AX NHK予算委員会 三宅博氏『NHKは日本と日本人の敵だ!』職員の高額給与、偏向報道を斬る。 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK予算委員会 三宅博氏『NHKは日本と日本人の敵だ!』職員の高額給与、偏向報道を斬る。

 本日は、25日に行われたNHK予算委員会で質問に立たれた日本維新の会の三宅博さんの書き起こしです。
 この日の予算委員会では、民主党議員が散々籾井会長に対し上から目線の発言を繰り返し、辞職を迫るような発言に終始した後でしたので、姑息な男達の空気を三宅さんの籾井会長に対する温かい言葉が浄化してくれたような感じがしました。
 そして、最後に思いっきり発したNHKに対する三宅さんの言葉には思わず家族で拍手してしまったような次第です。
 しかし、これまでも、そして現在も続くNHKの愚行をここまで露呈されても、出席していたNHKの職員達はあくびをしたり、書類で顔を煽いだり、馬鹿にしたような薄笑いを浮かべたり・・・。
 その様を見ているだけでも、NHKは一刻も早く解体されなければいけない事を感じます。何故国はこんな連中を野放しにしているのか不思議で仕方ありません。
 こういう連中に高額の給料を払い、偏向報道を繰り返させる為に国民は受信料を払っているわけじゃないのよと、腹立たしさが倍増して参りました。
 
140326_112135.jpg
 三宅氏「まず始めに、籾井会長の過去の言動ですね、ずっと攻撃されていらっしゃるんですけど、私は籾井さんの就任会見の時の発言。ほとんど問題無いと思うんですよ。ただね、一点だけけしからん点がある。『日本だけ強制連行していると韓国が言う』とあなた仰ったでしょう?強制連行なんかしてないんですよ。先日の予算委員会でですね、当時の石原信雄官房副長官が参考人として呼ばれてですよ、強制連行は無かったと言う事は明かになってるんですね。その部分については私はあなたの会見の発言っていうのは問題があると。それ以外についてはですね、ことさら問題にするような事は無いというふうに思います。それから百田委員さんとかね、或いは長谷川三千子経営委員ですね。両委員の発言とか過去の論文。こういったものも訴状に上げられて一部、これが批判されてるんですけれどね、こういう部分も今安倍さんを始めとして現内閣は何故籾井会長に白羽の矢を立て、百田経営委員。長谷川三千子委員を指名されたか、これはやっぱりNHKに対して本当の新しい風。これは社会一般の常識が入るように大きな期待を抱かれて皆さんに白羽の矢が立ったと言うふうに思っております。今ですね、うちの上西委員もちょっと言いましたけれど、籾井会長が各理事から日付のない辞表を預かったと。で、これ非常に怖いじゃないですかって言いましたけれど、まあこれ同じ党なんですけれどね、うちは自由な党ですからね。同じ問題にとりましても全く考えが違う部分がありまして。」

140326_112155.jpg
「私は籾井会長が取られた。これはまあ多く一般の法人でも良くある事ですので、それは別に問題無いんじゃないかなと。私としては残念なのはその辞表の執行をされなかった。これ部分が私はちょっと残念なんですね。(会場爆笑)

140326_112343.jpg
「だからやっぱり今こうしてですよ。NHKの色んな体質の問題とか、これはですね、現ほかの理事さん方に多くの責任があったんで、本来ですと預かった辞表を執行された方が良かったんじゃないかなという風に私は思います。この会長の発言等についてですね、私が答弁を求めると、籾井会長も時において勇み足の答弁をされることがあるんでね、またそれが言葉尻を捉えたりとか、揚げ足を取られたりとか、こういう事私絶対望みたくないんですね。で、ああいうことをね、日本人はしたらあかん。弱い者虐めとかですね、揚げ足とりとか、そう言う事をしない方がいいと思うんですよ。やっぱり正々堂々と批判する時は批判するという風な方がいいんじゃないかなと思います。その事について会長のご答弁は申し上げませんけど、後々他の事については一つ一つ答弁を頂きたいと思います。」

