AX 新報道2001 - 徒然日記
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

新報道2001 西尾幹二さん出演。靖國問題、日韓関係で公明党の斎藤鉄矢、朴一を論破。

 12日放送の「新報道2001」に西尾幹二さんが出演されました。
 西尾幹二さんは個人的に好きな評論家でして、近代史を学ぶにあたり西尾さんの本が私のお手本となっているところもあります。
 昨年も数回、この番組にはお出になられましたが、今回は安倍総理の靖國参拝に騒ぐ米中韓の批判に対する苦言。
 そしてこの騒動が大陸と日本の宗教文化の違いから来ているという所に焦点を当てて、それを非難する韓国の朴一氏、公明党の斎藤哲夫氏を糾弾されていました。
 特に、朴一氏の日本政府は非公式でお金をよこせ的な発言の後、西尾さんがこれまでの韓国の歴史を振り返り、その習性を話して下さった時は自民党の磯崎さんも思わずニヤッとしてしまったぐらい言いきって下さって有り難かったです。
少し長くなりますが、その全編を載せたいと思います。

 1972年日中国交回復時、当時の周恩来首相の発言。
140113_111327.jpg
 周恩来「中国人民は毛沢東主席の教えに従い、ごく少数の軍国主義者と日本国民を厳格に区別します。」

 中国としては戦争責任は日本の戦争指導者だけにあり日本国民にはないというのだ。
140113_111437.jpg
 東郷和彦氏「当然中国としては悪い人達は一部の日本軍国主義者で、それの象徴というのがA級戦犯でしょうと。だから少なくともA級戦犯を日本人としてはあがめないで欲しいという議論に中国としてはなりますよね。」

 実は日本政府には戦後長い間戦争の責任問題について公式見解がなかった。
 一つの結論が、1995年の村山談話だ。
140113_111631.jpg
 村山氏「わが国は植民地支配と侵略によって多くの国々。とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。」
 
 しかし当時の戦争指導者の戦争責任については曖昧なままだった。
140113_111711.jpg
 東郷和彦氏「戦争責任を含めて過去の戦争がどういうものであったかという議論をもう一度キチッとやることだと思います。」
 
 アメリカまで巻き込んだ靖國問題。解決の糸口は何処にあるのか。
140113_111814.jpg
 「世論調査で去年12月26日の総理の靖國参拝について伺いました所、参拝を支持するが32.8%。参拝を支持しないが30.6%。このタイミングでの参拝は支持しないが33.6%となりました。」

 須田氏「先ずは総理補佐官でもある磯崎さん。この世論調査の結果、数字をどう見ますか?」

140113_111842.jpg
 磯崎さん「世論調査の仕方で色んな数字が出ております。いずれにしてもどういう事が国民の話なのか、中国や韓国の批判について重きを置く人もいれば、やはり日本の国内問題であるという事もありますのでね、これアンケートの仕方で色んな数字が出ると思いますが。」

 須田氏「磯崎さんの立場としては靖國参拝については。」

 磯崎さん「これは私的参拝でありますから、総理が政治判断をやりましたけれど、参拝自体は私的参拝ですからね。これについて支持と言いますか、静かに見守って頂きたい事だと思います。」

 須田氏「正しい判断だと。」

 磯崎さん「それは総理の判断でありますから、我々がどうこう言う事は無いという事であります。」

 須田氏「公明党の斎藤さん、山口代表は強い懸念を表明したんですが、参拝というのは残念ですか?立場としては。」

140113_111904.jpg
 斉藤氏「極めて残念です。私達公明党はこの時期の靖國参拝は安定的な外交に極めて多大な支障をもたらすと。ですから行くべきではないと言うことを繰り返し申し上げて参りました。で、結果としてこのような非常に外交上大きな問題となってしまいましたし、失われた国益も大きいと思います。私は靖國の杜に眠ってらっしゃる方々も遺族の方々も日本が外交上孤立すると言う事は決して望まれてないのではないかと思いますし、アメリカのコメントにもですね、最後に首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目すると。このようにアメリカも述べています。総理が参拝後にコメントされたことです。このようにアメリカも注目していますので、今後しっかりと外交関係の再建に努力していくべきだと。公明党もその先頭に立ちたいと思います。」
 (中韓ベッタリのカルト団体である公明党の斉藤氏の発言は意味が不明です。総理の参拝で国益が損失する?英霊や遺族の方々も国が孤立することは望んでいない?完全に頭が逝っちゃってるのでは・・と思わざるを得ません。しかも今後創価が先頭に立って努力するなど、それこそ国民は望んでませんから。)

 須田氏「与党内で、磯崎さん。公明党が強い懸念、残念だという言葉を使いましたが、表している事についての一言頂けますか。」

 磯崎さん「だから外交問題として考えれば中韓これでやや複雑になったのは間違いないが、それは我々も中国韓国に対する目的で総理が参ったわけではなくて、あくまで国内問題として、先の大戦で戦った人のお参りをするという事をやっただけでありまして、中韓関係はまた別の問題で、これは大事な問題でありますから、そこはしっかり頑張っていい関係を作っていきたいと思います。」

140113_112017.jpg
 吉田アナ「ゲストにお迎えしました4人の外交のスペシャリストの皆さんに予め靖國問題についてのキーワードを伺いました。富坂さんは『日本のオウンゴール』朴さんは『靖國よりも北朝鮮』西尾さんは『アメリカはダブルスタンダード』宮家さんは『日米の認識ギャップ埋めよ』という事です。」

140113_112122.jpg
 富坂氏「前提としてなるのはですね、中国の現状変更の意思というのがあるという事ですね。たとえば中国というのはこれから大きくなっていく。膨張を続けていくわけですね。この人達が大きくなったことによって自分達のルールを押しつけてくるとか、今あるルールを変えていこうと言う事に対して世界はちょっと心配してるわけですね。これをどうやって解決していくかという事が非常に重要だったところに持って来て、今回防空識別圏の設定というのはですね、中国のそういう動きを象徴するものだったんですね。それに対して各国が問題だという声明を出した。しかし靖國神社参拝後に日本が同じように批判されるという。オセロゲームで言うとパタパタと変わって行くような現象が起きたという事で、つまり日本は今世界の中に居続ける役割としては中国という膨張していく中で、ルール変更とか現状変更しようとしている大国に対してそう言う事をすることの利益は何ですか?と。そうじゃないでしょ?と。今のルールの中で利益を得ていく方が大事でしょ?と説得していく側に回っていく‥」

 須田氏「と言うことはトラブルのタネを蒔いたと。」(これはフジテレビの意向でしょうか?最初から須田アナは安倍総理の靖國参拝に否定的な質問ばかりなんですよね。)

 富坂氏「むしろ逆にそういう風に見られたと言うことですね。だからそこの所は非常に残念だなと私は思います。」

 須田氏「西尾さん、日本人ていうのはトラブルメーカーになりにくい国であると国民の多くの人は思ってると思うんですが、如何ですか?今の意見に対して。」

140113_112150.jpg
 西尾さん「トラブルを撒いたのは中国であり、韓国であって、そして最初にロシアが北方領土に大統領が行き、韓国の大統領が竹島に登って天皇を侮辱し、そして尖閣を犯したと。こういう事が相次いで、それでもジーッと日本人は我慢してきたわけですね。それは皆現実に見てきてる訳じゃないですか。日本人はとにかく我慢強い。しかしあるところまで行くと突然怒り出すわけですよ。そういうところが今までの歴史にあったわけですから、こんな風に我慢強くさせてる事を『失望した』と更に日本に要求するとですね、これはアメリカは大きな自己誤認、誤解を。それで実はご承知のように米国大使館に何千という数のfacebookで国民の声が届いて。先程のアンケートはおかしいんで、私は『朝まで生テレビ』を見ましたけれども、79対21で靖國参拝賛成でしたよ?テレビ朝日ですが。それから他の統計では、大体8対2から9対1で賛成賛成です。だからさっきのアンケートの取り方は意図的で変ですよ。ですからね、とにかく国民は圧倒的にという事と米国大使館にfacebookが炎上するぐらいに怒りの声が届いた。」

 須田氏「我々の意見が三分割というか三つ。国民の考えってこういう風になってるんだと興味深く見たんですがね。」

140113_112221.jpg

 西尾さん「いや、それは違うんじゃないでしょうか?まあアンケートの方は先程やり方によって違うと出ましたから。それよりも国民の声がアメリカ大使館に届いたために黙っててもアメリカはビックリした筈ですよ。アメリカの特派員というのは朝日イブニングニュースとか、毎日イブニングニュースを見て、それが国民の声だと思って打電してたんでしょう。今までのメディアはそう言う事だったんですが、インターネットの時代が始まったんですよ。ですから自由な国の自由な発言の国民の声が何処にあるかと言う事でアメリカは慌てたと思いますよ?ですからアメリカの発言、トーンダウンしたでしょう?ですから国民の声は非常に重要だったという事がこれで分かったと思うんです。で、それはどういう事かと言うとですね、さっき中国の一連の話が出ましたけれども、85年という年はゴルバチョフが登場してソ連が崩壊した年なんですよ。と言うことは、ソ連が、世界が共産主義の思想では国家を統一できないと言う事をソ連が示したわけで、同じ波は中国をも襲っていたわけです。そうしたら中国はどういう判断をしたかというと日本を叩いて愛国心‥つまり中国共産党は日本に勝利していないんですけど、それを嘘にして中国共産党が旧日本軍を叩いた事がわが国の柱だと言って、それを精神の柱にして中国は国家統一をした。あの時から一斉に色んな施設が生まれたり、蝋人形が出来たりするわけですね。どんどん。つまりあれは明らかに靖國を利用した、或いはまた日本の戦争を利用した中国の方針転換。それによって中国帝国主義がアジアに派を唱えようとする。これ帝国主義ですよ?中国がやろうとしていることは。そしてアメリカの帝国主義と中国の帝国主義がぶつかっているというのが今の現実ですから、その中国帝国主義の拡大膨張というものに恐れを成して韓国が中国に擦り寄ってるというのが現実ですが、日本はそんな事に恐れないという国なので断固として撥ね付けるというのが歴史上そういう事ですから、中国の帝国主義に譲歩すればですね、これはドンドンドンドン後退するだけです。先程の公明党さんが言ってることは誠におかしい。これは日本人が我慢して後退したら何が起きると思いますか?『靖國は止めましょう。』参拝を止めます。その次は『靖國を潰せ』と言ってきます。その次は『皇室を潰せ』と言ってきますよ?中国は。それが帝国主義ですよ?それでいいんですか?公明党さんは。

