AX NEWS23X 12/13日 最後の党首討論、国防軍と憲法改正 - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEWS23X 12/13日 最後の党首討論、国防軍と憲法改正

 先日、TBSで放送されましたNEWS23Xでは最後の党首討論となりましたが、憲法改正、国防軍に関する討論では予想通りの左翼の発言が繰り返されておりました。

 ただ、意外だったのが国防軍に対しても改憲に対しても、民主党の野田氏が一切口を挟まなかったこと。投票日寸前の放送故、要らぬ事を言い又ダメージを受けぬよう敢えて黙りを決め込んだのでしょうかね?

 とりあえず書き起こしてみます。

 この日、前日北朝鮮がミサイルを突然打ち上げた事もあり、話は防衛から始まりました。



 膳場アナ「北朝鮮が公開したミサイル発射の映像です。安倍さん、昨日のミサイル発射についてですが、政府の対応についてはどうご覧になりましたか?」


 安倍さん「そもそも昨日官房長官が記者会見で北朝鮮に強く抗議をしていましたが、その官房長官自体がですね、ちょっと前に『北朝鮮、早く撃てばいい』と言ったんですね。『早く撃てばいい。』それで北朝鮮に制裁かけてもですね、北朝鮮は『貴方が早く撃てばいい』という事になってしまうんですよ。ですから野田総理は決断というんであれば、撃つ前に官房長官を辞めさせるべきだったんですね。そして日本としての、国としての国家意志を示すべきだった。それが出来なかったと言う事はですね、極めて私は決断できないというかですね、国としての意志が示せなかったと思いますよ。」


 
 野田氏「あの、我々は常に選挙中でありましたけれども、緊張感を持って万全を期すという事をやって参りました。当然の事ながら外交努力としては朝鮮に強い自制を求める。そして万が一発射された場合には不足の事態に備えて万全を期すというやり方をしました。で、確かに官房長官が以前に適切でない表現を致しました。その事は官房長官もお詫びを申し上げさせて頂きましたし、訂正もさせて頂きました。この時期に危機管理の責任者を変えるという事自体が、安全保障に問題があると言う事は安倍さんも良くご存知だと思います。不適切な発言はお詫びをしなくてはなりませんが、使命感を持って万全を期して参りましたし、これから緊張感を持って対応していきたいと思います。」



 桝添氏「北朝鮮のミサイルの問題は、『早く撃てばいい』なんて事仰った官房長官発言。とんでもない事なんだけれども。実をいうと、早く撃てばいいと言う事は『撃ちませんよ』という事を内外に向けて日本国政府としては、『なかなか撃ってくれないよ』という事を言った事になる。そしたら2日後に撃ったじゃないですか。つまり情報収集能力、その情報を対外発信するのを国民にどう説明するか。私は安倍さんが仰るように大変問題発言だけど、更にそれに加えて、つまり情報をどれだけ取っているのか?と。私は非情にこの日本政府の情報管理能力というのを危機感を持ってます。」



 山口氏「沖縄の知事さんや政府の高官から虚を突かれた、不意打ちだったという発言もあったんですね。ですからやはり情報の的確な収集がどうだったか、またその判断がどうだったか、政府の対応を検証する必要があると思います。それとJアラートが機能しなかった自治体が幾つかありました。これは今年の四月にもそういうことがあったんですね。なぜ今回も早くから備えを言われていながらそういう事が起きたか?ここの所もしっかり検証する必要があると思います。万全の備えが必要です。」



 福島氏「これは北朝鮮に対してキチッと抗議することが必要ですし、また安保理決議に違反しているわけですから国際的な機関の中でこれはキチッとやる必要がある。そして六カ国協議の拡充やASEANプラス6といった実はアジアの中の北東アジアにおける地域の中での安全保障を今後も議論していく場が必要だと思います。で、社民党として言いたい事は、これを機会に‥ではありませんが、自民党が新憲法案、そして政権公約の中で国防軍、集団的自衛権を認めるとされている事に大変あの憲法の2度と戦争をしないと定めた憲法九条を変えるという事を言って選挙をされるわけですから、その事には大変危機感を持っています。日本は領土を侵略されれば防衛で出来ますが、集団的自衛権の行使というのはアメリカと一緒に世界で戦争するという事が有り得るわけですから、やはり憲法改正案には反対です。」


