AX 週刊ニュース新書 森喜朗氏出演『東京都知事選、政界再編の噂』について語る。 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊ニュース新書 森喜朗氏出演『東京都知事選、政界再編の噂』について語る。

 テレビ東京「週刊ニュース新書」に森喜朗氏が出演され、その中で都知事選候補の細川氏、細川氏を推薦した小泉氏、そして自民党の立場、細川氏立候補と共に浮上した政界再編についてお話しされました。
 まずは都知事選について・・

140122_150357.jpg
 中川アナ「森さんは2020念頭今日オリンピック組織委員会の会長に就任されると言う事で今後は東京都知事とタッグを組むことになります。その都知事、新しい方は誰になるのでしょうか。森さんは今回の都知事選挙をどのようにご覧になりますか?」

140122_150453.jpg
 森氏「今の問題点をどうするこうすると言う事も判断基準でしょうが、これから4年間しっかり都政をお任せする。場合によれば8年になるかもしれませんね。それをしっかり託せる方を選んで頂くと言う事じゃないでしょうか。オリンピックの方もオリンピックだからどうこう言う訳じゃないけれども、オリンピックは東京都がやりますと言って宣言して日本政府も国民の皆さんもバックアップして東京にやっと迎える事が出来たんですよね。これは世界に対するお約束ですから、誰が都知事やってもやらなきゃいけないことなんです。しかし、出来れば知事さんは4年で終わっちゃうんで、オリンピックは6年先でしょう?そう言う事を思うと、しっかり地に足を付けた知事を選んで欲しいなっていうのは我々オリンピック関係者の気持ちとしてはそういう希望ですね。」

 田勢氏「東京都か大阪都かこういう大都市は無党派層が多いせいか、どうすれば勝てるかと言うので人気とか知名度とかそう言う事が先行しすぎるような、今までの選挙見てますと、そういう傾向がありますよね?」

 森氏「どうしても党の方も悪いんだけれども、各政党もね。どうしても人気投票的になると。で、過去のことを振り返ってみて、どなたが良いとか悪いとかその人の事をどうこういうわけではないが、人気的に選んでどうだったのかといえば、たとえば青島さんも途中で投げ出したようなことになっちゃったでしょう?それで東京博だったかな。止めるって事を公約にしてやられたんですね。その時都民はそんな無駄な事しなくていいみたいだったんでしょうけど、しかし、今のお台場のあの辺の開発や賑わいを見てると、本当にそれが良かったのかな?という事を今はやっぱり皆が思うと思うんです。大阪も横山ノックさんが選ばれてどうだったのか?最後は実に醜態を晒されたという事でしょう?だからそういう風に考えるとね、もう少し今度は東京都民の健全なしっかりした判断で4年お任せできる。場合によればオリンピックまでしっかりやってもらえる、そういう知事を選んで欲しいなと言う風に私は希望してますね。」

140122_150819.jpg
 繁田アナ「そういったしっかりした判断が必要になる都知事選なんですが、細川さんを支援する小泉元総理は今回の都知事選を『原発ゼロでも日本は発展できるというグループと、原発無くして発展できないグループとの争い』だと言っており、これに対してある自民党幹部は『郵政選挙の時と同じ手法のつもりなんだろう。あれでどれだけの迷惑を被ったことか』と違和感を示しています。森さん、こういったワンイシューで争う小泉流の選挙手法をどうご覧になりますか?」

140122_150847.jpg
 森氏「小泉さんの選挙手法と言っていいのか、あの時は長年民営化って言うのは10年以上小泉さんの一番大事な政策課題だったんですね。それが衆議院でどうやら可決もしたけれども、参議院で否決されたという事が無性に腹立たしかったんだろうと思いますよ。僕はあの晩、それならそれで衆議院は勝ったけれども参議院で否決されたんだから調整しようと、任せてくれと公邸に行ったんだけれどもね、その時は何を言っても駄目でしたね。郵政を民営化するどうこうよりも、とにかく悔しいから解散してやれというお気持ちだったと思います。でも今考えて民営化って言うのは良かった面もあるし、まだまだ弊害もやっぱり出てきたという風に思いますし、もう少し見なきゃいけないことなんでしょうね。(中略)そこで都政っていうのは一つの問題だけでやるべき事じゃないですよね。日本だけじゃなく、世界の模範的な都市になっていくという未来の都市作りというのは大事だと思います。まあ舛添さんが言っておられるような医療や福祉やそういう問題点もしっかりやらなきゃならんでしょうしね。」

140122_151144.jpg
 田勢氏「安倍政権にとっては都知事選の結果は非常に大きな影響を与えると思うんですけど、安倍さんの師匠格である小泉さんが安倍さんと反対側の方で行動を起こすというのは安倍さんと小泉さんの関係に何か変化が生じてるんでしょうか?」