140113_112331.jpg
 斉藤氏「ある意味で今回の参拝が中国や韓国のいわゆる対日強硬派に口実を与えてしまったという面もあると思うんです。で、改善に努力してきた良識派の努力を水の泡にしたという部分もあります。」

 西尾さん「いつもそう言うんですよ。中国は。」

 斉藤氏「もう一度ですね、一から出直さなきゃいけませんけど、その努力はしなくてはいけない。やはり向こう三件両隣。今東日本のこの地域が世界の中で最も緊張の高い地域と言われてるわけですから、ここで日本が平和の主導を担っていかなきゃいけない・・」

 西尾さん「これ以上我慢するんですか?」

 斉藤氏「私はたいじんぶりというのは必要だと思います。」
(斉藤氏は『たいじんぶり』と言いましたが、意味が不明でした。)

140113_112411.jpg
 平井氏「一つ不思議な事があってね、さっき(富坂氏が)オウンゴールと仰ったけど、じゃあ日本は失点したのかと。或いは外交は不安定になってるのかというとね、今回何故か中国では反日デモは起こらず、大使も召還せず、経済制裁も起きない。それと韓国も割と温和しい。結局、行っても行かなくても一緒じゃないかという風に僕は思ったんですけど、それはどうですか?」

140113_112427.jpg
 磯崎さん「少なくともこれは外交問題だけで見るのは可笑しいんですよね。外交問題だけで見れば確かに余所の国がいやだって事はしない方がいいのかもしれないけど。これは国内問題なんですね。そこを多くの国民が理解してくれてると思います。先の戦争で日本のため、家族の為に戦った人達を靖國にお祀りする。それに対して国のリーダーがお参りするのは当たり前の事でしてね、これがまず当たり前だということが分かっていないで中国や韓国の方が日本の国内問題よりも先に議論してたらですね、これは議論する必要は無いと思いますね

 須田氏「朴さんにお聞きしたいんですけど、平井さんの方から韓国は今回の事で比較的静かじゃないかという指摘なんですが、朴さんが挙げたキーワードの中にあります『靖國より北朝鮮』」

140113_112535.jpg
 朴氏「色んな考え方があるんですが、韓国のアンケート調査では安倍総理の靖國参拝に対して、やはりあの侵略戦争をリードしたA級戦犯が祀られている所に日本の首相が参拝する事に対して不快感を持ってるという人が8割ぐらい占めてると言う事なんですよ。だからそれは意識としては当然あるんですけど、その問題と靖國参拝後の安倍政権に対してどういうメッセージを送っていくのかという事は冷静に峻別しなければいけないという議論がある背景は北朝鮮の問題なんですね。北朝鮮がご承知のようにナンバー2の張成沢さんが失脚してからですね、非常に安定性が高まるような演出を北はしてますけど、逆に不安定さが高まったと。北が今までよりも一番崩壊する危険性が高まってきていると、このような状況の中で日米韓が結束した安全保障体制を取らないとまずいという事をアメリカの副大統領のバイデンも朴槿惠さん、或いは外務大臣を通じて伝えてるんですね。今こそ日米韓が歴史問題で揺らついてる時期ではないんだと。それから安倍さんの靖國参拝後には非常に韓国としては不満はあるんだけど、むしろ重要な事はこの後日韓の首脳会談をどうやって実現していくのかと。その為に安倍さんに色々なメッセージを送っていかなければいけないだろうと。先ずいきなり首脳会議は無理ですから、閣僚級の会談を重ねていきながら少なくとも首脳会談をするまでは二度目の参拝は自粛して欲しいと言うようなメッセージを韓国は具体的に送ってくると思いますね。そこら辺が中国とは違う。中国は安倍さんがいる限りは首脳会談は出来ないと言ってるわけですから、そこら辺はやっぱり理解して頂いて、冷静な対応を今後お二人の先生には望みたいと思いますね。」

 須田氏「西尾さん、やはり韓国は今朴さんの指摘にもあったように、またちょっと違う今は位置に居るような感じで・・」

140113_112654.jpg
 西尾さん「今の話は全くおかしな話で、北朝鮮が韓国の国内に勢力を伸ばしていて、韓国政府の7、8割は既に北に抑えられていると言われてるぐらい危ない事態になっていると言う事が一つあって、そして韓国がその為に中国に擦り寄ったと。もの凄い勢いで擦り寄って日韓軍事秘密協定も拒絶した。そしてアメリカがそれで慌てた。韓国の反日はただ事でないと言う事でアメリカはビックリしたわけですよね。それ程韓国は中国サイドにグーンと傾いている。実は韓国軍は日本に向かってるんじゃないのか?と言うぐらい日本は警戒しているわけですよ。こういう事態を生み出したのは韓国なんですよ。そういう事態に対して日本は本当に孤立した防衛をしなければならない状況になっていてね、やっと今頃になって米国さんに強く言われたためにですね、それで靖國参拝はこういう韓国を見ていて、これはどうしようもないからやるべき事はやらなければいけないという事もあります。それからもう一つ大事な事は、先程から平和のために大事なんだと、それが何よりも大事なんだと話で、それはその通りなんですが、靖國参拝は平和のための参拝なんだと総理は仰いましたよね。で、総理が一応一言そういう事を仰るのは大事なんですよね。しかし出かけていった自民党議員団がアーミテージに平和のための参拝ですなんて事を一生懸命弁解したそうですが、愚かも良い所であって、宜しいですか?そんな弁解は何の役にも立たない。なぜならば戦没者への参拝というのは国民の義務であり、アーリントン墓地は何の為にあるのか、キリスト教の追悼で行われているわけですよね?キリスト教文化なんですよ。同じように宗教文化はそれぞれの国が違うんで、日本は神社神道が守っている宗教文化の元にある訳なんです。神様と仏様の国なんで、神社と仏教とが一体化してこの国の宗教、精神、伝統を守ってきているんです。それは何人も他国が干渉すべき事では無いのであって、簡単に言うとですね、宗教文化が中国や韓国と日本は違いすぎるんですよ。私共は死んだ者はたとえA級戦犯であろうとも神様になるんです。所が中国はですね、墓を暴く文化なんですよ。墓を暴いて、死体を晒しだして、もう一回死体を粉々にするという、恨みを晴らすのにはそういう事をやる国。これ日本人は理解出来ないんですよ。同じように韓国は今度は張成沢が処刑されたらば死体をバラバラにしたとかって、そういう話良く聞きますよ。韓国では。大陸の文化っていうのは日本と違うんですね。それでわが国の文化というのは、そういう輪で成り立ってきた文化で、死者はたとえば平将門というような、これよく言われる話なんですけど、平将門は平安末期に皇室に反逆した武将ですけど、ちゃんと将門神社ってあるわけです。それは日本の文化、日本の宗教文化なんだと言う事をこれは私達は曲げることが出来ない。キリスト教が曲げることが出来ないようにという事をアメリカに訴えるべきなんですよ。平和のための参拝だなんて言うべきじゃない。そうじゃないんです。宗教文化なんですから。」

140113_112820.jpg
 磯崎さん「今回の総理の参拝はあくまで私的参拝であります。これは日本の憲法でも信教の自由は認められてますから、まずこの段階でも誰も言うべきではないし、さっき言ったように戦争のために戦って亡くなられた方がお祀りするのは当然の事であります。確かに不戦の誓いという事はあまり強調する事は無い。あそこはあくまで魂をお鎮めするための場所であってですね、何か誓いをするところではない。確かにそれは仰る通りだと私は思います。」

 須田氏「富坂さん、韓国もそう。特に中国は今西尾さん強く指摘したように考え方が、接点がない。国家の在り方、基本的なものは絶対考え方も違うんだという今の指摘はどう受け止めました?」

140113_112949.jpg
 富坂氏「日本人としての参拝をどう考えるかというと、まあそう言う事だと思いますけれども、ただたとえばこの問題は外交と関係無いという磯崎さんの考え方、それは違うと思うんですね。と言うのはですね、先程のVTRで不足してるなと思ったのは85年の中曽根総理大臣の参拝以降、中国が問題化したという事なんですけれども、これ問題化させたのは実は日本ですよね。っていうのは、これはある新聞社とある野党代議士がね、わざわざご注進に行ってるわけですよ。中国に。それで一回胡耀邦がスルーしたにも関わらず、地方まで追いかけていってこれを問題化したんです。だからこれは日本が輸出した問題でもあるんですね。それまでは一回スルーしてるんです。ですから一ヶ月後に公式なメッセージが出たって言いましたけど、その一ヶ月間かかってるわけですね。だからある意味、この問題の影には日日問題もあるし、中中問題もあるという事なんです。だから単純に日本と中国だけの問題では無くて日本国内の争いの問題が輸出されたという所もあるし、中国国内の争いの問題が日本に輸出されてる所もあるんで、もう少しね、もっと複雑に考えなきゃいけない問題で、そんな簡単なものではないという事です。」
 (珍しく富坂氏が良い問題提起をしてくれました。実は日本発であった靖國参拝批判のこの話は、こちら売国列伝様のページに詳しく書かれております。靖國参拝を中国に売り込んだ部分を引用させて頂きますと。
 靖国問題の外圧の勃発
1.靖国外交問題化の導火線 朝日新聞・加藤千洋記者の火つけ記事
昭和60年8月7日に朝日新聞 加藤千洋記者が「 日本的愛国心を問題視 」を初めとする靖国参拝批判記事を執拗に書く。 日本のマスメディアによる初めての靖国批判。
2.社会党・田辺誠書記長ら訪中して靖国批判キャンペーン
昭和60年8月26日 田辺誠書記長が率いる社会党の訪中団が靖国公式参拝反対を中国でキャンペーン。 中国側に「 こんな暴挙を許しておくのか 」と煽る。
3.中国初めての靖国批判
昭和60年8月27日 中国 桃依林( ヨウイリン )副首相 中曽根首相の靖国参拝批判。
)
 
 140113_113044.jpg
 磯崎さん「外交問題ではないと一言も言って無いんです。まず国内問題であって、外交問題も絡んできてるから、総理としては考えに考えた上で判断をしたという事で、外交問題とは一言も言ってませんので。」

