AX AC公共広告機構のCM - 徒然日記
 INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC公共広告機構のCM

   

 ↑こちらがAC公共広告機構が作ったCMです。


 今日、初めてこのCMを見て唖然としましたね。


 一々子を持つ親にCMでもって、こんな基本的な事まで教えなきゃいけない程日本という国は堕落してしまったのだろうか・・と。


 きちんと叱ろう、ちゃんと褒めよう・・・

 この言葉が、このCMのテーマになってます。


 うちの親は、特に母親の方は怒ると半端無い怒り方をする人で、子供の頃は母の機嫌が悪い日には温和しくしていたものでした。


 でも、母の代わりにお買い物をしたり、ご飯を作ったり、自発的に頑張った時には、こっちが照れるほど褒めてくれました。


 これがごく普通の親のスタンスと思って今日まで来たんです。


 自分がもし子を持つ親の立場だったとしたら、こんなCMを見て決して良い気持ちはしないでしょうし、当然の事をわざわざ流すACに文句の電話を入れるかもしれません。


 わざわざTVで教えてもらわないといけないような困った大人が親になってしまってるから、悪い子供しか育てられないとでも言いたげなCMじゃありませんか…
 
 
大事なのは、叱る事、褒める事、そのものより、
如何に上手に叱り、上手に褒めるかという事なんです。


 それが出来て初めて親なのではないだろうか・・と思うんですよ。

 
 ただ、叱ろう、褒めようと宣うCMなんて制作費の無駄でしかない。


 ACはその部分を分かってないから、こんな下らないCMを作ってしまうんですね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。