 (毎度同じ事の繰り返しの福島氏に安倍さん苦笑。)
 
 播磨アナ「日米同盟を強固にしないと北朝鮮に対応出来じゃないかという意見もありますね。」
 
 志位氏「今回の北朝鮮のロケットの発射。或いは中国の飛行機がですね、領空に入ってきたと。許し難いことなんですね。ただこういう問題が起こったときに力対力でエスカレーションしていくと。これはやっぱり自制しなくちゃいけない。特にどういう問題が起こっても冷静な外向的な交渉による解決。これは最も大事だと思うんですね。その点で私率直に言いたいのは、日本政府に欠けてるのは外交力だと思うんですよ。たとえば北朝鮮の問題。アメリカだって韓国だって独自の外交ルートを持ってですね、交渉をやって北朝鮮を如何に国際社会に引き出すかと。こういう外交をやってますよね。日本はそのルートを持ってない。それから尖閣の問題もですね、これは自民党時代からなんだけど問題棚上げにしてだらしない態度を取って、そして正面から尖閣の領有権について中国政府に主張してこない。外交力がないという所に問題がある。外交力が無くて軍事の方。そして憲法を変える。こっちの方でホントに言語道断なことだと思っております。」(社民にせよ、共産にせよ、言うは易く行うは難し・・・永遠の野党であるから言える事なのよね。と書き起こしながらつくづく。)



 渡辺氏「北のミサイル発射というのは国際社会の度重なる中止要請を無視して強行したわけですから、これはイラン並みの制裁をきちんと科していくという事が大事。日米間でもう既に進めておりますがコルレス口座の封鎖という金融制裁は非常に利くんですね。前にもバンコデルタのときにやりました。そういう事を徹底させると言う事が大事。それから集団的自衛権か自衛権というのはですね、これはある意味神学論争みたいなものなんですよ。だったらこういう分け方ではなくて自衛権の行使として日本国は何処まで出来るのか?という事を法律で制定をするというのが危機管理上非常に大事だと思いますね。」



 石原氏「この問題含めてですけどね、この中にね、党の代表の中でね、大きな自治体を与った経験のある人は一人も居ないと思いますね。私は東京を与って十年間やってきましたがね、何かやろうと思うと国の官僚が構えた規制って言うのがもの凄く障害になってくる。何も新しい事が出来ない。今度の問題見てもそうですが、地方の官僚の行政の硬直していて、しかも縦割りで、障壁ばっかり考えてて横の連絡がない。こういう馬鹿な体制作ったのは自民党の責任ですよ。安倍さん多分この次総理になる。よっぽど頑張ってもらいたい。あなたのお爺さんの岸さんてのはそう言うものを越えて大きな事をやった。とにかく今度のこの問題の対処を見ても横の連絡がバラバラだし、それを束ねる能力が政府にもない。中央官僚の硬直した縦割り行政の支配を壊さなかったら日本は無駄ばっかり重ねて良くないんだ。たとえば一つね、日本のやってる会計制度は単式簿記でしょ。こんな馬鹿な事やってる国は他に無いですよ。役人が勝手な事して無駄ばっかりやってるんだから。」


 
 鈴木氏「北朝鮮がミサイル撃つ。とんでもない事です。同時に北朝鮮に制裁を科すことも一つのやり方です。併せて国際社会に引き出すことです。地方法が国民には入ってないし、おそらく北朝鮮の幹部と称する人らもですね、世界の体制というのをどこまで見極めてるかというとね、私は閉ざされた社会の中で限られた情報しかないと思ってますね。ですから私は遠ざけるんじゃなくて、逆に土俵に上げる。その事によって世界というものをしっかり認識してもらう。併せてロシアを使うのも一つです。北朝鮮については。昔から一番古いのはロシアなんですよ。金日成はハバロフスクで当時のソ連軍の一兵隊だったんですから。その時代からの付き合いですからね、ロシアカードを使うのが北朝鮮には有効だと思ってます。」



