AX オバマは米国版鳩山由紀夫!ケビン・メア氏『オバマ大統領にモノ申す』そこまで言って委員会 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマは米国版鳩山由紀夫!ケビン・メア氏『オバマ大統領にモノ申す』そこまで言って委員会

 本日は先日の日曜に放送された「たかじんのそこまで言って委員会」にご出演されたケビン・メア氏の『オバマ大統領にモノ申す』からの書き起こしです。
 
131113_140521.jpg
 元アメリカ国務省日本部長ケビン・メアがオバマ大統領にモノ申す。
 
 16日間にわたって政府の機能不全にアメリカ国民を巻き込み、全世界をデフォルトの恐怖に陥れた共和党とオバマ大統領の対立。
131113_140607.jpg
 期限ギリギリに暫定予算の成立に漕ぎ着けたものの、世論調査では『どちらも勝者ではない』の回答が70%に登り
131113_140637.jpg
 『オバマ大統領の印象が悪くなった』とする人も41%に達するなど
131113_140653.jpg
 オバマ大統領の求心力が急速に低下している。
 
 振り返れば、このところオバマ大統領の指導力不足を思わせる騒動や出来事が続け様に起きていて
131113_140821.jpg
 6月には元CIA職員が米国情報当局による違法な情報収集活動を暴露し亡命。
131113_140851.jpg
 シリアの化学兵器使用問題ではオバマ大統領の強硬路線ではなく、ロシアプーチン大統領提案の平和的解決が受け入れられ。
 先月には議会対立で外遊をキャンセルしたため、APECやASEANでは中国ばかりが目立つ結果に

 こうした現状に不満を募らせているのが、アメリカ国務省の元日本部長ケビン・メア氏。
 81年に国務省に入省以来、アメリカ大使館安全保障部長。駐沖縄総領事などを歴任。
131113_141045.jpg
 国務省を退職した後も、「決断出来ない日本」「自滅するな日本」などの著書で日本に対してモノ申し続けて来たメアさんだが、ここに至ってついに本国アメリカの大統領にモノ申す
131113_141110.jpg

131113_141140.jpg
 シリアの化学兵器問題似関する無能な決断のやり方は危ない!
131113_141159.jpg
 自分が大統領であることを十分自覚して、米国の大統領らしく指導力を発揮せよ!

 山本アナ「ケビン・メアさん、宜しくお願い致します。」
131113_141258.jpg
 山本アナ「早速なんですが、メアさんがオバマ大統領にモノ申したい。こちらです。」
131113_141339.jpg
 
 メア氏「まず、元外交官が自分の国の大統領にモノ申すことはちょっと微妙ですけど、でも折角そこまで委員会ですから言います。」(場内爆笑)

 山本アナ「いいんですか。・・・有り難うございます。」

131113_141435.jpg
 メア氏「どうせ日本語分からないからね。(会場爆笑)私は2年ぐらい前に決断出来ない日本の本を出しまして、これからまた本を出すんだったらタイトルはもう決まってる。『決断出来ないアメリカ政府』非常に問題になってる。はっきり言って、アメリカ人としてちょっと恥ずかしいぐらいになってるでしょ?最近の米国の政治は。オバマ大統領の最近の世論調査見ると支持率は41%に落ちて、上手くやっていない、嫌がっているの統計数字は45%。初めてネガティブはポジティブより高くなった。」
131113_141832.jpg
(リビアの米領事館襲撃テロ事件=2012年9月11日。リビアの米領事館が襲撃され、米大使を含む4人が殺害された事件。大統領選を控えていたため、オバマ政権は当初テロとの分析を意図的に隠蔽したのではと、その対応に批判が集中した。)


 メア氏「何故こうなったかって言うと、一年以上前からリビアのベンガジの大使館、大使が攻撃して暗殺されてる事件があって、その時は大統領が最初テロ組織ではないと言って知らない振りをした。分からなかったらちょっと馬鹿らしいでしょ?大統領だったら。そう言う情報が初めからあったから。それで国民からの支持率が落ちる事になったし、その後がアメリカの安全保障局のスキャンダル。スノーデンという人が発表したし、アメリカ国民が一番怒ってた事は自分の電話やEメールも読んでるし、凄く反発があった。」