 人件費の問題について。
 「これ何度もこの問題を正しているんですけれども、NHKの高額の人件費ですね。これも並外れた高額。社会一般の常識を逸脱してるんじゃないかなという風に思うんですね。で、これは26年度予算ですよ?これを参考にお話をさせて頂きます。国家公務員が57万6千人おりまして、人件費が5兆960億円。1人当たり人件費としては885万3472円という風になってるんですね。これが国家公務員です。で、地方公務員もほぼ似通ったようなレベルであります。次に海上保安庁ですね。人員が1万3208人。人件費が960億円なんですね。してみると、1人当たりの人件費ですよ。これは色んな手当も含めて、退職手当も含めて、727万1881円っていう風な事になるんですね。これね、人件費だけで960億円なんですけど、総予算は1833億9400万。その総予算の中には巡視艇の整備費とかですね、航空機の整備費。或いは運航費とか情報通信とか、ありとあらゆる経費を含めて1833億円なんですね。1人当たりは727万円。今日本の領土が非常に危機的な状況にある中で、あの中国の執拗な、またその他の竹島の問題もそうなんですけど、日本の領土、主権というものが非常に危殆に瀕しつつある。この中で海上保安庁の人達は昼夜分かたず日本の国益、領土、主権を守るために頑張っていらっしゃる。その海上保安庁の1人当たりの人件費が727万円。総予算が1833億円なんですね。翻って、NHKはどうかといいますと、人件費だけでほぼ海上保安庁の総予算と匹敵する1828億円。しかも人数は海上保安庁は1万3208人。NHKは1万292人。人数は遙かに少ない。しかし海上保安庁の総予算と保母匹敵すると言いますか、同額と言ってもいいぐらいなんですけどね、1人当たりの人件費。これは退職手当とか福利厚生費とか含めますと、1777万円。地方公務員、国家公務員の倍。海上保安庁の職員さんの倍以上なんですね。これについてNHKの方の考えをお聞きしたいと思います。如何ですか?」

140328_103326.jpg
 吉国専務理事「人件費につきましてはですね、それぞれの団体のですね、職員の構成とか業務の内容によっても色々変わってくるものだと思っております。NHKの場合は、これも散々申し上げてることでございますけれども、やはりその放送の質を維持するって為にはですね、やはり人材って言うのが凄く重要なものになっていますので、優秀な人材を採っていくと言うための、そういった意味での給与の考え方があります。その場合には当然の事ながら同業他社という事になりますけれども、もちろん私共も全く同じぐらい高いもの求めてるわけではなくて、一定の水準で、今で言いますと多分1.2割低いと言う事だと思いますけれども、そう言う水準であると言う事です。NHKの場合はかなりの部分既に本体の業務から関連に移っていたり、それから色んな外部パワーを使っておりますので、職員の、学歴の構成で言いますと、大卒が8割という形になってます。仕事の内容から言っても非常に不規則な仕事ですので、時間外が多い。それから全国転勤がありまして、2、3年で転勤する人が沢山いて、単身赴任者も多い。そういうことから言いますと、時間外が多いし従業関係の費用も必要になってくると。そう言う要素があると言う事は理解頂きたいと思います。それで公務員との比較も非常に難しいんですけど、モデル賃金という形で比較するしかないと思うんですけれども、その場合公務員のキャリアの方々と比べて、35歳で比較すると、NHKが700万。公務員の方がですね、これまでの減額措置があって、700万弱と言う事ですので、そんな大きな差はないと言うふうに考えております。やはり今までもジャーナリズムを志望する学生というのも減ってきておりまして、非常に仕事がきついと言う事で3K職場と言うような形の部分も出て来ておりますので、一定の人材を確保していくことも大事だと思っておりますので、何卒ご理解頂きたいと思っております。」(吉国氏は非常に緊張しておりまして、聞き取りにくい上に、ろれつが回っていない感じで、少々意味不明な答弁となりました。)

140326_112836.jpg
 三宅氏「また同じような答弁されますね。放送の質や維持とかね。その放送の質が今問題になってるんですよ。あまりにもその質が悪いと。うちの中田委員も言ったでしょう?にも関わらずですね、優秀な人材を確保するためにとかですね、特殊な事情とか、色々と抗弁なさるけれど、私が言った数字に誤りはないでしょう?だから言ってるんですよ。余りにも他の公務員の方と比較して高額すぎると。公共放送というんであればですね、みなし公務員みたいな感じで計算すれば良いんですよ。してみると、余りにも高額な人件費を取りすぎだと。これは私の個人的な考えからすると、犯罪行為に等しいんじゃないかなと言う風な思いまでしますよ。もう掴み銭で天から降ってくる金やから、これ皆で山分けしていいんじゃないかなという風な思いでこのような高額の人件費を計上していらっしゃるんじゃないかなと言うふうに思えてしょうがないんですね。次に優秀な人材が作った番組内容の方に入っていきますけどね。」