 播磨アナ「今の議論の中で、憲法の改正、或いは集団的自衛権が出ました。日本の安全保障を強化していくという意味で憲法改正というのが必要なのかどうかのも一つの争点だと思うんですが。」

 安倍さん「北朝鮮の話の続きなんですがね、1994年以来ずっと北朝鮮に対して関心持って来ました。そこで今までの交渉の経緯を見て北朝鮮というのは一回も残念ながら約束を守ったことはありません。1994年にテドンの合意をしましたが、或いはプルトニウムを取り出すのを止めて核開発を止める。しかしその瞬間からウランの濃縮計画を始めているんですね。彼らは今まで一回も守ったこと無いんですよ。一回でも守ったことがあるんだったら教えてもらいたい。私はいつも外務省に言うんですよ。ですから交渉で簡単に解決するような甘い国じゃないんですよ。それと国際社会のことは彼らは良く分かってるの。分かってる上に於いて瀬戸際外交を見事にやってのけてるんですよ。ですから例えば彼らに拉致問題とかですね、核問題、ミサイル問題を解決させるためにはですね、彼らは国際社会の要求を受け入れなければやっていくことは出来ないと言う判断をさせない限り絶対に問題の解決をしないというのが、十数年の私の経験なんですね。その中で必要なのはですね、抑止力なんですよ。彼らにミサイルを撃ったら彼ら自体が破滅をしますよ。二週間以内に破滅をしますよ。それに必要なのは日米同盟ですよ。残念ながら日本は打撃力無いから。もし日本にミサイル落とせばアメリカは必ず報復をすると。この打撃力を持つことによって我々の安全を守るんですね。その中に於いて、先程のJアラートの件もありましたけれども、Jアラートを動かすためにはアメリカの早期警戒衛星の情報があって初めて動くんです。この同盟関係がなかったらJアラートなんて全く作用しない訳ですね。それに受けた情報でたとえばもっと短距離のミサイルでアメリカの艦船を狙っていてですね、短距離ミサイル。弾道ミサイルではなくてね、近くにイージス艦が居てそのアメリカの船を守らなかったら同盟がそれで続くんですか?続くわけが無いんですよ。


 
 福島氏「ただ集団的自衛権の行使っていうのはもっと広い概念じゃないですか。つまり集団的自衛権の行使を認める。国防軍として認めるっていうのはもっと戦後の根本的な67年間を変えるものだ。つまり憲法九条一項二項があるので日本は世界で戦争できないわけですよ。所が九条の二項を変えて国防軍とし、集団的自衛権の行使とすればアメリカが世界で戦争をするときに日本が参戦することは違憲ではなくなるわけでしょう?あのイラク戦争だって大量破壊兵器はありませんでしたよ。だからもの凄く根本的な戦後そのもの、戦争をしない国から戦争をする国へ、武力の威嚇や武力によって問題を解決する国にこの国を変えるのか?という事が問われているわけであってもの凄く大きな事を自民党は今公約で、或いは憲法改正案で言っていると思います。これは今度の選挙の大きな争点です。」



 田中氏「日本は領土面積は世界62番目で真ん中です。しかし排他的経済水域と呼ばれる私達の領海を入れた領土領海は世界6位なんですね。にも関わらず日本はこの領土領海を扱う部署がない。皆、海上保安庁、水産庁、天然資源が経産省、防衛省、外務省と別れてるので、私は二月に予算委員会で野田さんに、『この領土領海というものを統合的に扱う部署を内閣府に作りましょう』と申し上げたけれども『検討します』と仰った。検討するというのは官僚用語でなにもしないという事です。尖閣諸島であったり、竹島は歴史的に見ても、国際法上も日本の領土であることは明かです。でも政権交代前の自公政権の時も2008年にアメリカの連邦政府の地名委員会が竹島を韓国領と書いた。で、その事に対して記者会見で当時の自公政権の官房長官はこれに対して抗議する必要は無いと言ってるわけですよ。だから今大変皆さんが大言壮語なさってるけど、あえて言えばですね、皆非常に平和ボケになっている。私は領土領海・・・」
 田中氏がまだ話し終わっていないにも関わらず司会者が話を遮ります。
 播磨アナ「はい、田中さん。有り難うございました。」