 森氏「それは僕も分からないけれどね、僕なんか面白くないことありますよ。そりゃ人間だからね。でもやっぱり一緒にやってきた仲間だし、政治の舞台に引っ張り出してきたのも私ですしね、安倍さんをね。その後もっと飛躍させたのが小泉さんだし、そういう意味で言えば小泉さんでなくても皆我々は何とか上手くやってくれればいいなと、それは延いては日本のためになることだから、だから安倍君しっかり頑張れよと言うのが、ちょっとセンチメンタルリズムかな?そういう気持ちに僕はなりますね。一所懸命頑張ってるんだから。何とかここは支えてやろうよと言う気持ちがね。」

140122_151838.jpg

 森氏「で、原発の問題は誰も皆思ってるんですよ。原発はゼロにしろと言う人と、原発なきゃ駄目だという人の戦いだという風に今仰ってましたけど、原発は将来無くさなくちゃならないものだけれど、今すぐ無くせという人はいないでしょうし、色んなケースがあると思いますよね。だから東京みたいに大変な電力を消費するこの街はね、東京都で電力作ってないんですよ。全部福島県だとか新潟県から頂いていてね、ですからそれを仮にゼロにしてしまえばこれから東京都の電気っていうのはどうなるのか?それから東京にある企業やオフィスや、これどうなるのか?当然値上げもしていかなきゃならんことになるんでしょうね。各都道府県ごとに電気料金っていうのは凹凸ありますけれどね、だからそういう問題も考えなきゃならんことになりますし、私の立場から言えば6年先にやるオリンピックのためには、もっともっと電気も必要なんですよね。だから今からゼロにしてしまえって言う事ならオリンピック返上するしかなくなっちゃうんですよね。世界に対してご迷惑をおかけする事になるでしょう。」

 次は細川氏立候補で囁かれる政界再編の噂について。
140122_152322.jpg
 中川アナ「では今回と知事選でですね、構図を見てみますと細川さんの周囲に小泉さんを始め、小沢さんですとかかつての日本新党の出身者など大勢の人の顔ぶれが見られて、何か93年の細川連立政権の時の様な政界再編に繋がるのではないかという見方もあるんですが、森さんはこの動きをどのように見られますか?」

 森氏「そういう風になったら面白いとあなたは思ってるんじゃないですか?」

 中川アナ「いや、多くの方がそのようになるのかな?という風に。」

140122_152416.jpg
 森氏「ならないですよ。皆、過去の人じゃないですか。私も含めて。そうでしょう?その中でなるほどと思う人いないじゃないですか。まあ江田さんは出たばっかりで、これからどうしようかと今迷っておられるんでしょう。渡辺さんから絶縁されるし、もう既に日本維新と画策しておられるわけでしょう?だからまあ色んな動きはこれから出て来ると思います。自民党が強く大多数であるから。しかし今あなたも言ったように、元の日本新党、或いは中川さんの絵も描いてありますけど、新自由クラブとか、皆かつて自民党が面白くなくて出ていったり、自民党批判で集まった人達が離合集散。そして小沢さん、一番振り回したんじゃないですか?党を作っては潰し、党と党をくっつけては潰し、そういう方々が皆集まっておられるのは果たして国民が正しく評価していくかな?それから細川さん、どうして辞められたのかな?総理をね。僕はあの時野党でね、初めて野党の幹事長っていうのをやってました。だから細川さんの問題については随分色々と我が党の諸君達も調べてましたからね、ですからその細川さんを立てて、都知事は別ですよ?今あなたが言う政界再編をしていって、それでもう一遍小泉さんでも総裁にするの?そんなこと小泉さんがするわけ無いじゃないですか。

140122_152716.jpg
 田勢氏「自民党の中から小泉さんと行動を共にして細川さんの方へ付こうという、そういう人達が出て来る可能性ありませんか?」

 森氏「さあどうでしょうかね。心情的に親しい方もおられると思いますしね。僕も何十年も一緒にやってきましたけれどね、そういう友情と、また政策的な事は違いますんでね。まあ一番心配なのは若い諸君達ですよね。ですから小泉チルドレンというのは2回目の選挙の時に殆ど居なくなったり、小沢チルドレンっていうのも150人ぐらいいたけど、いつの間にか壊滅状態になっていますよね?この小選挙区制っていうのはそういう傾向になるんです。カナダなんかでもそうでした。かつてね。ですからこの制度である限りこういう傾向あるかもしれません。やはりどっか一党の党首が大変大きな問題を起こしたとかいうことになると、そこで選挙が近いと全員が責任取らなければならないような事になってくるケースもあると思いますけれどもね、ただ若い人達はまだまだ基盤が定着してませんし、どちらかというと空気や風で乗ってきてますから、自分の後援会全部をしっかり把握しているという事も無いですよ。あの、私的な事を言って恐縮ですが、私も43年やってましたから、私がどの政党に変わろうとどうなろうとそんな事は無かったけれども、もちろん僕は無所属で出ましたからね。今でも人は全く変わってません。動きません。だけどもその人が私の代わりに後継者で出てますが、じゃあ後援会が全部付いてるかというと、この間の選挙は付いたけど、余程自分がしっかりした人を捕まえないと次の選挙は必ず行動を共にするという事は無いと思いますよ。」