140326_112901.jpg

 反日偏向報道の実態について。
 三宅氏「反日偏向報道の実態についてお話しさせて頂きます。この本をちょっと紹介したいんですけど、『これでも公共放送か。NHK!』って言ってですね、神奈川大学の小山和伸さんと言う教授が先日上梓された本なんですけど、この中にNHKのとんでもない反日偏向報道、或いは捏造報道、こういったものがずーっと羅列されているんですね。これね、NHK問題に関心ある方は是非ともこれを読まれたら『えっ!』と目から鱗。あの良いと思ってたNHKがこんな事してたんかという風に思われると思いますよ。その具体的事例につきまして、一つは『51年目の真実』っていう番組なんですけど、平成8年の5月20日に放送されました。これはね、軍が慰安婦の募集について強制的にやったという風な事を放送の中で言ったんですけど、事実は全く違うんですよ。悪質な女衒と言いますか、業者が不法な行為をして慰安婦を集めてる。これを止めさせなあかんとして指導した。止めさそうとしてそういう風な文書を出したのに、その中から適当に継ぎ接ぎしてですね。軍が関与したと。強制的に慰安婦を募集するって言うふうに。極めて悪質な番組内容をやってしまったんですね。」

 三宅氏「次にですね、『女性国際戦犯法廷』で、これも前に紹介させて頂きましたけれど、これは平成13年の1月30日に放送された番組で、この女性国際戦犯法廷。被告は誰かと言うと、昭和天皇陛下なんですね。昭和天皇陛下、まあ色々ありますけれど、強姦による罪でこの法廷はですね、最終的には死刑というような判決を宣告したんですけど、これとんでもない反日集団の茶番劇なんですね。これをNHKは大々的に報道した。しかもNHK上げてこれを宣伝したんですよ?7時のニュースであるとか、おはよう日本であるとかですね、その他のニュースを持って一ヶ月以上前から、今度こういう放送があるんですよという風な放送をしたんですね。これもうとんでもない番組であります。」

 三宅氏「次にですね、今度は『JAPANデビュー』ですね。これは平成21年の5月3日。これは台湾の方々をロンドンの博覧会に人間動物園として連れてった。見せ物にしたって言うんですけど、そうじゃないと。これはあくまでも文化を紹介するという意味でやったんですね。それから申し忘れましたけれど、さっきの女性国際戦犯法廷。これ単にNHKはこれを紹介したのみならず、これトンデモ反日集団と連携してこの番組を作ったんですね。その証拠にこの法廷集会の運営委員に名を連ねていた池田恵理子なる人物は、何とNHKエンタープライズ21のプロデューサーであると。NHKのプロデューサーが反日集団と一緒になってこんな番組を作ったんですよ?これ。どう思うんですか。これ。事実でしょう?嘘と思うんであれば仰って下さいね。」
140328_104301.jpg

140326_113051.jpg
 「それから今お話をしておりました『JAPANデビュー』ですね。こういう風な台湾の方々に非常にその。‥しかもね、その何て言うんですかね、報道姿勢。そのものに非常に問題があってですね、後で編集して悪意に満ちた番組を作ったという許し難い部分があります。こういう風な偏向反日報道、捏造報道をずっとし続けている。で、また反対に保守系の方の色んな動きについては全く報道しないんですね。平成7年の4000人デモ。これは戦後50年の謝罪決議に抗議する4000人デモを報道しなかった。或いは5年ほど前なんですけど、中国大使館に対しての抗議デモ。これ警察発表で5800人。これも全く報道しなかった。あまりにも偏った報道をずっとし続けてきているんですね。ここで総務大臣にお伺いしたいんですけど、今日のNHK予算委員会の提案理由につきましても、協会の経営が国民視聴者の負担する受信料によって支えられているとの認識の元、業務の効率化、合理化をすると共に、説明責任を果たすという風に今日の提案理由の中で仰ってるんですけど、総務大臣の意見ですね、先日頂いた意見の中で、国内放送番組の充実として、我が国の公共放送としての社会的使命を認識し、国民の生命と財産を守る性格で迅速な報道の確保や、国民視聴者の信頼と多様な要望に応える番組の提供等を行うと共に、我が国の文化の向上に寄与する。或いは国民各層の中で意見が対立している問題については出来るだけ多くの角度から論点を明らかにするなど、出来るだけ多くの角度からですよ?放送法の主旨を十分に踏まえ、正確かつ公平な報道に対する国民視聴者の負託に的確に応えることという風な意見されてるんですね。これかなり今までの委員会でのやり取りを大臣そのものも深刻に受け止めて、今までになかった踏み込んだ大臣の意見をこういう風に記されたと思うんですけど、ここについて大臣の所感と言いますか、これをお聞きしたいと思います。」

140326_113332.jpg
 新藤大臣「私としては放送法を遵守して国民にとってより良い公共放送になって欲しいと、こういう思いを込めてですね、それはどういう事が必要なのかと言う事を少し細かく記述させて頂いたわけであります。これまでの所は委員がご指摘のように25年度においては放送番組の充実等という一括りで括られておりました。それを今回私は国内放送番組の充実と、国際放送の充実による海外情報発信の強化と。こういう風に二つに分けて、それぞれ今委員がご紹介頂いたような、これ放送法に書いてあることで、これやらなければいけない事なのでありますが、そういった事をしっかりと意識して下さいと。こういう事を申し上げました。それから放送コンテンツの海外展開も、女性職員の採用、登用。それからスーパーハイビジョンについては平成32年の東京オリンピック・パラリンピックの目標。こういった様々な新しい物を今回の意見ではさせて頂いております。」