 富坂氏「そうですね。分かりました。」

140113_113112.jpg
 朴氏「一点だけ。その靖國が何故日本国内だけの問題ではないかっていうのを韓国の立場から申し上げると、これ西尾先生にも理解して頂きたいのですが、あの靖國に派ですね、戦争に駆り出された朝鮮人軍属も数万人祀られております。日本のために朝鮮人がそこに行って亡くなられました。私もその遺族達と沢山お会いしました。色んな立場の方がおります。その中でやはりA級戦犯の人達のミスリードで自分の息子が亡くなった人達もいます。そういう人達がやはり同じ所に祀られているのは如何なものかと考えてる人達もいらっしゃるわけです。だからそんな神社の中で韓国人に一切モノ申すなというのは言い過ぎじゃないでしょうか。」
 (国内の反日勢力が潰されれば食っていけない国内の在日。そして靖國参拝批判には過去の国内の売国勢力が荷担していた事が話の中心になり、何処にも自分の居場所が無い朴一氏は西尾さんにいきなり食ってかかります。)

140113_113206.jpg
 西尾さん「韓国人にモノ申すなって言うのは、韓国政府自らが穴掘ってるわけですから。韓国大統領登場以来。朴槿惠さんが出て以来やり続けたことは日本に対する一連の侮辱発言の繰り返しでしょ?」

 ここでブーメランをやってしまったと気付き慌てて西尾さんの発言を止める朴一氏。
140113_113301.jpg
 朴氏「まあまあ、その考えは別にしましょう。それからもう一つですね、やっぱり単純な事なんです。これ、アジアの人。特に中国や韓国が何故靖國に対して疑問を抱くのかというと、いわゆるA級戦犯の人達が、さっき西尾幹二さん言われました。亡くなられたら、仏さんになったらもう要するに罪も何も無いと。おそらくそう言う事でしょう。逆にそれを主張すればするほどあの戦争の責任は誰にあったのかという事で‥」

 西尾さん「戦争の責任は終わってるんです。戦争の責任処理は終わってるんです。70年経つんです。

 朴氏「終わってるかどうかって事は先生がお決めになる事ではないでしょう。戦後処理は終わっていないと考えてる人達は沢山おります。」

 西尾さん「終わってます。国際的にも。」

 朴氏「そしてあの戦争が2度と復活して欲しくないと考えている人達も沢山おります。」

 西尾さん「戦争しようとしているのは中国です。」

 朴氏「そのメッセージをどういう風にアジアにアピールしていくかという所で靖國神社が色んな誤解を与えてるしたら、その誤解を解いていく努力をすべきなのに、先生のご発言がその誤解を増長しているように私には聞こえるんです。」

 西尾さん「いや、それはあなたの方の、韓国の意見でございまして、今回世界の靖國参拝に対する反響が大きかったのは韓国中国に留まらず、むしろ中国は抑制しているのかもしれないけど、とにかく留まらず、ロシアとかヨーロッパにも及びましたが、久しぶりに日本のですね、国家意志の表明だったんですよ。これがそうなんですよ。日本が久しぶりに、これだけ温和しくしている日本が俄に国家意志を表明した。その事が実は日本の政治が国際政治を動かしている事の証拠なんですよ。これは。日本人は自信を持っていいんです。靖國参拝はこれからも相次いで続けていくべきです。そしてこれを定着させて、宗教文化には何人も口を挟ませないという、これは世界各国で、これはウエストハリアー条約違反ですよ?宗教文化に口出しするって言うのは。」
 (ウエストハリアー条約とは。ヨーロッパにおいて30年間続いたカトリックとプロテスタントによる宗教戦争は終止符が打たれ、条約締結国は相互の領土を尊重し内政への干渉を控えることを約し、新たなヨーロッパの秩序が形成されるに至った。ウィキペディアからの抜粋です。)

 須田氏「宮家さん、今の議論を聞いてて、靖國の本質も見えて来た気がするんですが。」

140113_114347.jpg
 宮家さん「皆さんの意見、良く分かる部分もありますしね、しかしちょっと違う部分もあるんですね。まずあの世論調査見てると日本の国内、まだ割れてますね。ミニマムのコンセンサスがないような気がします。日本側はこれは内政問題である。これは当然の話なんで。それに対してアメリカはこれをやはり日本が過去を正当化しようとしてると思ってる人達がいるわけですね。そういう意味で日米のギャップっていうのはまだあるんですよ。そしてそのギャップは実は昔からあったんだと思います。しかしそのギャップが表面化してきたのは実は中国が台頭してきて中国が強くなったからアメリカも気になって問題視して、そして日本に対してある意味で要求が増えて来たんだと私は思ってます。しかしこれからこの問題何もしなければ日米のギャップはこのまま続くと思っています。私は非常にそこを心配しているんです。どうやったらこのギャップを埋める事が出来るかと考えたんですけど、今皆さんの話を伺ってて一番ここが違うなと思うのは、実は私は外交の専門家のつもりなんですけれども、この問題はやっぱり国内の問題なんですよ。結局はA級戦犯がどうだ、国際法がどうだ、この議論は分かりますよ。それから国際法上の色々な処理は終わった。これも分かります。しかし本当に求められているのは日本がこの敗戦という事実を大量の犠牲者を出したという事を日本が国民として、もしくは政府として内政上の責任をどう考えたかという事だと思うんです。たとえば企業であれば大量の従業員を犠牲にし経営を失敗すれば当然の事ながら経営責任が問われるわけですね。それを残念ながら日本では国内ではそれが出来ていない。そしてA級戦犯と言えば国際極東軍事法廷。これしか無くてですね、日本の国内での議論というのがどうも行われていない、そこの部分が私は本質的な問題として残ってしまっていて、それは色々あるんですよ、終戦直後は幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)さんが委員会を作ってその問題をやろうとした事もあったんですけど、それは軍人が入ったと言うことで駄目になった。そしてその後朝鮮戦争が起きてしまって、その議論が止まっているんだと私は思っています。これ良いか悪いか分かりませんし、結論を今言うつもりはありません。」

140113_114441.jpg
 西尾さん「あの戦争は何かという議論がその後止まってると言うんですか?」

 宮家さん「止まってるというか、それについて答えが出ているかどうか、出ているんであればそれを議論すべきだと思います。」

 西尾さん「答えが出ているかどうかはともかくとして、その議論が止まっているなんていう事は新しい歴史教科書を作る会を立ち上げた私としてはとっても納得できない話で、その為に教科書問題は立ち上がったんであり、教科書問題は共産主義に対する否定だけではなくて、アメリカからの自立、独立とこの国をしっかりした国にすると言う事が基本にあるわけですから、戦争の問題は当然正面から議論し‥」

 宮家さん「西尾先生のご努力は‥国会で議論されてるかどうかって事なんです。」

 西尾さん「国会は逃げてます。明らかに逃げてます。」

140113_114551.jpg
 斎藤氏「今の政府はこの間も参議院の本会議で山口代表が質問し、安倍総理がお答えになりましたけれども、今の政府は村山談話を踏襲しております。やはり1931年から始まるあの戦争。15年戦争は侵略戦争であった。これは安倍総理もお認めになってるわけなんです。その反省に立って平和国家として日本がこの東アジアで生きて行く。これは国の基本的な方針です。そういう意味ではもちろんあの戦争について深い研究や責任という事の議論はこれからも続けて行かなければいけないと思いますが。」
 (この場面で村山談話を持ち出し戦争の反省を促す斎藤氏の発言は、あまりにも古色蒼然とし過ぎていてスタジオで浮いた存在に見えます。流石中韓の犬である創価公明党の雇われ者という感が否めません。)

140113_114612.jpg
 平井氏「ちょっと外交に戻りたいんですけど、おそらくアメリカも日米が変な関係には多分ならないと思うんですね。で、日中は動かないと。そうすると日韓なんですが、さっき朴さんがちょっと仰ってましたけど、今後どうするかっていう話になると思うんですね。磯崎さん。今ちょっと出てる徴用工とか慰安婦問題で非公式に補償する話とか、或いは村山談話とか河野談話をちゃんと認めて下さいという話とか色々出てますけど、日韓関係って動く可能性あるんですか?」

140113_114637.jpg
 磯崎さん「日韓関係、基本的に今の戦争の反省の問題も補償の問題ももう終わってますから、基本的な姿勢を変えるつもりはありませんが、昨年、国家安全保障戦略を作ったんですね。NSCの。この中での中国も韓国も重要な隣人であるという記述をさせて頂いてるんです。その中で我々はさっき仰って頂いたけれども首脳会談。中国とも韓国とも早くやる。これがやっぱり大事だと思うんです。そしてこの問題も中国韓国がご指摘頂いてるから日本はこう考えると言う事はトップ同士がですね、腹を割って胸を開いてしっかりと話したら知恵が出て来ない事はないと思うんですよ。」

 平井氏「その時多分韓国側は条件を付けてくると思うんですけど。(笑)」(平井氏、少し嘲笑気味に笑ってます。)

 磯崎さん「そりゃ外交ですから色々出て来るでしょうけど、話し合う事が大事ですよね。」

140113_114706.jpg
 朴氏「話し合う事は大事だと思うし、ただ安倍総理は一切前提条件無しでお話ししましょうと、まず開きましょうと言ってますけど、韓国はやっぱり全く何も無しで話し合いには応じないと思うんです。(つまり金を寄越せという事ですね。)やっぱり最低限、先程の先生も仰られましたけれども、やはり村山談話というものをもう一度踏襲したメッセージを出すとかですね、靖國参拝で色んな誤解が出ておりますからそれを解くような努力をするメッセージ。そしてそういう意味で色々な韓国側としては日本側に最低限踏まえて欲しい事って言うのは出してくると思います。その部分も含めてやっぱり閣僚級の協議というのは、日韓議員連盟も含めた交流をしていくことがまず重要ではないかと。コンセンサスを取っていくという事ですよね。」
 (総理の前提条件無しという意思を何としても打ち消し、ひたすらお金を出させようと必死な朴氏ですが、この人一体何様なの?と。)

 磯崎さん「それは日本側も望むとこでしてね、あらゆるチャンネル。一遍にサミットが出来ないんであれば下から積み上げていくというやり方でも結構ですから、やはりここは話し合うと言うことが一番大事なことだと思いますね。」