 
 龍崎TBS政治部長「一つ確認したいんですけど、今安倍さんから打撃力を強めるというお話がありました。それから憲法改正の懸念も出てました。公明党山口さん、これは公明党としてですね、自民党と共同して歩調を取っていくんでしょうか?」

 山口氏「憲法の改正がただちに北朝鮮との問題を解決出来るかどうか、これは少し飛躍があると思いますね。憲法改正はしっかりと手続きも経て議論していかなくてはならない問題です。集団的自衛権の行使も同様の課題だと思います。で、もっと実質的に国民の生命や財産を守る為に何が必要なのかという事を具体的に論じた上で、その上でどういう立法的な手段が必要なのか、あるいは憲法に及ぶ必要があるのかどうかという事は議論の可能性があると思いますが、今出来ることはやはり日米安保体制の中でこれが機能するように、どうしたらいいかという事を具体論として進めるのが大事だと思います。」(いつも綺麗事の公明党です)



 石原氏「あのね、社民党や共産党、公明党も盲信しているみたいですけどね、日本の怪しげな憲法が無かったらね、砲艦外交が出来た。セオドア・ルーズベルトの時に4人の家族がモロッコのシークに拉致されてハーレムに入れられた。セオドア・ルーズベルトは砲艦外交でね、武力を使ってこの人達を開放したんですよ。これね、状況書から言ったら200人近い人達が拉致されて一部の人は殺されてる。それは報道にあった。そういう拉致事件を解決するために日本の九条が如何に邪魔になったか、あれがなかったら北朝鮮はあの頃今みたいにミサイル持ってなかったですしね、実力行使しても取り戻す姿勢が取れたらね、同胞が200人も拉致されて一部殺される事は無かったはずですよ。そりゃやっぱりあなた方(社民、共産、公明に向かい)考えた方がいい。
 

 野田氏「さっきインテリジェンスに関わる事がありました。北朝鮮。これは今回我々は変なカモフラージュ作戦に引っかかってないんです。あの揺動作戦に。あの撤去したとかどうとか。それは一筋縄では行かない国だというのは、安倍さんの仰る通りです。だからこそ緊張感を緩めずに昨日8時に関係閣僚会議をやってより一層緊張感を持って対応するように指示してました。で、それは私はやっぱり効果があったと思うんですね。その上でこの国を守る為にですが、一つは日米同盟の進化だと思ってます。日本の、我々の外交が敗北だと言われますけど、6年ぶりに四月に日米同盟の進化を踏まえた共同声明を首脳間で出してるんです。やっぱりこれは軸だと思ってます。その上で我々は専守防衛に徹しながらも一昨年大綱を纏めました。その大綱に基づいて動的防衛力の整備と南西方面の重視とそういう事をしっかりやり抜いていくって事がこの国を守る基本だと思っています。」



 志位氏「私、石原さんから言われたんでね。憲法九条があったから日本人が沢山殺されたんだと言わんばかりの発言がありましたけれどもね。」

 石原氏「いや、取り戻せなかったと言ったんだ」

 志位氏「同じ事ですよ。それでね、私は全く逆だと思いますね。憲法九条を変える、或いは集団的自衛権の行使をする。結局どういう事になるかというとね、具体的な話で言えば2003年イラク戦争ありました。イラク戦争の時に自衛隊出しました。しかしイラク特措法にはですね、重要な一文があって武力行使は出来ないと書いてあったわけですよ。だからそれが歯止めになって戦闘地域には行きませんと、一応歯止めになったんですよ。だから戦闘地域には行きませんと、後ろの方で水撒いてるだけですという風に小泉さん言ったんですね。だから自衛隊、確かに派兵したけど、しかし米軍と一緒になって最前線まで行って戦闘行動は出来なかったわけですよ。だからイラクの人は一人も殺さないで済んだし、命を守る縦になってるという事を言いたいんです。」

