AX 麻生氏発言。ここぞとばかりに曲解し叩きまくる朝ズバのみのもんたと与良 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生氏発言。ここぞとばかりに曲解し叩きまくる朝ズバのみのもんたと与良

 29日、櫻井よしこ氏主催の国家基本問題研究所の月例研究会にて、麻生氏が講演されましたが、その時の発言が昨夜からマスメディアに取り上げられています。
 今朝の中日新聞に載っていた、その時の麻生氏の発言がこちらです

 麻生氏の29日の講演にやける発言要旨。
 
 日本が今置かれている国際情勢は、憲法が出来た頃とは全く違う。
 護憲と叫んで平和が来ると思ったら大間違いだ。改憲の目的は国家の安定と安寧だ。改憲は単なる手段だ。
 騒々しい中で決めて欲しくない。落ち着いて、我々を取り巻く環境は何なのか、状況を良く見た世論の上に憲法改正は成し遂げられるべきだ。そうしないと間違ったものになりかねない。
 ドイツのヒトラーは、ワイマール憲法という当時のヨーロッパで最も進んだ憲法の下で出て来た。
 憲法が良くてもそういったことは有り得る。
 憲法の話を狂騒の中でやって欲しくない。靖国神社の話にしても静かに参拝すべきだ。国のために命を投げ出してくれた人に敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かにお参りすればいい。何も戦争に負けた日だけに行く事はない。
 「静かにやろうや」という事で、ワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか。僕は民主主義を否定するつもりも全く無い。しかし、喧噪の中で決めないで欲しい。


 そして、その後、発言撤回をされることになるのですが、その時のコメントがこちらです。

 発言撤回に関するコメント。
 
 私のナチス政権に関する発言が、私の真意と異なり、誤解を招いたことには遺憾である。
 私は、憲法改正については、落ち着いて議論する事が極めて重要であると考えている。この点を強調する主旨で、喧噪に紛れて十分な国民的理解及び議論のないまま進んでしまった悪しき例として、ナチス政権下のワイマール憲法に係る経緯をあげた。
 私がナチス及びワイマール憲法に係る経緯について、極めて否定的にとらえていることは私の発言全体から明らかである。

 ただし、この例示が、誤解を招く結果となったので、ナチス政権を例示としてあげた事は撤回したい。


 これを踏まえて、今朝の朝ズバでは、その報道が最初から麻生さんの真意を反映する事無く、みのもんたと与良正男氏のやりとりに至ってはあまりに歪曲されて論じられておりましたので、その書き起こしです。
 例外として尾崎氏だけは至極まともな発言をされていましたが、それさえ与良が横槍を入れて途中で切られてしまうような有り様でしたが。

 みのもんた「今日はこのニュースからお伝えしましょう。8月2日金曜日、今朝の顔はじっくり見て下さい。麻生さん、浮かない顔をしてますね。また何か言っちゃったんですかね、麻生さんが。未曾有な事を言って大騒ぎになるんじゃないか。(この時みのもんたは未曾有を『みぞうゆう』と麻生さんを皮肉りわざと発音しています。)ナチス政権例示発言を撤回。先月の29日のことです。麻生さんは憲法改正をこんな発言をしたそうです。『ワイマール憲法もいつの間にか変わってて、ナチス憲法に変わってたんです。誰も気付かないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。』麻生氏『私の真意とは異なって誤解を招いたことは、大変残念、遺憾に思っております』

 麻生太郎副総理72歳。

 先月29日東京都内で開かれたシンポジウムで、憲法改正について次のように語りました。

 麻生氏「ワイマール憲法もいつの間にか変わってて、ナチス憲法に変わってたんですよ。誰も気付かないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。」
 
 麻生副総理は憲法論議は静かな環境で進めるべきだ、と言う認識を示そうとしたものと見られますが、ナチス政権の手法を肯定したとも受け取れる発言で海外からは批判が相次ぎました。


 中国外務省は「日本の主導者がナチスを真似て憲法改正の手続きを進めようと公然と述べたことは、アジアの近隣諸国と国際社会の日本に対する関心と警戒心を引き起こさざるを得ない。」

 またアメリカのユダヤ人人権団体『サイモン・ウィーゼンタール・センター』は声明を発表し

 「どのような手口をナチスから学ぶ価値があるのか真意を明確に説明せよ。」と麻生副総理の発言を批判しました。

 こうした反応を受け、昨日麻生副総理は発言を撤回。

 麻生氏「私のナチス政権に関する発言が、私の真意とは異なって誤解を招いたことは大変残念、遺憾に思っております。憲法改正については落ち着いて議論する事が極めて重要だと何回もあそこで申し上げたと思います。」


 麻生氏「この点を強調する主旨でこの研究会においては、喧噪に紛れて十分な国民的理解および議論のないまま進んでしまった悪しき例として、ナチス政権下のワイマール憲法に関する経緯をあげた所なんです。私がナチス及びワイマール憲法に関わる経緯について、極めて否定的に捉えているということは全体の流れを見て頂いたらはっきりしてると思いますんで、発言全体から明らかだと思っております。ただこの例示が誤解を招く結果となったので、ナチス政権を例示としてあげたことは撤回したい。そう思っております。」


 みの「これ麻生さんの言葉じゃないね。はっきり言って。麻生さんに直接聞きたいね。麻生さん、何か読んでるんですか。誰かが書いた文章を読んでるんですか?真意がしんし、言葉の使い方も間違っています。これ読んでるんじゃないですか?何か。」
 (麻生さんがペーパーを読んでいるのは画面を見ていたら分かること。でもそれの何処が悪いのでしょう。おかしくも何ともない点を論いカメラを睨むみのもんた。歪な性格がよく反映された場面です。)