140113_114823.jpg
 西尾さん「国民は日韓会談をして欲しくないという感情が非常に強いと思いますが、まあ外交的には仕方がないのかなぁと見てるのが実態でしょう。ですが韓国の経済が危ないと言う事も伝えられていますね。それから韓国はどんなに酷い事を日本にしても、どんな仕打ちをしても日本は必ず助けてくれるという前提で動いているんですよ。で、それがもう限界に来てると言うことを韓国人に知らしめる必要があるんですよ。そろそろ。その理由はですね、アメリカは軍事的に韓国を守ると今の所言っておりますが、しかし経済的にはとてももうアメリカには。じゃあ経済のことは韓国救済は日本に頼むよと、多分そう言ってくる。そう言ってくることは目に見えてるんですが、靖國参拝はそれを阻止しました。これ高等戦術なんじゃないですか?韓国に援助しないという。(磯崎さんニヤッとしながら西尾さんに頷いています。)なぜならばですね、今までの歴史を見てると、いつも米国やイギリス、戦前はイギリスも入った日本に対する韓国の押しつけなんですよ。すなわち日韓併合というのは英米による日本に対する押しつけ行為ですから、あれは結果として。それが日韓併合なんです。日韓併合というのは結局自立できない国。自分で自分を助ける事が出来ない国が必ず何処かに寄り添う。これが日本だったわけです。あの時。それだけのことに過ぎないのに、それを逆恨みしてですね、今に至れば総理大臣の顔にバツをつけてナチスの印を付けたり、それから日の丸だけではなく、旭日旗まで燃やしたり、もうやりたい放題のことをやっていて‥
 ここで須田氏が止めに入りますが、フジにしては結構珍しく西尾さんの発言時間を長く取っている気がしました。

 須田氏「西尾さん、‥朴さん、今の西尾さんの韓国に対する経済事情を踏まえての発言。冒頭ありました。」

 朴氏「韓国は確かに今まで空前のウォン安と言う事でそれが一気にウォン高になりましたから、経済厳しいのは事実なんですけど、その為にも逆に韓国人は日本と軌道修正していかなければならないという事・・」

 西尾さん「狡いんです。狡い。」

140113_114844.jpg
 朴氏「狡いとかそういう問題じゃない。生きてく為にですね、やっぱりそういう意味で日韓首脳会談をやらなきゃいけないと考えてる国民が世論調査の5割以上占めてるんですよ。だからそういう意味で歴史問題と切り離して日韓が連携できるものはキッチリ連携していくというある意味では現実的選択を韓国人は望んでるという事を理解して頂きたいと思います。」
 (西尾さんに事実を言われ、生きてく為には会談をしなければいけないと本音を言ってしまった朴氏。もちろん会談の意味は公表せずにお金をもらう事しか中身はないのですが。)


 この後、公明党の提案による追悼施設についても討論が行われましたが、長くなりましたので、いつか載せられたらと思います。

報道2001フジテレビ平井氏「河野談話は嘘だった」従軍慰安婦問題 Part1

 131030_190535.jpg
 平井氏「日韓関係の改善に戻したいんですけど、さっき朴さんが仰ったいわゆる従軍慰安婦問題に付いても着地点を探すべきだと。従軍慰安婦問題って最もきついトゲですよね。日韓の間で。萩生田さん、例の河野談話というのがあります。これは明らかに歴史的に間違ってる事を当時の官房長官が言ってしまった。つまり強制しましたという風に。嘘を言っちゃったんですね。で、その後安倍さんがわざわざ閣議決定をして、いや、その証拠はありませんでしたと言う風に別のことを言ってるわけです。これは国際的には通用しない話で、この河野談話がある限り、永遠に慰安婦像は建ち続けるんじゃないかと僕は思うんです。安倍さんは靖国参拝も大事ですけど、河野談話についてどうするのか?ここを決着させないと、いつまでも日韓関係っていうのはむしろ前に進まないんじゃないかと思いますけど。」

131030_190633.jpg

 萩生田さん「この週末、産経新聞で何回かに分けて、当時の石原官房副長官の談話、或いはその調査内容に疑義があるという報道がありました。私はその時々の政治、政権が、私は河野談話が正しいといまでも思ってませんけど、しかしそう言う談話を出さざるを得なかった様々な背景というのは、当時きっとあったんだと思うんです。ですからですね、もっと言えばこんな大きな問題にこんな時限爆弾になると思わず発してしまったという部分もあると思いますから、ここはきちっと検証を加えてですね、必要とあらば何処かで安倍内閣の中ですが官房長官が新たな談話を発すれば宜しいんじゃないかなと思ってます。

131030_190653.jpg
 西尾さん「河野談話は新局面に向かっていると私は見てます。ケネディ新日本大使ですよ。ケネディさんは日本に来て従軍慰安婦で釘を刺しますよ?きっと。これは米国の政策です。アメリカはただただそっとして置いて欲しい。日韓関係がソフトで行って欲しいってそれだけですからアメリカは。今ね。・・・そうすると何故ケネディ女性大使が出て来たか、私は裏があると見てるんですけれども、ソフトな戦術として安倍さんに対して、これだけは駄目だと。軍事的なことは日本に協力するけれども、これだけは駄目だとやるに決まってます。私はその時日本の国民が声を上げるべきだと思いますね。アメリカはですね、ブラックウォーターって言ってね、アフガニスタンの兵士にフィリピンの女性をあてがうようなことやってるんですよ。今現に。これはインターネットに出てますから。それで国防省が金払ってんですから、それに。そう言う事をアメリカは現にやっていてですよ?1930年代のね、日本の女性を連れて行った。決して現地の女性を調達したわけでもない。日本軍のやり方について国民の名誉を奪うような従軍慰安婦問題についてですね、これ以上何かアメリカが口出したりすると、本当に日米問題が日米関係がおかしくなるんだという事を強くアメリカ側に政治家としてサインを送って欲しいですね。これはもう大事な事です。」

131030_190824.jpg
 平井氏、萩生田さん、西尾さんが話している最中(それも核心に迫ったときに限り咳き込んでいた)朴氏は、ここまでのお三方の話など無かったかのような発言を汗だくで始めます。
 朴氏「私先週もちょうどナヌムの家に行きまして慰安婦の方々ともインタビューしましたし、水曜デモには参加ではなくて見学にいってですね、どういう事を要求してるのか聞いて来ましたけれど、一つは野田政権の末期に三つの提案をされました。韓国の日本大使が慰安婦の方に直接会ってお詫びをすると。そして当時の野田総理が詫び状を書く、そして最終的に政府が100%の法的資金で償い金を出すというような提案をしたんですけど、これはアジア女性基金よりも一歩踏み込んだ内容で、最終的には韓国側もそれを受け入れる素振りを見せたというような話も出ております。私は安倍さんと言う方は最終的にはこの歴史のトゲを抜きたいと考えておられて、北の脅威に対抗するためには韓国と日本とアメリカは協力にタッグを組まなければいけませんから、やっぱりこの問題にケリを付けて北に対抗していくという体制を取るためには、このような民主党が出した叩き台を元にして日韓のどうすれば着地点を見つけられるかという話し合いの場について欲しいと思います。」

 須田アナ「着地点はなんだと思いますか?」

 朴氏「基本的には日本が公的資金を出して償い金を出すと(ここでたかり屋の面目躍如。本性丸出しで話し始めました)民間からではなくて100%原資の公的資金で償い金を出し、日本の首相がお詫びの言葉を慰安婦の方々に

131030_190902.jpg
 吉田アナ「今謝罪という話が出たんですけど、世論調査を取りましたら、今後更に謝罪が必要だと思うと答えた方が25.6%。思わない方が67.4%で竹田さんどう思われますか?」

131030_190934.jpg
 竹田さん「これはですね、昭和40年に日韓基本条約で請求権協定っていうのがありまして、そこでもう完全且つ最終的に解決した問題だとなってるわけですよ。ですから国同士の約束事でですね、戦争絡みの賠償はもうこれでケリを付けたと。で、日本は民間借款を含めて8億ドルですよ?当時1ドル360円の時代にですね、韓国の国家予算の2年分の巨額の資金援助をしてですね、それでもうケリを付けたわけですから、それで後でやっぱりこれがなんて言ってくるのは、国際社会の中で紳士的な国とは言えないと私は思うんです。で、もうこれは解決済みですから、これは法人も含めて民間人同士、二国間の間のあらゆる請求権は解決済みだとなってるわけで、そこは朴先生、どのようにお考えでしょうか?」

131030_191027.jpg
 朴氏「だから竹田さん仰った様に、その事は韓国も分かってるんですよ。日韓条約で解決済みの上で、更に韓国の憲法裁判所が日本政府に対して、日韓条約に埋もれた課題として慰安婦問題が出て来たと。つまりあの時は慰安婦の『い』も出てこなかったわけですよね。」

 竹田さん「そこの段階で表に出てるかどうかはともかく、完全且つ最終的に解決付いてるんですよ?」

 朴氏「でもしかしそこで埋もれた問題が出て来たと。当時の権威政権の中で過去の問題を埋もれたまま日韓妥結が行われてしまった。しかしそこで慰安婦の問題、或いは軍人軍属の問題、埋もれてたと。それが民衆から民主化の中で吹き上げてきたことを道義的責任として、日本にどう追及していくかという。これは日本政府も野田政権も分かってたと思います。だから日韓条約より踏み込んだ解決は出来ない事を民主党政権も分かった上で、道義的にどう対応出来るかという事で両国の詰めが行われていったと。」
131103_113331.jpg
 (呆れ返る話に思わず笑ってしまう萩生田さん)

 須田アナ「宮家さんにお聞きしたいんですけど、西尾さんはもう耐えるのも限界に来てるんだと、日本としては。という発言がありました。どうこれから外交的には。」

131030_191105_20131103112543f08.jpg
 宮家さん「愉快じゃないことは事実ですよ。しかしね、先程申し上げたように情念だけじゃ政治は出来ない。外交は出来ないんですね。韓国に一つだけ言いたいのは、1960年の基本条約を越えられないって事はお互い分かってる話ですよね?これ止めちゃったら国家同士の約束が無くなっちゃうわけですから。そう言う意味では私個人的には韓国が言うのは分かるけど、じゃあ一体本当にこれで終わるのかと。ここで仮に何かあってもね、また次の政権がまた5年10年後に同じ事繰り返すんじゃないかと。その事について先が見えない部分がね、我々一番心配しているところですよ。それについてどうですか?」

131103_113254.jpg
 朴氏「私はだから当然日韓条約はケリが付いたように竹田さんの仰るようにまた出て来たじゃないと。だから今度またたとえば野田政権みたいな形で政治決着付けても出てくる人がいるんじゃないか。そりゃそうですけれども、とりあえずここで一端日本側が何らかの形でこの問題に区切りを付けると言う事がやはり必要ではないかと私は思いますね。」(盗人猛々しいこの言い分。泥棒の居直りを生放送で見ているような気分になります。)

