AX 竹田恒泰氏 『女性宮家創設は皇室を滅ぼす』 ゾッとするヤバイ話1 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹田恒泰氏 『女性宮家創設は皇室を滅ぼす』 ゾッとするヤバイ話1

 先日、民主党は女性宮家創設について、「天皇の子や孫である内親王に限り、本人の意思によっては、結婚後も皇室に残ることを可能とする」とし、「女性宮家創設」について検討を進めると、5日の閣僚懇談会に報告した。」と発表した事を知りまして、これは以前たかじんのそこまで言って委員会で竹田恒泰さんが案じていた方向へ向かいそうな事を懸念し、その時の放送を書き起こしてみようと思いました。

 たかじんのそこまで言って委員会 8/19日

 ゾッとするヤバイ話。
 暴挙!『女性宮家創設は皇室を滅ぼす』
 
140328_095647.jpg
 皇室典範の第一条には、「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。」と明記されているが、現在は皇太子様、秋篠宮様の次の世代の皇位継承資格者が悠仁様だけとなっている。
140328_095805.jpg

 そこで政府は皇族女子が、結婚後も結婚後も皇室に留まることを可能にする『女性宮家創設』に向けた、有識者ヒヤリングを行い、ジャーナリストの田原総一朗氏ら8人が女性宮家創設に賛成する考えを示し、
140328_095834.jpg
140328_095854.jpg
櫻井よしこ氏(含め4人)は女系天皇に繋がりかねないと反対を訴えていましたが、
140328_095927.jpg
今月一日藤村修官房長官は「論点や方策は概ね出揃った。一区切りにしたい。」と、ヒヤリングを打ち切る考えを示した。

 政府は既にヒヤリング結果の取り纏めと、論点整理の作業に着手しているというが・・・。

 明治天皇の玄孫で憲法学者の竹田恒泰氏はこう断言する。
140328_095951.jpg

 「女性宮家の創設は、皇室を滅ぼす」
140328_100009.jpg
 もしそれが本当ならゾーッとするどころでは済まない話だが・・・

 竹田氏は『女性宮家創設』について3つの警告を発している。
140328_100049.jpg

 1.女性宮家を創設しても、天皇陛下のご公務の軽減にはならない。

 2.女性宮家創設は「天皇の終わり」の始まり。

 3.女性宮家創設は皇室を廃絶する運動の一環。

 この後、竹田氏に女性宮家創設の裏に隠されたゾーッとする話をタップリと語って頂きます。


 辛坊氏「女性宮家は皇室を滅ぼす。竹田恒泰さんです。宜しくお願い致します。ポイントを元にないよう説明して頂きます。」

140328_100119.jpg

 竹田さん「まずこの話に入る前の大前提なのですが、田嶋さんはね、女性の権利と言う事で何回かこの番組でやりとりしたことあるんですけれども、この女性天皇、女系天皇、もしくは女性宮家の話というのは女性蔑視、男女同権の話と絡めて語られることがあるんですが、これは全く関係のないものだという事はまずちょっとお話ししときたいんですね。」

140328_100318.jpg
 田嶋女史「それも貴方の考えね。」

 竹田さん「いや違います。これは事実を申し上げますけれども、2千年間日本の皇室は民間から女性を受け入れ続けて来た。ですから現在の天皇陛下のお后も民間ご出身ですし、大正天皇、明治天皇のお后も民間ご出身です。ただ民間の男性を皇族に迎え入れたことは、ただの一度も無いんですね。つまり男を排除し続けた2千年であって、女性は受け入れ続けて来たんです。むしろ、男系継承というと男が良くされて女性が虐げられているイメージがありますが、全く逆で男性を排除し、女性を受け入れて来た。」

 田嶋女史「言い方を変えれば利用してきた。ね。」

140328_100351.jpg
 竹田さん「そこから先は解釈ですから。僕が言ったのは歴史的な事実の事を言っているので、それはむしろ女性を排除するものではない受け入れて来たのだと言う事。そこを抑えて置いて頂いた上で、『女性宮家の創設』の問題がどういう理由で皇室を滅ぼすか。」