140122_153217.jpg
 田勢氏「今年の安倍政権、割りに順調に見えますけど、色々な行事を考えると4月の消費税もありますしね、明日名護の市長選挙もありますし、なかなか厳しいんじゃないでしょうかね。」

 森氏「最大はやっぱり消費税じゃないですか?もちろんある程度予測は皆しているわけでしょうけど、これは避けては通れないことですよね。元々は自民党が規範をしていって、野田さんが前に進めてくれたわけですから政党の争いではなかった。政治家として皆が真面目にこれに取り組んだ。日本の将来と社会福祉のためにという事でしょう。それがちょうど消費税とどういう風にリンクするかという事で、経済問題にスタンスをキチッと置いてやる事が大事なんじゃないですか。」

 繁田アナ「集団的自衛権の憲法解釈を磯崎補佐官は通常国会で見直すと言う構えも示しているんですが、安倍カラーが色濃くなっていっているというように見えるんですが、この件についてはどう思われますか?」

140122_153558.jpg
 森氏「それも長い課題として日本はずっと大事にしてきたことです。自民党もね。何れは段々国際的な協力関係を結んでいけば知らん顔も出来ない事なんですよ。ですがタイミングもあるんでしょう。だから今一番大事なことは今までやってきた経済財政計画が上手く行くか。一番大事なのは消費税による大きな影響。それに対して更に成長を促進させていくというその政策を今年は特に取らなきゃいかん。だから補正予算。その対策になってるし、それから次に審議する新年度の予算。これにまずウエイトをかけることだと思います。決してその集団的自衛権を棚上げにするとかそんな事じゃない。それは総理の思っておられる事だし、日本の国としても大事な所です。いずれ国民の皆さんに議論をしてもらおうという事で提起しているんだと思いますよ。」

 都知事選について、政界再編の噂についての部分だけ書き起こそうと思ったのですが、途中で森さんの前でノンビリしている猫を見てましたら可愛くて、つい他の部分も載せてしまいました。

 政界再編と噂されている面々を見ていて、森さんも仰ってるように、これら過去の人達に国を任せようなどと誰も思わない事は歴然としていますが、反日マスコミは少しでも夢を見ていたいのでしょう。

 森喜朗さんという方に対するイメージは、今回、この番組で客観的な視点に立った話をされる姿を見て、ちょっと変わった気がしました。

 それから郵政民営化の際の小泉氏の話には唖然としましたね。小泉氏は民営化どうこうより反対されて悔しいから解散しちゃえと思ったとの事。小泉氏にとって国政とはその程度のもの。国も国民も小泉純一郎という一人の狂人に振り回されてしまったわけです。これを聞けば今回の小泉氏の言動の裏を読んでしまっても仕方無いと思います。 
 
 都知事選につきましては、ネットでは田母神さんが大変人気がありますし、私自身も都市直下型の大地震に襲われるなどというニュースを聞く機会が多い昨今。
 有事に的確な判断が出来る方といえば田母神さんしかいらっしゃらないと思いますし、日本の都市である東京都の知事は変な思想を持った方にはなって頂きたくないという気持ちもあります。
 ただ自分自身は都民ではありませんので、小さな一票を投じられない事は非常に残念です。 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして。

少し前から拝見しています。
この記事を読んで都知事選について思っていた、うまく言葉にできないもやもやが解消されました。こんな番組全然知りませんでした。書き起こしてくださってありがとうございました。
森さんはマスコミからずいぶん叩かれ、私も森さんに対してかなり悪いイメージをもっていたのですが、森さんが総理を退任して少しした頃、その悪いイメージのまま、何かの選挙の応援演説をされているのを生で聞いて、なんだか思っていたような人ではないんじゃないかと思い始め、それから折に触れて発言などを聞いていると全くもって冷静に的確な発言をされているなと考えを改めました。
テレビやマスコミを通すと人の本質というのは全くわからなくなるものですね。
長々と失礼いたしました。

Re: てまり様、初めまして。

コメント有り難うございます。
私の方こそ拙ブログをご覧頂きまして心より感謝しております。
私も森喜朗さんに対しまして、てまり様と同じく総理時代のニュースやその他ネットの中などからも、ずっと良いイメージは持っておりませんでしたが、今回初めてこのような番組を拝見する機会を得まして、マスメディアの影響を改めて感じたような気が致しました。
自分も含めて過去の政治家が今更‥という所や、その他原発や消費税の事にしましても、(予想外と申しましたら失礼なのですが)分かりやすく割と納得行く話を聞かせて下さいまして、イメージが変わったような次第です。
そして何より礼を失しないようにされながらも言うべき所はドシドシ言うという姿勢を見ていて(これも失礼ながら)見直した所がございました。
本当に実際にその方の口から発せられる言葉を聞かない限り、本質は掴みにくいものなのですね。
全くてまり様と同感でございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。