131030_191138_201311031125423bd.jpg
 平井氏「当時ね、盧泰愚大統領でしたっけ?これですよって言ったわけですよ。普通大統領が言ったら信じますよね?だから多分宮沢総理はそれを信じて河野談話出したんですよ。そしたらその20年後ぐらいに、いやあれは違いましたと言い出して、もう一回謝れ、もう一回お金払えと。で、またここでお金払う。謝る。20年後にまた別の政党が政権取ったときに、また同じ事が繰り返されるって事ですよね?宮家さん、多分。」

 宮家さん「そうです。」

131030_191157.jpg

 萩生田さん「先程三点セットというお話がありましたけれど、靖国、慰安婦、教科書っていうのは韓国の外交カードであって、別にその現実の問題じゃないんですね。そもそも靖国神社の参拝は戦後一貫して韓国が反対をしてきたんならともかく。そうじゃないですよね?昭和60年以降、中国が大きく声を出したのに便乗して最近大騒ぎしているだけですし、教科書問題もそうです。

131030_191320.jpg
 竹田さん「最近、僕思う事があるんですけど、韓国政府の暴走よりも、むしろ韓国の司法の暴走の方がおかしいと思っております。徴用工の問題でおかしな判決が出る。仏像の返還の差し止め請求もそうです。韓国政府がこれで解決しようと言ってるのに、逆の事を司法が出すわけですね。特に徴用工の事件なんかはですね、日本での確定判決があると言う事。それから既に給料の問題なんか70年異常も前の給料ですから時効にかかってるという風に日本側が反論したんです。それに対して韓国の司法は『侵略戦争を正当化するつもりか?』と言って反論して判決書いてるわけですよ。そんな事言ったら法治国家として疑われても仕方がないと思うんですけど。」

131030_191411.jpg
 朴氏「竹田さんが仰るように司法の暴走と言われましたけど、韓国は日本と違って憲法裁判所っていうのがあるんです。過去に出た判決について権威主義体制下で、どう考えても人権的に違法なものについては判決が覆されるっていうような事が大体憲法裁判所で行った裁判のうち30%以上がひっくり返ってるんですよね。」

 竹田さん「今私が言ってるのは憲法裁判所ではなく司法裁判所の話をしています。」

 須田氏「こういう今の議論を聞いて桝添さんどうお考えですか?」

131030_191440.jpg
 桝添さん「大変難しいんですけど、歴史って言うのは色んな側面があるんで、きちんと歴史に基づいてこうだって事を出さないといけない。確かに先程、私も福岡ですから鍛工の話で強制連行で働かされた人もいますけれども、自分の意思で来て、自由にやった事もある。そしてあの当時はですね、選挙権も被選挙権も日本にいる台湾の人も朝鮮半島の人もあったんです。だから東京だって下町に朴春琴さんって衆議院議員やってたし、私の故郷の福岡なんて市会議員一杯いたんです。選挙権もあった。」

131030_191532.jpg
 桝添さん「たとえばそう言う事を全く知らない。韓国の人知らないって。これは私の親父で福岡のその当時の若松市の選挙で、なんでハングルでルビふってあるかというと、選挙権彼らはあったからなんです。で、その当時ハングルで書いても有効なんです。だからローマ字でも良いんですけど、なんでわざわざこんなの打ってるかってのは朝鮮半島から来た人の票が欲しいから。親父は民政党なんですけれども、その当時の政友会じゃなくて。その当時のポスターが残ってて、これ韓国の知識人に見せたって、『そんな事は無い、お前達は俺達連れてきて炭坑で滅茶苦茶働かせたじゃないか』違うんです。私は八幡ですから、八幡製鉄所の職工さんの記録見ても同じ給料で仲良くやってる。火野葦平(ひのあしへい)っていう作家がいるんですけど、彼の作品なんか見るとそう言う場面が一杯出て来ますね。たとえばこれは現実の資料です。こういう事に基づいてもう少し、左翼ばっかりって言ったけれども、きちんとした歴史家も日本にはおりますから日韓の歴史家がもっと謙虚に歴史を見る事がスタートだと思います。」

 10月16日付けの産経新聞はスクープ記事として元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れるを掲載致しました。
 この番組でフジテレビ解説副委員長である平井さんが生放送にて「河野談話というのがあります。これは明らかに歴史的に間違ってる事を当時の官房長官が言ってしまった。つまり強制しましたという風に。嘘を言っちゃったんですね。」と断言できた事も、産経新聞の記事の信憑性を裏付けるものとなりました。

 これだけ動かぬ証拠、従軍慰安婦問題の捏造が明白になった場面であっても、朴一氏はそんな話など無かったかのように、ニセ慰安婦達が集まるナヌムの家に行ってきた話をし続け、野田政権の末期に出されたという提案『韓国の日本大使が慰安婦の方に直接会ってお詫びをすると。そして当時の野田総理が詫び状を書く、そして最終的に政府が100%の法的資金で償い金を出すというような提案』がまだ有効なような口振りで(破れかぶれ的に)口走るばかり。その野田氏率いる民主党も今は居るか居ないか分からない薄い存在。
 衆院解散と共に水泡に帰した提案を安倍政権下の日本で幾ら叫んでも虚しいばかりという現実にまだ気付いていない様子が却って哀れでした。
 
 安倍政権下で菅官房長官により出される脱河野談話となる新談話が出る日も遠く無さそうな気がします。 

報道2001『韓国の反日感情』竹田恒泰、西尾幹二さん出演。Part1

 10月20日に放送された報道2001では『反日激化の韓国 関係修復どうする?』と題して討論が行われました。
 出演されたのは、西尾幹二さん、竹田恒泰さん、自民党の萩生田光一議員、舛添要一氏、宮家邦家氏、朴一氏。
 ここで西尾さんは韓国の反日に対する苦言だけではなく、アメリカがケネディ元大統領の娘であるキャロライン・ケネディ氏を選んだ裏にある思惑もお話になられ、非常に興味深かったので載せさせて頂くことに致しました。

 須田アナ「李明博前大統領の時もそうでした。新しい大統領朴槿惠大統領が就任後もですね、日本人としては理解しがたい発言ですとか行動が続いてるような気がするんですが、日韓関係の修復については竹田さんどう考えますか?」
131030_185549.jpg
 竹田さん「私はですね、日韓関係そのものをあまり日本人は意識しなくていいのではないかと思ってる側なんですけど、中国との関係と韓国との関係は全く異質ですので、良く一緒に議論されるんですが、確かに中国はもの凄い力を持ち始めた国ですから、日中関係がもし拗れると日本は国が無くなる可能性がある。それ程無視出来ない存在なんですね。所が韓国とはですね、また全然違いまして、韓国のGDPは東京都のGDPよりも小さいぐらいですので、あんまりそんなに意識しなくても良い。つまり日韓関係がとても良くなっても、とても悪くなっても、そんなに影響はないと言ったらなんですけども、意識しすぎるのかな?と。ですから韓国が何か言うと、『こんな事言ってるこんな事言ってる』って皆注目するんですけど、たとえば歴史認識にしても靖国にしてもですね、こういう事言ってるのって世界中で韓国と中国だけなんですよね。むしろASEAN諸国の話とか聞くとですね。また色んな意見があるっていう事が分かるので、あまり意識しすぎないことが重要ではないかなと思います。」

131030_185709.jpg
 宮家さん「あのね、情念だけでは外交は出来ないんですよ。日本の国益を最大化するために冷徹な判断をしなきゃいけないんですよ。今何が起きているかというと、東アジアでパワーシフトが起きている。これ中国が台頭しているわけでしょう?そこで我々生き延びなければいけないんですね。その時に日本がまず取らなければいけないのは、大陸の国家の中で、そこで強力な国が出て来て反日になることを抑えなければいけない。つまり大陸のバランスパワーを考えなきゃいけないわけです。その中で韓国が持つ役割。中国に問題があればあるほど韓国の役割っていうのがあるんです。私は韓国の立場が反日の態度がいいとは思いませんよ?しかし外交をやる場合日本の国の統治を行う場合には、そこの判断もちゃんとしないとですね、ただ情念だけで外交をすることは出来ません。」

131030_185730.jpg
 朴氏「結構朴槿惠さんって人はしたたかな人で、国内向けには確かに反日のカードを使ってる部分はあるんですけど、(いえいえ、それなら何故中国、米国で反日発言を?)その一方で実は水面下で日本との修復を何処かで狙っていると思います。特にターゲットになるのは日韓条約が50年目を迎える2015年ですかね、後2年後。この2015年というのを最大の日韓関係の修復の一つのターゲットポイントと睨んで、どーすればこの慰安婦の問題に着地点を見つけられるのか、或いは竹島の問題をどういう風にして対処していくのかって言う事を非常に積極的に色んなジャパンスクールを集めて今話し合ってるところだと思います。むしろ反日のカードって言うのは確かに国内向けには使うんだけども、非常にその日本に向かっての外交というのはこれから転じていくという風に予測しています。」

131030_185817.jpg
 萩生田さん「良い方向に向けて行かなきゃいけないと思うんですね。東アジアの平和と安定を考えればですね、これはもう好きとか嫌いとかっていう事を抜きにして、自由主義、そして法の支配っていう同じ価値観を持った隣国としてですね、ここはしっかりとしたブリッジを造っていかなければいけないと思います。ただですね、先程のVTRでもありましたように、私ちょっと常軌を逸してると思うんですね。大統領始め、韓国の皆さんが日本に対してこういう行動を繰り返す。スポーツイベントでも政治的なメッセージを出すなんて言うのは、これはもう本当にマナー違反であって、そもそも余所様の国旗を焼いたりですね、政治家の写真に火を付けるっていうのは、如何なものかと思いますけれど、しかしね、それも無理もないなと思うのは2010年以前って言うのは韓国って国定教科書で韓国中の人達が同じ教科書で学んできてるわけですね。その中には残念ですけど、これは歴史ですから光もあれば影もあって、日本に対して恨みを持つ部分も中にはあるんでしょう。しかし私は翻訳した韓国の2010年以前の教科書を見る限りですね、必ずしも事実ではない記述って言うのが数多くあってですね。そう言ったものを学んできた人達が結果として大人になれば、必然的に日本を嫌いになるというシステムが出来上がってしまっている。その事を非常に残念に思っています。先程朴先生が独立記念館の話をしました。私も訪問したこと数回ありますけれどね、たまたま一緒に行った福岡の武田議員がですね、学芸員の人が連行された韓国人だけが手彫りで炭坑を掘ってるって言う写真のキャプションを説明したときに『これ何処の炭坑だ?』って聞いたら、仰ったのが福岡にない炭坑なんですね。『それ事実と違いませんか?』と『しかもこの写真は私の市役所にも同じ写真があって、当時は日本人も韓国人も全く同じ仕事をしてたんですよ?』と。『韓国の人達だけが手彫りで石炭を掘らされてたなんて事実は無いですよ?』抗議をしましたらね。翌年その写真はなくなりました。ですから国が経営してる博物館でさえ間違ったメッセージを常に発信し続けてきた結果ですね、もう韓国の政治家は反日を語らずして政治が出来ないような環境が創り上げられて仕舞ったんじゃないかと思ってまして、ここはちょっと冷静に考えて頂かないといけないと思います。」

