から様々な意見が届いているんですが、広島県の湯崎知事はこう話しています。」


 みのもんた「広島にある原爆ドーム、世界遺産になりました。世界遺産になるために何処の国の代表が反対したか、何処の国の代表が賛成したか、よく考えた方がいいと思いますよ。あれすんなり決まりませんでしたからね。最後まで反対した国がありましたから。そう言う事実をやっぱり知るべきでしょう。はだしのゲンもそうですよ。ああ戦争ってこんなものなのかな。こんなに悲惨なのかなってやっぱり。僕らも読みましたけれど、ただそれを読んで大人になって、どういう思想を持つか持たないか、それはまたその人個人のあれですからね。思想教育をしてるようなものだよ?これ。違いますか?」

 「私もまさしく小学校の図書館で読んだ記憶があります。凄く心に残ってますけどね。」


 小松氏「中沢さんも亡くなりましたけど、原爆被害者の方達、ドンドン皆様亡くなっていくわけですよね。直接声が聞けない?このはだしのゲンでしか知る事が出来ない日が来るかもしれないんですよね。」


 みのもんた「たとえば野坂昭如さんの火垂るの墓。あれなんか読んでると涙出ますよ。何処の教育委員会って言いたくなるね。」(VTRで松江市教育委員会って散々言ってたにも関わらず、みのもんたのこの嫌味な言い方。)

 以上が朝ズバでの内容です。
 この番組にて、いみじくもみのもんたが「思想教育」という言葉を使っていましたが、まさに毎朝この番組は反日的な思想教育をしているわけでして、その国賊がどの口で思想教育などと宣うんだろうと呆れました。
 はだしのゲンにつきましては、原爆の悲惨さについての記述は、一証人の話として貴重なものになるのかもれません。
 でも、松江市の教育委員会が問題にしているのは、歴史を歪曲した兵隊さん達が犯したという残虐な場面です。
 その上、番組の中ではこの事に一切触れなかったばかりではなく、松江市の教育委員会が行った処置に対して高等警察に似たものを感じるとまで言い放ったみのもんたの視聴者に対する思想教育こそ問題です。
 
 それに対し怒りを感じていたら、今日の産経ニュースにて『はだしのゲン 「子供を洗脳する偏向内容だ」』という記事を見つけました。【読者サービス室から】はだしのゲン「子供を洗脳する偏向内容だ」 
 一部抜粋になりますが。
 ▽「反国家・天皇・国旗の内容ばかりだ」(千葉県市川市、76歳男性)
 ▽「自虐史観に基づく有害図書。子供の閲覧は制限すべきだ」(大阪市西成区、78歳男性)
 ▽「見せ物的に首をはね、妊婦の腹を切り裂く感覚は日本人にはない。中国の反日プロパガンダそのものであるのが明らかだ」(東京都町田市、76歳男性)
 ▽「よほどの剣の達人でない限り軍刀では首を一はねになどできない。作者は戦地にいたわけではない。裏付けのない漫画を子供に見せるのはおかしい」(江戸川区、70代男性)
 ▽「暴力描写だけでなく思想的な問題点もある」(島根県、男性)など、内容への批判が圧倒的です。
 さらに「活動に熱心な教員が単行本を教室に配置し、黙っていても子供たちは読んだ。左翼思想と反天皇に洗脳する目的は明白だ」という元小学校教員の指摘も。

 ここに感想を寄せていらっしゃる方々は、全て70歳以上の戦争経験者の方々ばかりです。
 鼻息荒くご託ばかり並べる左翼のみのもんたやコメンテーター達の言い分に対して、この方達の説得力のある意見こそ、本来大人が子供達に教えなければいけない事ではないでしょうか。
 まともな事が言える人間がマスメディアには少数しかいない事が、今の日本を駄目にしている元凶と感じます。
 朝ズバがその中では一番最悪な番組です。

 松江市の教育委員会の方々には、一般人でこのような非常に常識のある方々の意見を踏まえた上で、閲覧制限の件も再考して頂けたらと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。