131113_142014.jpg
 宮崎さん「プライバシーを侵されたと。」

 メア氏「プライバシーの問題。完全に無くなった。私は元々弁護士でしたから、それははっきり憲法違反です。それで最近オバマケアの問題。予算とデフォルトの問題でオバマ大統領が国内予算を取れない一つの理由は、多分ホワイトハウスの大統領としての力の使い方を良く分かってないと思います。前の大統領達、ニクソンとかレーガン、ジョンソンとかだったら、こういう事態になると、予算に支持しない議員達を呼んで、『お前達の選挙区でどれぐらい連邦政府の施設があるか分かってる?協力しないと無くなるよ』と、悪いけどそう言う政治のやり方をしないと何も動かないと。」

131113_142135.jpg
 宮崎さん「個別に1人1人呼んだり、電話をかけたりするんですよね。」

131113_142253.jpg
 メア氏「そうです。多分、大統領の仕事はあまり好きじゃないんです。説得すべきだと思ってる、そういう汚い政治の仕事はやりたくない。でもシリアのことは一番大切。シリアのやり方は一番危ない事ですけど、外交の基本はやる覚悟がなかったら、やると言って脅すことは駄目です。馬鹿な事です。それは基本的な事です。でもシリアの場合は最初に科学兵器を使った時に、大統領は十分な証拠が無い。今判断しない。今決断しなくていいと。でもなんか最近否定できないぐらいの化学兵器を使った証拠が出たから無視出来なかった。それで大統領が言った事は『私はシリアを攻撃するかどうか判断する権利がある。』大統領の方がそれは法律上正しい判断。でも決断しなかった。議会に任せた。そして議会に任せた後、ロシアのプーチンに任せた。それは米国国内で本当に無能に見られているやり方。という批判が強い。本当言うと、もう鳩山政権みたいになっちゃった。
 
131113_150348.jpg
 パネラーの方々も思わず笑ってしまっています。
131113_142317.jpg

 メア氏「でもアメリカで鳩山みたいなやり方って言われても、ほとんどのアメリカ人はどのくらい批判されてるか分からない。(場内爆笑)
131113_142347.jpg

 メア氏「後、シリアの問題で危ない事は中国と北朝鮮がどう見てるかという基本的な安全保障の問題です。」

131113_142426.jpg
 宮崎さん「それは日本の側からも非常に不安があって、たとえばオバマさんは演説なんかで、最近ね、アメリカは世界の警察にならないと。ずっと何度も言ってますよね。まあ世界の警察にならないのはいいんだけれども、何かそのメッセージと今度のシリアの軍事介入を巡るすったもんだと、そして例の予算上限の件で東南アジアの歴訪を止めちゃったでしょう?こういう姿勢を見てると、何か世界からアメリカがセットバックしつつあるんじゃないかと言う風に日本から見ると見えてしまうという。」

131113_142531.jpg
 メア氏「私も同じ懸念はありますよ。東京にある政府の外務省、防衛省の知り合いの中でも同じような懸念がある。はっきり言うと。‥でも強調したい一つの事はアメリカが弱くなってる。安全保障関連が機能しなくなるという恐れはほとんど無いと思います。何故かと言うと10月3日の2+2。外務大臣と防衛大臣が会った時に日本にある防衛能力、軍事能力を続行するという計画をはっきりしました。誤解されてることはアメリカが弱くなってるからアジアから引き上げる。削減するという。全くその動きはありません。国務省、国防総省の中でも厳しい予算状況であっても、全く日本から引き揚げるべきだという話は無いんです。逆に増強する方がいい。何故かと言うと予算だけ考えると日本から貰ってる接受国支援は高いですから、アメリカ軍は予算だけの話であれば、米国に配備するより日本に配備する方が効果的です。予算からいうと。」

131113_142650.jpg
 宮崎さん「接受国支援っていわゆる思い遣り予算ってやつですか。」

131113_142718.jpg
 メア氏「思い遣り予算っていう言葉は私は嫌ですが、思い遣りだから責任分担です。でもそれは凄く重要なポイントで、2+2でヘーゲル国防長官が言ったことは、尖閣諸島を考えると、安全保障条約の対象になるし、中国からの一方的な威圧的な行動は反対します。はっきり言いました。これは有意義な発言です。でも日本側の役割を考えると、幸い日米安全保障関係、防衛関係、熟してる関係ですから、事務レベルはちゃんと機能しています。考えると前の鳩山政権の中でもちゃんと機能してた。菅政権の時もちゃんと機能してた。今逆にアメリカが弱くなっても安倍政権はちゃんとしたリーダーシップを指導力を発揮している政権ですから責任を肩代わりというか。」