 
 渡辺氏「冷戦時代はね、戦争も平和も不可能だったんです。今は平和も可能になったが、戦争も可能になった時代なんですよ。そーすると日本は憲法の頸城があってなかなか難しい問題がある。では憲法改正をやってる暇があるのかって事なんです。だったら何処から何処まで出来るのか、これを早く法律で決めた方がいいんですよ。そーでないと本当に日本の国益を損なう事になってしまうんです。自衛権か集団的自衛権なんていう、そういう神学論争やってる暇は無いんです。自衛権の行使として何処まで出来るか、これが大事なんです。」



 鈴木氏「インテリジェンスの話出ましたし、さっきの安倍さんの話踏まえてね、一つ視点が欠けてますよ。北朝鮮がミサイル撃つときはですね、いつもイランの科学者が立ち会ってます。それは相当な数なんです。イランの存在は怖いんです。ですからアメリカが強く出ようが、日本が強く出ようが油はちゃんとイランから来てる。それなりの資金も来てるんですよ。ここら辺を良く考えなければですね、様々な情報を入れてですね、対応しなければ北朝鮮には実行の・・・」
(不思議な事にここから音声が消えて画面が変わります。)

 
 膳場アナ「自民党の安倍さんに伺いたいのですが、政権公約の中には憲法改正、憲法改正要件の緩和を掲げていらっしゃいます。どういった実現へのロードマップを思い描いていらっしゃるんですか?」

 安倍さん「衆参共に三分の二の賛成がなければ憲法の改正は出来ません。ですから、それは暫く時間はかかります。その中で自民党が目指す方向について既に憲法の改正草案は四月二十八日に発表しました。ですからそれを目指して行くと。まずは九六条ですね。三分の二無ければ法律に出来ないと言うことになっていますから、三分の二というのはですね、国民のたとえば八割が変えたいと思っていても、たった国会議員の三分の一をちょっと越えた人達が反対すれば、国民は指一本触れられない。これおかしいじゃないですか。ですから国民の手に憲法を取り戻す為にまず改正条項から変えたいと。こう思ってます。」
 


 福島氏「でも半分にすればそれは法律改正と同じ要件じゃないですか。法律は過半数で成立が出来る。憲法改正の発議を過半数二分の一にすれば最高法規なのに、とても堤防が決壊するというか‥」


 
 共産以外の他党の党首が福島氏の言葉を否定します。
 
 安倍さん「国民を信じないのですか?」 

 渡辺氏「それは違う、違う。国民投票が最後に残るんですから、それはそんな簡単な事じゃないですよ。」

 鈴木氏「福島先生ね、日本だけですよ。半世紀以上も経って憲法を一文字も手を加えてないというのは。諸外国見ても十年で変えた、二十年で変えた、三十年で全部変えたとかっていうのは大体の例なんです。日本だけなんです。」




 志位氏「それだけ日本の憲法ってのは素晴らしい奥行きの深さがあるって事なんですよ。」(アホか・・・。これぞ売国左翼脳の言葉。)

 福島氏「どう変えるのかって言うのも重要じゃないですか。」

 鈴木氏「たとえばね、この憲法が出来たのは昭和二十二年ですよ。二十二年の日本の立場と、今の日本の立場違うんじゃないですか?」

(ムネオさん、時には良い事を言うものだ‥と今回は感心して聴いてしまいました。)

 と、ここで次のテーマとなり、憲法改正と国防軍の話は終わりましたが、社民、共産、公明以外の党首は、自民党の憲法改正に関して必要有りという感じに見えました。

 この討論を見ていて、つくづく社民や共産って誰が必要としてるのかしら?何で日本に存在してるのかしら?と不思議で仕方ありませんでした。

 とにもかくにも、これが最後の党首討論となったわけですが、明日は結果が出る日です。投票に行く事が今自分に課せられた義務なので、これで今日はお終いという事で・・・
 

 

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。