131030_185904.jpg
 朴氏「ちょっと一つだけ。やっぱり私はね、今の先生が仰る通り韓国の歴史解釈には行きすぎた面があって、元々近隣諸国情報ってあったじゃないですか。あれが出来て一方的に韓国や中国が日本の歴史教科書にクレームを付けてくると、これはかなり差別的な条約だったと思うんですよ。だからむしろ今やってる日韓歴史共同研究。あれをしっかりやって、お互い日本側も韓国側の歴史教科書や歴史建造物に対してしっかりものを言って、ちゃんとした歴史を教えていくような接点を作っていく事が非常にこれからは重要になってくると思いますよ。」
 近隣諸国情報=近隣アジア諸国との近現代の歴史を教科書に記述する場合、十分に配慮しなくてはいけない。

131030_190014.jpg
 古田アナ「西尾さん、朴槿惠大統領は被害者と加害者という歴史的立場は千年の歴史が流れても変わらない。と発見したわけですけれども、この関係の中日韓関係は修復出来ると思われますか?」

131030_190114.jpg
 西尾さん「私はね、朴槿惠さんはパフォーマンスでやってるとは思ってません。信じてるんですよ。それは朴槿惠さんの年代から言うと、とんでもない間違ったデタラメ教科書で育った世代なんですね。ですから一番いけないのは先程訂正って仰りましたけれど、日本の外務省が何もしないと言う事ですよ。今まで。‥そして謝罪をしていて誤魔化してきたという事です。そしてドンドンドンドン後退して向こうは糠に釘だから、勝手な事ドンドンやって増長してしまったという事ですから、もう限界に来たとさっき申しましたとおり、ここで戦う外務省というものにして頂くか、政治家自らが戦う姿勢、つまり戦うって言う事は強く言って、きちんと歴史観を直してもらうという事の、或いは少なくとも最低ですね、国によって歴史は違うんだから、お互いに歴史のことで議論するのはしばらく止めようと。そういう議論でもいいですよ。差し当たりは。そういう事を逃げてないで謝ればいいと思ってるやり方をここで改めると言う事が一つですね。それを私は常に強く訴えたいと。その時歴史学界は、日本の歴史学界はアテにするな。日本の歴史学者は頼りにならない。これは左翼の集団ですから。こういう人達を一切相手にしちゃ駄目だと言う事です。」

131030_190306.jpg
 桝添さん「後ほど話しますけど、歴史にも色んな側面がある。それから朴槿惠さんはお父さんの朴正煕さん、これは非常に日本との関係を良くした方ですから、あのオヤジの娘じゃないかと言われるから、私は彼女も可哀想な所があって、そうじゃなければあそこまでならないけれど、お父さんのイメージを斬るために言ってるっていうのも理解しないといけない。それから千年の恨みっていうのは、韓国の人達の恨(ハン)っていう。つまり恨っていうのは韓国の感情のライトモチーフなんです。だから私なんかは、ああまたあの感情出たなという感じで見てるんですけどね。」

131030_190327.jpg
 朴氏「桝添さんのちょっと説明させて頂くとね、韓国で親日というのは決して良い言葉じゃないんですよ。植民地時代に協力した裏切り者のイメージがありますから、お父さんの朴正煕さんはいわゆる日本の陸軍の中尉にもなった人で、いわゆる親日の象徴なんですね。その親日の象徴から脱皮するためには反日をどっかで演じ続けなくてはいけないというジレンマを彼女は抱えているという事なんですよね。」

131030_190357.jpg
 宮家さん「西尾先生、さっき大事な事仰って、この問題を外交問題にしないことにするって事を仰ったと思います。僕は本当に大事な問題だと思うんですね。その為にはね、中国と韓国って実はもっと恨があるんですよ。加害者って言うんならね、中国の方がはるかに加害してるわけですよ。ですからその事を理解させるために、そして先程三つのスイッチがあると言ってたけど、そのスイッチを押させないことも大事だと思うんですよね。それやりながら戦う。戦うかどうか分かりませんけれども、しっかりと仕事をする。その外務省であるべきだと私は思います。」

131030_190450.jpg
 西尾さん「私は全く今の朝鮮半島と中国を巡る状況は変わってきてると思います。つまり朝鮮、韓国は中国の懐に抱かれようとして接近している。すなわちこれは露骨で、アメリカとの関係を捨ててでも中国の方へにじり寄ってるっていうのは目に見えてますよね、最近。最近って言うよりも、これはある意味で韓国の戦略で、中国の戦略とあってるだろうと思いますけれども、その時に私達が一番気にしなければいけないのは、韓国の軍事力を中国に利用させるなという事です。もう一つ言えば、驚くほど北の勢力が伸びている、今の韓国。これは信じられない。冷戦が終わったならば、西ドイツと東ドイツのような事が起こるかと思ったらそうならないで、北が韓国を抑えようとしている状況が日増しに強くなってるんですから、釜山に赤旗が立つよと。それを日本は黙って見てて良いのかという問題がありますから、先程竹田さんが、あまりほっといてもいいんだというお話をなさったけれども、非常にあれ重大な問題で、対韓半島の国防問題というのが日本にのし掛かってきているという事をちょっと一言申し上げたい。」

 ここまでが歴史認識問題のPart1です。
 そして次は従軍慰安婦問題と河野談話に関するテーマに移ります。
 下に討論のテーマとなったVTRを掲載致しました。

続きを読む

石破茂氏、国防軍と憲法改正を語る。新報道2001。12/2日

 2日の報道2001では国民新党を除く10党が出演しましたが、ここで石破さんが国防軍と憲法改正について他党と論争になり、左翼の言い分の卑怯で幼稚な言い分。特に岡田氏のオバカ発言を載せたくて書き起こす事にしました。 

 安倍総裁「第一項の平和主義、これは残しておきます。第二項ですね。海外からは軍として認められています。だからそこをですね、変えていくのは当然でありますし。」

 志位和夫氏「9条があって大きな歯止めになって働いていた。これ取り外してしまったら、日本という国がですね。殺し殺されるという国に変わってしまう。」

 各党への憲法9条への考え方を見てみると、

 自民党、国民新党、新党大地は憲法改正に賛成。

 社民党、公明党、共産党は憲法改正に反対。
 民主党は改正に慎重で党内に様々な意見がある。
 日本維新の会とみんなの党は国民投票で決めるべき。
 新党改革は議論をしていく。
 日本未来の党は考えを発表していない。


 近隣諸国との関係が緊迫し、外交手腕が問われる今、日本の安全保障のあり方とは・・・。

 須田アナ「民主党岡田さんにお聞きします。先ず自民党が掲げている国防軍を創設するというこの構想。この構想についてどういうお考えかお聞かせ下さい。」

 岡田氏「ま、選挙の時にですね、バタバタと議論する話ではない。非常に誤解を招きやすいという風に思います。」

 須田アナ「それだけですか?」

 岡田氏「反対です。」

 須田アナ「石破さん。」

 石破さん「別に選挙の時にバタバタしていませんよ。これは10年もかけて、議論に議論を重ねて。憲法についての考え方も決まってない党に言われたかないですよね。ホントに議論に議論を重ねて何十回何百回やった事。(岡田「安倍さんが仰ったんです。」)そしてね、外向きには『軍』です。内向きには『いえいえ軍じゃありません』自衛隊ですっていう、そういう誤魔化しは止めましょうよ。名前は国防軍が良くないんだったらば自衛軍だって構わないです。ただ自衛軍っていうと誰を守るの?って話になるんで、そうであれば防衛軍でも良いです。そういう『外向きにはこう言う、内向きには違います。』そういう誤魔化しは止めよう。そして国の独立を守るのが軍です。国民の生命、財産、公の秩序を守るのは警察です。全く違う組織なんです。国の独立を守る組織が憲法の何処にも書いてない。何故なんだ。憲法が出来た時に日本は独立してなかったからです。色んな国民の権利や自由が侵された時に誰がそれを守ってくれる。国家しかないでしょう。その国家が侵された時に、それを守る組織を憲法上きちんと書く。当たり前の事です。そこから逃げてはいけません。」

 須田アナ「橋下さん、今石破さんから発言がありました。軍を憲法に明記するのは当然の事であるという主張なんですが、名前はともかくとしてですね。橋下さんどういうお考えですか?」

 橋下氏「僕は反対です。まず自衛隊は既に軍です。名前を変えなくても、今やらなければいけないのは防衛費を増やす事だったり、自衛隊の実効支配力を強化する事だったり、そういう実質的なことをやらなければなりません。僕は石破さんに対して非常に疑問に思うのはですね、憲法を新しく作らなきゃいけないと仰っていながらですね、国防軍という事を掲げたら三分の二の発議要件。国会議員の発議要件なんか満たすこと出来ないし、今の国の状況から考えて国民投票にかけてね、過半数取れる自信がおありかどうかなんですね。今憲法。本当に変えなきゃいけない。これはやっぱりね、占領軍の時代に作られたものを変えていって今の日本に合わせた憲法にしなきゃいけないのに、国防軍という名前にこだわってね、そりゃ到底改正と言いますか、新しい憲法にしていくっていうのは無理ですよ。無理な事を自民党さん掲げてね、何か憲法を変える強い意志がないんじゃないのかなと思ってしまいますね。」

 石破さん「ですからね、その為にする議論は止しましょうよ。国の独立を守る組織が憲法の何処にも書いていない。最高法規に書いてなくて自衛隊法でも元々は警察予備隊例から始まったものですよ。橋下さんは弁護士だからご存知でしょう。自衛隊の法制が実は警察の法制をベースにしているという事です。本当にそれでいいんですか?ですから国の独立を守る組織をきちんと憲法に書く。そんな事言ったら憲法改正そのものが出来ないんだと。私達はね、これやったらば出来ないから。そうじゃないでしょう。国民にきちんと説得する努力をしてきたか、その事です。」