131113_142800.jpg
 筆坂さん「ただケビンさんね、オバマ政権の外交力が落ちてる。で、逆にいうと日本がTPPでもASEAN外交、アジア外交でも存在感増していく。別にアメリカを敵に回すという意味じゃなくて補完という意味も含めて、日本が存在感を強めていくチャンスでもあると言う風には見られますよね。」

 メア氏「そうです。それは正しい考え方。そして2+2の共同宣言でアメリカがはっきり言った一つは、日本のこれから安全保障の面のいわゆる防衛能力の増強とか、日本側の抑止力向上を歓迎すると言いました。」

131113_142849.jpg
 竹田さん「2+2の時に千鳥ヶ淵の霊園に参拝をされたと言う事で非常に嬉しくニュースを拝見したんですけど、是非靖国に。」

131113_142913.jpg
 メア氏「それはあまり期待出来ないと思います。」(場内爆笑)

131113_143001.jpg
 加藤さん「あれは逆にお聞きしたいのは、お二人揃って千鳥ヶ淵に行ったって事は逆に靖国に行くなよっていう牽制の意味があるんですか?」

131113_143023.jpg
 メア氏「そう言う臭いもあったね。でも一番大切な目的は日本の国民に対する日米が悲劇的な第二次大戦で敵であっても、そこに行って日本側の兵士達に敬意を表すると。そのぐらい緊密な同盟パートナーになったという事を示したかった。で、もちろん日本と韓国の関係を考えると、アメリカも困ってる。韓国。特に最近韓国に対して困ってる。

131113_143115.jpg
 宮崎さん「いや、だって朴槿惠さんは従軍慰安婦を侮辱するような国とは話せないと。首脳会談できないと仰ってるわけですよね。ヘーゲルさんに対して。」

131113_143144.jpg
 メア氏「だからアメリカ政府の目から見ると、何で韓国がアメリカに対して、アメリカと別の国との関係を言う立場があると思う事自体が反発してるんです。考えると米国と日本も歴史問題があったよ。戦争した相手です。でも乗り越えてる。我々が越えることが出来たならば日本と韓国も乗り越えるべきです。」

 山本アナ「ここまでメアさんのモノ申すご意見を聞いて皆さんに伺います。共感出来る。出来ない。スイッチオン。」

131113_143227.jpg
 メア氏「全員一致。光栄です。あんまりないですよね。」(場内爆笑)

131113_143306.jpg
 山本アナ「オバマさんがまだ3年だって言う風にね、これはちょっと本当長い3年になりますね。」

 メア氏「そうでしょう?私は別に共和党でもないし、民主党でもない。かなりインディペンデントだけど、でも大統領を考えるとどっちの党の大統領であっても、成功して欲しいんです。」

 山本アナ「プーチンみたいな人が大統領だったらどうなんですか?」

 メア氏「プーチンはちょっと」

 加藤さん「初の女性大統領の可能性は如何なんでしょうか?クリントンさんが次の大統領になる可能性は」

 メア氏「確かに彼女はビル・クリントンより良い大統領になると思います。」

131113_143421.jpg
 加藤さん「あれはただの女好きなんでしょう?私だって担当してたから言うんですけどね。」(加藤さんの小指で場内爆笑)

131113_143449.jpg
 山本アナ「ケビン・メアさんでした。どうも有り難うございました。」

 前回の慰安婦問題の時とは違い、今回のメア氏の発言内容は問題が母国の政府であるだけに、曖昧さが無く興味深く聞きました。
 中でも指導者としてのオバマの資質に対する疑問。責任を取りたくないから議会や他国のそれもロシアのプーチンに任せるという逃げ腰の態度にアメリカ人が無能と見なしている事。まるで鳩山政権みたいだという発言。
 これを心から同情し理解出来るのは、あの民主党政権下で地獄の3年3ヶ月を経験した日本人ではないでしょうか。
 変な大統領は今までもいましたが、オバマ氏に関しては変というより、そのどっちつかずの曖昧な言動からこれまで余りないタイプの人という印象は持っていましたが、ケビン・メア氏の口から鳩山由紀夫と聞いて非常に腑に落ちた気持ちがしました。
 オバマさんの任期が後3年と山本アナが言った時に見せたメアさんのうんざりした顔にも心中お察し致しますという感じです。

 後、朴槿惠の言動にアメリカも困っているという発言も、これまでメア氏からは聞いた事がなかっただけに、余程困ってることが窺えましたが、この事は先日『報道2001』にご出演された西尾幹二さんが『ブラックウォーター』で詳しく仰ってて、それも含めた上での困惑という気もした次第です。
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。