140328_100441.jpg
 辛坊氏「一、女性宮家を創設しても、天皇陛下の御公務の軽減にはならない。」
 
 竹田さん「これはですね。羽毛田前宮内庁長官と野田総理が嘘を付いています。どういう事かと言いますと、今、この女性宮家で話題になっているのは、女性皇族6方ですね。成人女性皇族が6方。で、ご結婚と共に現在の典範によりますと、民間人になられるという事なんですね。という事はもう成人されてますから、一番若い方が二十歳、真子内親王殿下、一番年長者がですね、寛仁親王殿下のご長女であられる彬子女王殿下が30か31だったと思いますけど、後4~5年でですね、次から次へとご結婚によって皇族の人数が激減するという、まあそういうような話なわけですね。・・・でもこれはですね。前提がありまして、そういった女性皇族方が天皇のご公務を担っていた場合の話ですから。これ実際はですね、女性皇族方が天皇陛下のご公務を担うことはありません。これは断言します。」

 辛坊「じゃあ、何の為にそんな事したのかという話ですが、まあそれは多分追々出て来るんだろうと思います。では2番目。女性宮家創設は「天皇の終わり」の始まり。」

140328_100549.jpg
 竹田さん「天皇は何故天皇か?という話なんですが、別に何か人気があるからとか、優しいからとか、徳があるから天皇になってるわけじゃなくて、最終的には血統なんですよね。どんな職業もなる方法があります。それこそ俳優でも医者でも弁護士でも、アナウンサーでもなる方法がある。ただなれるかどうかは本人の気質とか運があると思うんです。ただ、天皇になる方法は無いんですね。ですから天皇になるというのはその星に生まれた者がですね、運命を背負って粛々となるわけであって、何か違う条件で天皇になるものではないわけなんです。天皇は血統の原理なんですね。この2番の恐ろしさは、その血統を断ち切ろうという話になります。具体的にどういう事かと言いますと、女性宮家というのはですね、必ず、今、政府は一代限りと言ってますけども。一代限りなんか出来るわけがない訳でして、女性皇族が当主となって婿を取るという話になる訳なんですね。で、婿を取ると言ったら普通はですね、婿養子であって養子に来た人が当主になるわけなんですけれども、女性宮家の話は女性の方が当主なわけなんですね。それで生まれた子供には皇位継承権を与えないと言う訳なんですけども、これはですね、実際にはそうではなくてですね。、今悠仁親王殿下お一人だけですから、後々この女性宮家が三つ四つ五つと出来てきた時に、当然男のお子さんも何人かお生まれになるでしょう。そしたら『この人達でよくない?』という話に必ずなるはずなんですよね。民間出身の男が入ってきて、その子供が皇位を継承してくるって事になると、男系の血筋を引かない天皇というのが歴史上初めて成立することになります。」

140328_100739.jpg
 宮崎さん「それで、何で今は一代限りという風に言ってるんですか?」

 竹田さん「これはですね、宮内庁‥えーっと官邸がですね『保守派が黙ってくれるにはどういう言い方をしたらいいだろうか』ってことで何ヶ所かにヒヤリングをしてるんですね。そうしたら保守派はとにかく男系継承さえ守れれば乗ってくれるんじゃないかという。そこで『大丈夫ですよ。一代限りにするから男系は守られます。だから女性宮家をまずして人数を確保しましょう』っていう、そして時間が経ったら後はどーなるかという話で。」

 宮崎さん「じゃあ非常に姑息な言い訳で。」

 竹田さん「姑息です。国民を二重に騙してると思いますね」

 辛坊氏「次に三番目。三.女性宮家創設は皇室を廃絶する運動の一環。」
140328_101007.jpg

 竹田さん「まずこの女性宮家を訴えている人は誰かと言ったら、これは羽毛田前長官ですよね。羽毛田前長官が何故宮内庁長官になったか知ってます?・・・別に皇室について崇敬心があるとか、もしくは歴史に詳しいとか、一切無いです。これは古川貞二郎元官房副長官の後輩だったから使命を受けただけです。この女性天皇や女系天皇の小泉政権下のあの議論の中心人物が古川貞二郎元官房副長官。ただ高級官僚ですからやり方が浅はかなんですね。宮内庁から反対されたら、一寸やりづらいという事で、事前に宮内庁に自分の言いなりになる人間をポストとして配属しただけです。そもそもですね、有識者会議、小泉政権下のあの女性天皇女系天皇の話というのは古川貞二郎氏が中心人物なんですけど、彼は橋本政権下から、この女性天皇女系天皇の研究を始めています。つまりですね、まだ橋本政権下といえば平成八年とかそのぐらいですから、まだまだ皇族方に男のお子様がお生まれになる可能性がいくらでもあった時分にですね、その時から女性天皇女系天皇という事を虎視眈々と準備しているわけですね。」