 須田アナ「公明党の高木さん、国防軍構想に公明党は批判的ですね。」

 高木氏「批判と言うよりはですね、今まで自衛隊が40年間認知をされてやってきた。で、自衛隊で良いという風に私達公明党は考えています。憲法の問題はですね、9条だけじゃなくて。今日は9条がテーマになりますけれども、まずは発議要件三分の二という、これを国会でちゃんと議論しなければいけない。各党はそれぞれ意見があって良いと思うんです。そして国会の中で漸く固まった。所が国民投票する際にですね、国民の側から見れば、これが良いのか悪いのかという色んな判断基準が提供されてないわけですね。これから議論をしっかりすると言うことがまずは必要だと。もう一つは、憲法というのは統治機構。所謂政府を縛る法律です。国民は普通の法律で色々な縛りがありますけれども、政権を統治機構を縛る法律というのは厳密にやらなければいけないという事で議論をつめるべきだと思います。」

 須田アナ「鈴木さんも憲法についてですか?」(人が話している最中に横から勝手に意見を言っていた鈴木宗男氏に須田アナが振ります。)

 鈴木氏「はい。私は先程石破さんがですね、『戦争』という言葉を使いましたけれども、我々政治家の究極の目的は世界平和なんです。同時に今東西冷戦構造が崩れて、もう23年になります。国対国の争い。米露の戦争だとか対立はないんです。今世界の一番の緊急課題はテロとの戦いなんです。見えざる敵との戦いなんです。そんな時ですね、国防軍なんていうもの作る事自体、或いは表現する事自体、逆に私は危険だとこう思ってますね。同時にもう自衛隊は国民の中では定着しているんです。ただ9条の中でですね、大事な事は戦力は保持しないとなっていて自衛隊の立場が曖昧ですから、今世界でも冠たる自衛隊として評価があるわけでありますから、名誉ある誇りを与えるためにも私はその位置づけだけはしっかりする。その前提として戦争の放棄、これはもう一番、平和に対する究極の目的でありますから、これは維持していくと事なんです。」
(宗男氏の話に、石破さんは思わず大きなため息を・・・。)
 須田アナ「石破さんが反論があるそうです。」

 石破さん「いやいや、ですから、あの、全部分かった上で仰っておられるんだと思います。冷戦が終わったというのはどういう事なのか。東西のバランスの上に成り立っていた、そういうような戦争のない状態が崩れつつあると言う事ですね。じゃあ何で北朝鮮はああいう事をやるんですか?バランスが崩れたから領土だ民族だ宗教だ経済間格差だ、そういうような紛争のネタが一杯顕在化したのが今の時代でしょ?その時に何にも規定が無いっていうのはどういう事だ。(宗男氏が慌てて「石破さん、それは心配しすぎですよ。」)きちんと規定をしないと。私はね、はっきり言って誤魔化しは止めましょうって事なんですよ。」

 須田アナ「ここは政府与党の意見も。岡田さん。」

 岡田氏「いや、これはですね。選挙の前に議論する話ではなくて、しっかり国会の場で議論したらいいと思います。連立を組んでる公明党の賛同も得られないでですね、提起したって実現するはずが無いじゃないですか。まず公明党をしっかり説得されたらどうですか?石破さん。」(この岡田氏の発言に石破さん笑っちゃってます。小声で、石破さん、高木氏「大きなお世話ですよ。」)

 須田アナ「福島さんから行きますか?」

 福島氏「国防軍。これはとても大事で私は今度の総選挙終わった後、憲法解約国会になるんじゃないかと危惧を持っています。で、自民党は国防軍と言っている。国防軍は日本国憲法下における自衛隊ではありません。また集団的自衛権の行使と明記するという風に言っています。これは今までだったら、イラク戦争の時に日本はイラク特措法を作ったけれども、非戦闘地域武力行使はしないとしました。しかし国防軍で集団的自衛権の行使と憲法を盛ったら、やはり日本はアメリカに対してなかなか残念ながら対等ではないので(石破さん「どうしてそうなるのかな?」)日本がアメリカが世界で戦争する時にイラク戦争でアフガンであれ戦争に関与していく、9条があるために戦争は出来ないんですよ。(石破さん「飛躍ですよ。それは」)だけど9条を変えることなってしまうのが問題です。」

 須田アナ「福島さんの意見には、石破さん、高木さん反論がおありのようですが、江田さん、発言がなかったので。」

 江田氏「自衛隊っていうのは広く国民に認知されて定着してます。ですからその限りに於いてですね、9条に明確に位置づけると言う事は必要だと思います。しかし敢えて国防軍と名前を変えて何を目指そうとしているのかですね。これは戦前の軍隊に戻すという事なら絶対に反対ですし、集団的自衛権というのはですね、一番コアな部分は昔キューバ危機があったときに、キューバが仮にミサイル攻撃をアメリカがしたときにカリブ海まで自衛隊を派遣して戦う。アフガン戦争でNATOは集団的自衛権を発動したわけですね。そこまで認めるとは言って無いと思うんです。皆さん。だから個別的自衛権と、集団的自衛権と神学論争は止めて、とにかく我が国の国土、国民の生命財産を守る為に何をすべきかという観点から、しっかりと我が国の防衛という観点から法律でしっかりとめいていしてはっきりさせるべきだ。これが国会の責任だと思います。」

 市田氏(共産党)「今の自衛隊も僕から見ても憲法に違反していると我々は思っています。戦力不保持、交戦権これ認めないという9条一項の戦争放棄と関連して。それで国防軍という或いは自衛軍にしてもですね、名前を変えるだけじゃないと思うんです。これまでの政府の見解は最小限の実力部隊であって海外で武力行使やってはならないと。テロ特措法も、イラク特措法も全部武力の威嚇や武力の行使にあたる事はやってはならないと。その歯止めを取り払うと、やっぱり9条が歯止めになって自衛隊は外国の人を一人も殺したことがない、戦死者も出していない。この9条を掲げて、しかも二項を守る事が一項を活き活きとさせるものになる一体のものであってね、不保持と交戦放棄まで安倍さん仰いましたよね。戦争するそういう法律まで作るってのはね、これはもう論外だと思います。」

 須田アナ「はい。荒井さん。」

 荒井氏(新党改革)「安倍さんはおそらくですね、大震災も踏まえ、国際環境も踏まえて、国民の命を守るという意味で非常に大きな問題提起をしてると思います。これこそ国会で議論をすることではなくて、国民の皆さんと議論をするという事で我々は論件の立場。大いに議論する立場と言う事ですから、国防軍という名前は別としても、国民を守るという気概を示してる。これは全く私も同感なんですね。」

 須田アナ「はい。岡島さん。」

 岡島氏(日本未来の党)「国防軍という名前にするかどうかという質問ですから、国防軍について大事な事はですね、名前が何であれ、今の自衛隊の役割、あり方が何であるべきか何なのかと言う事を先ず議論しなければならないと思っています。名前から入るんじゃない。そういう議論を先生は10年やってこられた仰ってます。いずれにしてもその議論の中にこの震災を踏まえれば新たな災害復旧の仕事が想像に絶するような仕事も増えました。じゃあ放射能に対応出来る部隊が大宮の駐屯地の部隊だけでいいんですか?自衛隊はもっと強化しなければいけないかもしれません。あるいは自衛隊の仕事でレーダーの監視なんかする人はかなりきつい仕事をしています。今現場で一生懸命やってる人達が今改善して欲しい事。ならもっと国のためになると、そういった所からちゃんと話は入ってですね、そして自衛隊のあり方というものをきちんとすると。」

 須田アナ「石破さんね、先程集団的自衛権に触れた方もいました。この点について見直しというものが必要なのかどうかと。」


 石破さん「集団的自衛権というのは国連憲章によって全ての国に認められた権利です。もう一つは拒否権を持った国がバックにいるときには国連は動けません。その時に、じゃあ本当に座して死を待つのか。そうじゃないでしょう。ちっちゃな国々が共同してお互いに守り合うというね。小さな国々が大国の横暴から身を守るために出来た権利でしょ。そしてまた1つ忘れちゃいけないのは、集団的自衛権は使えない。日本がやられたらアメリカ守りに来てね。アメリカやられても日本何もしないよ。代わりに義務として基地を提供します。日本にある米軍基地は日本が厚意で貸してる訳じゃないんです。義務として提供してるんですよ。世界の何処に義務として国土を提供する国があるんですか?その問題を解決しようと思えばお互いが対等になっていかなければならないし、そうでなければ同盟はお祈りするだけでは続かないんです。きちんとした自立した国家にならないで日本は一体どうするんですか?

 須田アナ「はい。岡田さん。」

 岡田氏「やはりこれはですね、今の日本国憲法をどう考えるかという根本問題だと思います。やはり先の戦争の反省に基づいて日本を自衛するために最小限の事しかしないというのが私は憲法9条の理念だと思います。従って集団的自衛権というものを一般的に認めてしまうと言うことは、これは憲法違反の疑いが濃い。つまりアメリカまで行ってアメリカを助けるとかですね(石破さん「誰がそんな事を・・・はぁ・・・」岡田氏のアホ発言に石破さん思わずため息をつきます)そういう事まで入ってしまうわけですから。したがって本当に日本を守る為には何が必要かと言う事についてきちんと議論すればいいのであって、集団的自衛権一般を認めるという事は間違い。そういう風に思っています。」(岡田氏の言葉に思わず石破さん「分かっててそう言う議論はしないで下さい。誰が自衛権の3要件を変えると言ったんですか。誰が侵略戦争をすると言ったんですか。」)

 須田アナ「橋下さんどうぞ」

 橋下氏「僕はこの件に関しては石破さんに大賛成なんです。これね、今アメリカとの関係見た時にですね。たとえばオスプレイの配備の問題。それから沖縄の米軍基地の問題。色んな事でアメリカに色んな事を言おうとしてもですね、何も言えない。これはある意味対等の関係ではないわけです。集団的自衛権にしてもそうですし、軍の名前は僕は反対ですが、自衛隊の実質を強化して、ちゃんと自らやるべき事はやるよと、そういう事を示してアメリカとの関係をそう言った関係にしないと、何をやってもアメリカに対して何も言えないですよ、それは。だからやっぱりやるべき事はちゃんとやる。それは絶対必要です。」

 須田アナ「鈴木さんの退席する時間が迫ってきてるので、鈴木さんにここで発言。」

 鈴木氏「石破さんですね、日本の義務と言いますけれども、アメリカの世界戦略の一環として例えば沖縄にもアメリカ軍が集中しているんじゃないですか?石破さんですね、そこまで言うならばアメリカが本当に日本を守ってくれますか?バレッタ国防長官が日本に来たときは『尖閣は安保条約の範囲内』だと。中国行ったら『日中両国間で話し合いで解決して下さい』これがアメリカの姿勢ですよ。併せて国連憲章を見て下さい。まだ日本は敵国条項に入ってるんですよ?それならね、まず敵国条項を外せと言うのが本来自民党の主張すべき話じゃないでしょうか?」