 与良氏「まあ多分そうだと思います。私はほぼ詳細な発言録をシンポジウムのね、読みましたけれども、真意が違うというわけだけれど、悪しき例としてナチスドイツをあげたっていうんだけれども、手口学んだらどうかねとは言わないですよね。そこが最大のポイントでして。」


 与良氏「ドイツ国民は選挙でヒトラーを選んだんですよ。は正しいです。ワイマール憲法という当時ヨーロッパで最も進んだ憲法下にあってヒトラーが出て来たんだから常に憲法は良くてもそういったことは有り得るという事ですよ。ここまでも全く正しいです。この認識も正しいです。ワイマール憲法もいつの間にか変わっててナチス憲法に変わってたんですよ。誰も気付かないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。まずこれ歴史的事実が全く違ってるのは、ワイマール憲法がナチス憲法に変わった。要するにナチス憲法って無いです。そう言うものは作られませんでした。憲法を事実上消滅させるような法律。全権委任法って言うんですけど、そう言う物が出来たのは確かなんです。それでワイマール憲法って言うのは事実上消滅したって言いたかったんだろうけれども、しかも誰も知らないうちに変わったかって、それも事実誤認です。結局言いたい事は静かな環境で憲法改正論議をやろうと麻生さん言いたいようですけど、静かな環境で冷静な議論まではいいんだけれども、誰も知らないうちに憲法を変えるっていうのが正しいっていう風に言ってるわけですよね。その手口学んだらどうかねって言ってるわけだから。じゃあ憲法も、このナチスの話は別としてですよ?憲法も誰も知らないうちに変えた方がいいんですか?っていうように、どうしても聞こえるんですね。で、長い文章読みましたけれども、言いたい事は静かな環境でやるべきだと。あんまり騒ぐなと言ってるわけですよ。憲法改正について。自民党は静かな環境であの草案を纏めたんだとも言ってるんです。という事は、あまり騒いだ、反対するなとも読めたんです。そういう中でいずれにしてもナチスを例に挙げる事そのものが、全く国際的常識を外れてますよね?悪しき例としてあげたんだって言うんだけれど、どう考えたってどうでしょうか?あの手口学んだらどうかねっていうのは、これを参考にしようと、こういう方法をね、っていう風にやっぱり取りますよね。
 (麻生さんのコメントを読んだ上で、「悪しき例として挙げた」という所を無視し、「これを参考にしよう、この方法を」という歪んだ受け取り方しか出来ない与良氏の方が余程問題があります。)


 尾崎氏「私も与良さんが仰った文読んだんですけど、麻生さんがナチスを賞賛する意図はないだろうと。それは良く分かったんですよね。ただ彼の話し方の特徴ですけど、日本語で聞いてても解釈が分かれるようなことを良く言われますよね。まあ解釈が分かれる曖昧な事を言うから彼の話は面白いという、そういう面は確かにあると思うんですけど、ただ本当に気をつけてもらいたいのは、これが英語に直されて通訳者が適当に、適当じゃないけれども、意訳するわけですよね。意訳してまず内容がねじ曲がって、それが一人歩きして、一人歩きする間に内容が変わっいくわけですね。それがまた逆輸入されるっていう事が麻生さんの過去の発言でもそういうことありましたから、」(尾崎氏がまともな発言をしていると、途中から与良がまたそれに対し否定的な発言を始めます。)

 与良氏「これはね、ちょっとね、解釈を間違えるとかっていうちょっと次元じゃないと思うんだよね。」


 吉川氏「ナチスを国際社会の常識として、いい事であれ悪い事であれナチスを例に挙げるって言うのは言語道断ですよ。やってはいけないことだと思いますよね。」


 みの「ドイツ国民はヒトラーを選んだんだよって言ってるんですよ。」
 (みのは何が言いたいんでしょう。)

 与良氏「まあそれは正しいんです。ヒトラーが正規のクーデターじゃなくて選挙を通じて出て来たっていう下りまでは正しいんです。だけどその後横暴なことをやったのを誰も知らないうちにやったのを真似したらどうかね?って言ってるわけですから、」

 みの「日本もそうしろって言ってるの?」


 与良氏「そうとしか聞こえませんね、やっぱり」

 尾崎氏以外の人間達は最終的には麻生さんがいくら撤回のコメントを出していても、最初の発言を取り上げ、それを曲解し視聴者に伝え、麻生さんがナチスのやり方を踏襲しようとしているかのような印象を与えていましたが、これは明らかに視聴者に対する洗脳です。

 最後に、各党の党首が麻生さんの発言に否定的なコメントを寄せている中、維新の会の橋下代表のコメントが、麻生さんの真意を理解した的を射たものでした。


 
 橋下氏「ちょっと行きすぎたブラックジョークだったんじゃないでしょうかね。だからそれが色んな誤った伝わり方をしたんであれば、財務大臣のご判断で修正されればいいと思いますけども、ナチスドイツを正当化した、そういう発言では決して無いと。それは国語力があれば、そんな事はすぐ分かりますよ。
 
 国語力があったのは尾崎氏だけだった事が証明された、今朝の朝ズバでした。

 それからもう一つ。
 この番組内で放送された臨時国会開会前日の山本太郎の発言。


 この人、何か勘違いしてません?
 後ろにヤバイ集団が<スクープ速報〉山本太郎氏の選挙参謀と菅直人元首相の“深い仲”ついているとの噂もあります。
 こんな大口を叩けるのもそのバックの存在のせい?と。
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。