AX 福岡政行氏 橋下徹氏及び維新塾を語る。 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡政行氏 橋下徹氏及び維新塾を語る。

 オリンピックを目前に、今のうちにHDDの容量を減らそうと録り貯めていた番組をDVDに移す作業を始めました。

 うちのHDDレコーダーは殆どが政治関連物ばかりで(好きな議員が出る時の国会中継と朝まで生テレビ、たかじんのそこまで言って委員会、たかじんNoマネー、たけしのTVタックル等々・・・)その中から捨てる物、DVDに残す物など一々見ながら決めていたら思いの外時間が取られましたが、掘り出し物も見つかったりして楽しく過ごせました。

 その掘り出し物の中で、その時は大して気にも止めなかった番組でしたが、今になって「これ言えてるわぁ。」と思うものがありましたので、少しずつUPしていこうと思います。

 その中で今日は今年2/20日放送の「たけしのTVタックル」での福岡氏の発言です。
 
 番組では橋下氏の「船中八策」を取り上げていまして、まだその頃はこのような番組でもコメンテーター達が橋下氏を持ち上げようとする空気が満ちていた訳ですが・・・。その中で福岡氏は。

 「身分保障の問題は、大阪市役所と大阪府庁の色々な話を聞くと、人間関係がギスギスするからある程度の物で抑えないと。・・・というのは橋下徹というこの首長、市長はね。イエスマンしか傍に置かない。それから後任も大阪維新の会の府議や市議をですね。・・・大阪市役所を見てると、言いにくいが民主党チルドレン、ガールズよりもっとひどい。大学生の同好会のノリですよ。」

 「たまたま私に相談があった方が、ある大金持ちの方で、この方が維新の関係者から『入塾して下さい。』つまり選挙資金は自分でやってもらう。そしてイエスマンになってくれればおそらく後任をする。そういうような事があるので・・・。橋下維新の会の動きは早いですよ。二重行政でも。それから人件費の確保でも14.何パーセントやるというのはね。大阪にずっと行っていてそれを感じます。」

 「だけどもそれだけでいいのかと言うこと。それはやっぱりね、多くの疑問を持たなきゃいけないし、彼は最終的にイエスマンしか傍に置かないから・・・。」


 ここで阿川佐和子氏が福岡氏の話を遮り口を挟みます

 「でもイエスマンじゃないノーマンの人達の意見も、あっちも取り入れこっちも取り入れするから民主党は何も前に進まないんですよ?」
(この発言は正しい事は正しいのですがこのタイミングでは、ただ福岡氏の発言を止めたいが為だけに民主党をやり玉に挙げただけのような)

 ここで須田氏も橋下擁護を・・・。
 「福岡さんそう言うけれども、橋本さんの場合は民意っていうのかな?要するに選挙を経てますよね?選挙という民意を得て自分の政策を進めようとしてるんだから、それに反対する人間を周りに置いてどーするんですか。」

 福岡氏「それが、須田さんが言うんだけどね。橋下徹の立ちレコや色んな記者会見聞いてるとね。困ってくると最後にはね。『私は大阪市民に選ばれた市長なんです。』これは確かにそれは正しい。だけどその事は1930年代のヒットラーが議会闘争に入ってナチス党を作って第一党になってね。最後は親衛隊を持って来てね。あーやって独裁政治をする。」

 須田氏「それは極論過ぎますよ」

 福岡氏「いや、極論過ぎない。そんなに彼は力がないけども。」

 須田氏「ただ有権者の民意をどう受け止めるのかという事に対する答えは何も出て無いですよね。」

 ・・・と言う事で、最終的には何となく曖昧な雰囲気でこの話は終わってしまうのですが、今になればこの福岡氏の発言は正論だったとつくづく感じる次第です。

 でも、これはここだけの話では終わってなかった事を最近橋下氏のツイッターから知ったわけです。

 橋下氏の2月23日のツイッターを見ますと・・・
 橋下氏のTwilog

 ここで橋下氏は、「いやー、この人久々に観たら、もの凄いことになっていた。何なんでしょ、この勘違い学者は。福岡政行氏。この人、おはじきか何かを使って選挙の出口調査をやったってくらいの実績しかない人。この人のためになる政治学知見を聞いたことがない。ご多聞に漏れず、早稲田出身の学者。ダメですね~早稲田は」と、出身大学から嫌味を言い始め、延々と福岡氏叩きを始めます。

 そして、話は件のTVタックルへ・・・

 橋下氏「福岡氏は、橋下はYESマンばかりを側に置いている、っていつもの陳腐なコメント。じゃあ、今の人事ではなく、どういう人事をしたら良いのか対案を出して欲しい。と言ったら、もう学者は何もできない。YESマンって一体何なのでしょう。意見も言いながら忠実に実行してくれる職員はYESマン?・・・トップの判断に猛抵抗して事務執行しない職員が理想の職員?福岡氏は組織を動かしたことがないから何も知らない、知識がない。トップはあらゆる情報源から情報を入手する。最後に判断するのはトップ。決まったことはしっかりと実行する組織にしなければならない。それはYESマンとは言わない。」

 今や大阪は全国一恥ずかしい事件ばかり起こしてる地域と成り下がっているというのに、良くこれだけ自分が取り上げられた番組に感心を注いで時間を潰していられるなぁ・・と呆れてしまったり。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。