140326_113418.jpg
 三宅氏「どうも有り難うございました。大臣も深い問題意識を持たれて、このような意見になったと思います。で、先程来放送法についてですね、ずっと論議されておりますが、NHKがずっと過去放送法に対して違反してきたと言うふうに私は思うんですね。もう一度、紹介しますけど、放送法の第四条ですね。放送法の第四条。何が書かれているか。放送事業者は国内放送及び内外放送の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならないと。そして第一項です。公安及び善良な風俗を害しないこと。 NHK、これ害してると思いますよ?それから二番。政治的に公平であること。これ不公平だと思いますよ?私はNHKがね。それから三番。報道は事実をまげないですること。平気でまげてやってるんですよ。さっき言いましたようにね。それから四番。意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。意見が対立している。片っ方の方の、保守系の方の動きについては全く報道しない。この放送法の第四条。全てに違反してると思います。で、放送法の第十五条。日本放送協会ですね。公共の福祉のためにってなってるんですね。『あまねく日本全国において受信できるように豊かで、かつ、良い放送番組による国内基幹放送を行う』となってるんですけど、ここにも違反しているという風に私は思っております。まあこういう事をずっと長年に渡って、最近はね、特により酷くなってきているように思うんですね。以前ね、どちらかと言いますと左翼の方々と言いますかね、反日の方々はですね、国旗国歌の放送を番組終了時にやっていましたよね。あの時に、それがいかんって言ってずっと不払いをされてきたんですな。一時期あれが中止されたと。もうNHKが自立した編集の元に全然やってないという風に思います。それから受信契約、受信料についてですね、これも色んな学説がありすぎるんですね。言ってみれば慶応大学の平野裕之先生とか、東海大学の谷江先生なんかは受信料については訓示規定だと。だからお願いするんだと。強制的に取るのは間違いだという風な事を仰ってる。それは色々と裁判にもなっていますよね。で、朝日新聞の本田勝一記者って、これ有名でしょう?慰安婦問題であるとかですね、言ってみれば反日記者なんですけど、彼はNHKの受信料払ってないんですね。それは何故かと言うとね、彼はNHK受信料拒否の論理という本を上梓してるんですね。えーと思いましたね。NHKと本田記者っていうのは仲間内かなと思ったらそうでもないんかなという風な(場内爆笑)私は思いが致しました。まあこういう風な事をずっとやってきたと言う事なんですね。で、放送法の六十四条ですね。この部分についてはですね、もう一度国会で論議をしていかなくてはならないんじゃないかなと。で、NHKは放送料のことについてですね、『これは特殊な負担金なんですよ』という言い方してるんですよね。我々からしたらこれ税と一緒でしょ?と言ったら、いやこれ特殊な負担金なんですという風にNHKの方は反論してるんですね。じゃあ何故税と特殊な負担金は違うかと言いますと、税であるならばもっと厳格な方の規定というものが必要になってくるんですね。所が特殊な負担金と言う事でNHKはずっとこれを逃げてるんじゃないかなと言うふうに思いますけど、これやっぱりね今みたいな形で見たくないのに、NHKの番組なんか見ていないと。にもかかわらず受信料を払わされると。或いはNHKの報道内容がけしからんと言って、こんなとてもじゃないけど払いたくないと仰ってる、こういった方も払わざるを得ない。これは憲法の第十九条、思想及び良心の自由はこれを侵してはならないという憲法に違反してるんじゃないかなと。これまさにこの論点が今NHKの受信料の裁判でずーっとこれが主張されているんですね。で、これはもう一度言いますけど、わかりやすい例で言いますとね、私がお腹空いて蕎麦屋に行って天ぷら蕎麦定食を注文したと。出て来たのが中国の毒餃子やったと。(場内爆笑)これで金払う人いないでしょう?NHKの受信料もそうなんですよ。あまねく良質で良い放送を期待してるにも関わらずですよ?言うたらとんでもない反日偏向番組がずーっとし続けられている。だからNHKに対して受信料は払いたくないという事を言ってるんですね。まあこれも前回言いました。私の結論ですね。NHKは本当に日本と日本人の敵だと。今のあの放送内容からしますと、旧国鉄と一緒。自浄機能、自己回復能力がないんです。ここまで腐敗したNHKというのはですね、解体するしかない。それが日本のためである。その具体的な方向姿についてこれからも国会の叡智を絞ってやっていかなくてはならないと言う事を申し上げて私の質問と致します。」


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。