140328_101111.jpg
 宮崎さん「有識者会議の中心人物だった古川さんっていう人は、ずーっともう政治と深い関わりのあった方じゃないですか。」

 竹田さん「旧社会党と非常に強い。」

 宮崎さん「どういう意図でそういう事を考えたんですか」

140328_101032.jpg
 竹田さん「おそらく左翼冥利に尽きるという話だと思うんですよ。要はですね、そういう切っ掛けを作って皇室が弱体化すれば、とんでもない手柄ですよね。だってこんなに躍起になって女性宮家をやろうとする意味が分かんない。」

 辛坊氏「議論を深めて頂く前に皆さん、この話がゾッ?かゾゾッ?かゾゾゾッ?か一斉にドン」

 津川雅彦氏がゾッ?、宮崎さん、田嶋陽子氏、山口もえさんがゾゾッ?、加藤清さん、ざこば師匠、勝谷さんがゾゾゾッ?という回答です。

140328_101211.jpg

 この後、田嶋陽子女史のオバカ反撃が始まるのですが、長くなってしまいましたので、Part2へ譲ります。

 因みに本日羽毛田宮内庁前長官が本日のインタビューで


 宮内庁前長官「女性宮家」創設議論に期待感

 将来的に皇族が減少していくとの懸念を去年、野田首相に伝えた宮内庁・羽毛田信吾前長官が9日、日本テレビのインタビューに応じた。羽毛田氏はこの中で、政府が進めている「女性宮家」創設などの議論の進展に期待感を示した。

 羽毛田氏「現状の(皇室)制度が問題を含んでいるのは、客観的事実として間違いがないことだと思う。冷静に議論をし、その議論の中で何とか議論が集約していくような方向で物事が進んでいけばいいなと思います」

 羽毛田氏はその上で、根本的な課題として、皇位の安定的継承のあり方をめぐる議論が残されていると指摘した。

 羽毛田氏「天皇陛下は今後の皇統の問題、そのことでずっとお悩みになっていて、皇后陛下も天皇陛下のお悩みを共有していらっしゃいますから、お案じになっていらっしゃると思います」

 羽毛田氏は、皇位の安定的継承の議論については「軽々しくやることではない」としながらも、急ぐ問題だという認識を示した。(10/10 00:58)

 軽々しくやることではないと言いながら急ぐ問題だと言う羽毛田氏の発言は、この竹田さんの話を聞けば容易に理解出来る事と思います。そして恐れ多くも女性宮家に対し、両陛下がずっとお悩みなどと口実に持ってくる所など、卑怯千万。不敬の至りで、これを流した日テレの責任は大きいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すべて曲解のない日本の歴史を知っているか

ということがまずは大事かも。

竹田氏がそう考えたのかは分かりません。
ですが、歴史に学ぶのは大切ですね。
そんな竹田氏を論評するコラムを見つけました。
birthday-energy.co.jp/

古の官僚のような存在だと、評価しています。
本当はどんな人なのか、一端が垣間見えると思います。

のりお様、コメント有り難うございます。

お教え頂きましたサイトの方を拝見させて頂きました。
古事記に対する竹田氏の思いが書かれていて、大変興味深かったですし、これまで方々にご旅行された際のご経験にも興味を惹かれました。
竹田氏は大変博識な方ですし、この番組では皇室のお話以外にも、政治経済文学歴史等々多岐に渡って分かりやすく、しかもユーモアを交えながらお聞かせ下さいますので、それがこの番組を拝見する楽しみの一つともなっております。

ただ一つだけ首を傾げざるを得ませんのは、竹田さんの雅子妃の行動に対する擁護の仕方だったり致します。
西尾幹二さんの「皇太子様へのご忠言」という本を読みましたときに、それ以前から感じておりました今の皇太子夫妻に対する違和感と言いますか、疑問がスーッと溶けていくのを感じた事がございました。
それに対しまして竹田さんはWiLLにて西尾さんに反論をされてましたが、その論文を読む限りでは、何故こんなに常識的で博識な竹田さんが?と思ってしまって。

殊皇太子ご夫妻に関係のないお話でしたら、本当に説得力があり、魅力のある方なのですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。