「本日欠席の国民新党はこの問題について憲法上に自衛隊の自衛権を明記。集団的自衛権について容認としています。」

 平井(フジTV解説副委員長)「もし衆院選で、自公と維新が三分の二を取ったらですね、衆院で三分の二ですから第一ハードルを越えるわけですよね。ただ参院もあるので時間はかかります。だから僕は集団的自衛権に関しては憲法改正よりは解釈の変更とかですね、別の法律を作る方が現実的だと思います。もう一つ面白いのは自民と維新がですね、憲法改正の方に夢中になるとですね、公明党が抜けちゃうことになるんですね。公明党がこの前の討論会の時みたいに民主とくっついちゃう可能性があって、もしかしたら憲法改正切っ掛けに政界再編が起こる可能性があると。」

 須田アナ「民主党はそもそも公明党と色々付き合わしてみると、考え方近いと思えるところが随分多いんですよ。一緒にやれるんじゃないですか?」

 岡田氏「いや、公明党さんは自民党さんと一緒にやられると思いますよ。今ですね、先程話を聞いていて僕は橋下さんに一言申し上げたいんだけど、まあ、外交の現場ご存じないから無理もないかもしれないが、何か日本はアメリカの言いなりみたいな自虐的な考え方をね是非してもらいたくないんです。たとえばアフガニスタンの問題や、北朝鮮の問題や、色んな問題で、しかも安全保障だけではなく経済もありますから、日米関係の同盟関係は非常に強いものがあるんです。そんなアメリカに言われっぱなしなんて事はありませんから。」(中国に媚びまくっているフランケン岡田が偉そうに何を言ってるんだか・・・と。)

 橋下氏「自虐的と言うよりも、日本もきちんと誇りある主権国家になるためには、やっぱりもっとやるべき事はやらなきゃいけないというそういう思いなんですけどもね。」

 須田アナ「公明党の、自民党なのか民主党なのかという話も出て来てるんですが、岡田さんは『自民党とやるんでしょ?』とあっさり一言言ってました。」

 高木氏「あのですね、平井さんが言われたように憲法の問題。これは基本法ですから重要な問題ですけれども、じゃあ石破さん達がすぐにね、この選挙終わって、発議をするか。さっきも言ったように三分の二取らなきゃいけない。そうなると議論は自公だけじゃなくてまたは共産党社民党含めて議論するわけですから、これは時間かかると思います。それ以外のテーマ。例えばエネルギーの問題。一番重要と言われる景気経済。そして復興の問題。そういう部分では自公は色々とすりあわせが出来ていますから、そういう部分では自公をベースにしてやるというのが基本だと思います。(憲法改正に関して)話し合いをすればお互いが理解する。もっと言いますとね、最後国民投票でいわゆる51対49で決めるような、こんな憲法改正は危険ですよ。七割八割がなるほどというような形にしないといけない。その為には自公だけじゃなくて、他の政党もなるほどなと言う所まで持っていきますからご心配なく。」(公明党の高木氏は何様のつもりでしょうね。既に政権与党になったスタンスで話しています。)

 江田氏「ちょっと整理したいんですけど、集団的自衛権というのは同盟国たるアメリカが攻撃されたときに日本が一緒にアメリカと戦うという事なんですよ。ただそこまで誰も認めていないでしょう?先ず一点。安倍政権の四類型というのはですね、たとえば北朝鮮が米国狙ってミサイルが上空を飛んだときに撃ち落とせるかとかですね、自衛隊の艦船とアメリカの艦船が併走した時にアメリカの艦船がミサイル撃たれたときに応戦できるか、これは現場を知らない議論で、私はこう言うのは我が国に危害が及ぶわけですから、個別的自衛権の範疇と解してもいいんですよ。そういった話をして欲しいんですよ。そういう所をしっかり議論して法律で歯止めをかけていく明確にしていくというのが国会の責任でしょうと。」

 石破さん「ですからそれは文民統制というのを信じるのか信じないかの問題ですよ。集団的自衛権を行使するしないかは、それは国会で決めることです。勝手に暴走なんかしません。ですからね、集団的自衛権を認める。軍とする。だったら侵略戦争を始めるとか、大陸間弾道弾持つとか、誰がそんな事言いましたか?自衛権行使の三要件はきちんと守るんです。国際的なスタンダードです。ですから言いがかりみたいな議論で本質をまやかすのは止めてもらいたい。


 長くなってしまいましたが、他党の国防軍論を聞いている時の石破さんは、その都度大きなため息をついていらしたのが印象的でしたが、見ているこちらも左翼の意見があまりに妄想に走り過ぎていて、石破さんのお気持ちを察して思わずため息をついた次第です。




石原氏、中国問題、新党について語る、報道2001。9月2日

 9月2日の報道2001に石原都知事が出演された際、尖閣と新党について興味深い話をされてたのでアップします。
 

 去年、中国人観光局に対する観光ビザ発給の条件が大幅に緩和され、中国人が激増している
 

 沖縄県の完全失業率は7.9%。全国平均を3%以上うわまっている。


 経済が停滞する中、中国からの観光客は地元にとって有り難い存在。
 沖縄経済に浸透する中国人観光客。しかし地元は歓迎の声ばかりではない。
 地元店主「(中国人が)ドンドン勝手に(沖縄に)入ってきそうで、それでここも中国ですって言い出しそうな勢い。ちょっとそこら辺は怖いですね。」
 
 地元住民の不安は決して荒唐無稽なものではない。
 反日デモに続き、人民解放軍の将軍が「沖縄は中国の領土であり日本は出て行け」と発言。中国は沖縄に対しどんな狙いがあるのか。

 石平氏「中国の真の目的は、米軍基地を沖縄から追い出す。沖縄との経済的交流を強める。(沖縄の)経済の中国に対する依存度を深める。そういう措置が将来的には米軍基地を沖縄から追い出すことに繋がる。」

 経済が停滞する沖縄は、中国が入り込む余地が多いと言うのだ

 石平氏「経済から入る事が、中国政府の得意技です。」

 
 須田アナ「石原さん、尖閣だけじゃなく、中国の場合、北海道沖縄という場所にも進出しようとしてるんですが、どう対処したらいいんでしょう。」

 石原氏「僕はね、ダライラマと非常に親しいんですよ。ダライラマが日本に来たときも、僕に会おうとすると、外務省が妨害して会わせない。で、忠告するもんですからダライラマは遠慮して、外国であったりなんかしてますけどね。」

 須田アナ「それは中国を意識してですか?」

 石原氏「そうでしょ、勿論。でね、おかしな話でしょ。だからこのままで行ったらホントにね、日本はチベットにされちゃうよ。で、あんまりチベットみたいな国って同情無くてね。米国も冷淡だしね。まあアメリカ人でチベットに同情してるのは俳優のリチャード・ギアぐらいだね。とにかくね、見殺しにしたんだから。だから日本は強い意志と力持たなかったらね、結局見殺しにされますし、米国もだいぶ衰退してきたしね、米国が日本に望んでる姿は何かって言ったら、意志も含めて強い日本ですよ。じゃなかったらホントのパートナーになれないしね。彼がいるから申し訳無いけど(この時はケビン・メア氏も同席していました)日本はずーっと戦後六十何年間米国のお妾できたの。で旦那まで具合悪くなったら懐具合、そう面倒見てくれないの。だったら憲法も含めてね、とにかく占領するときの統治のために作った基本法をね、独立した後も続けてく、そんな民族国家って世界中無いんだから。だから、憲法を一回ね、破棄って言ったら言葉は強いかもしれないけどね、それ誰も反対しませんし、政府がしっかりして『この憲法は無効です』と宣言して、すぐ新しい憲法を作ったら、それを阻害する法律的根拠なんて何処にも無いんですよ。日本人は変に小利口だからね、現行の憲法なる怪しげな法律をね、改正の条項ばっかり気にするけどね、そんなもの全体無視したらいいんだ。


 次は橋下新党、国政進出へ。『石原新党の動向は。』

 石原氏「人間てのはなかなか二つの事をいっぺんに出来ないんですよ。尖閣は私が言い出したしね、栗原一族との関わりから言って僕しか出来ないからね、これやっぱり片付けない限りね、数万の人が既に15億お金を募金して守ってくれって言ってる時に『私、国会に出ますから尖閣の決着は次の知事がやります』って事にいきませんよ。だから出来るだけ早く片付けたい。」
 
 石原氏「ただね、私はね、別に総理大臣になるつもりは、とってもなれるもんじゃないと思うがね。ホントの保守合同ってのをもう一回やり直す必要がありますね。三木武吉が昔やったみたいにああいう触媒の役を自分が果たせたらいいなと思うし。‥橋下さんはね、絶対に今国政に出れない。」


 須田アナ「出られないですか」

 石原氏「出るべきじゃない。それは。敢えて大阪の知事を辞めて市長になってね、とにかく都構想っていうのは都にとって迷惑なんだけど、新しい自治体の形っていうものを模索して、それを言い出して国会まで動いてるのにね、自分が預かっている非常に問題のあの大阪市を建て直さなかったら顰蹙買うと思いますし、その責任はちゃんと痛感してるから、彼は絶対動けないと思う。皆簡単に言うけどね。」

 須田アナ「石原さん、色んな記事とか発言で発信してるんですが、こんな記事を見つけてきたんですよ。雑誌の記事ですがね。」

 『夢はこの日本を救うためのクーデターを支援すること。』

 須田アナ「クーデターという言葉を使ってました」


 石原氏「地方のクーデターですよ。尖閣だって私が国に対して氾濫しているんじゃないですか。現政府に対してはね、そういう動きが出て来ると思うしね、もっと全国的にそれが広まって。それからやっぱりね、選挙制度を変えなきゃダメ。もうね、今の小選挙区制なんて言うの?僕はあれ現役の時にね、自民党の総務会で反暴力的に最後まで反対したの。僕と野中広務。二人が最後まで総務会で反対したけど押し切られた。」

 須田アナ「メアさん、石原都知事は今の状況をこのように分析して、やることがあると仰ってるんですが、日本の政治状況どう見えますか?」


 ケビン・メア氏「読みにくいですけど、でも多分仰ったように維新の会が沢山の席を取ると思います。何故かと言うと何年間の決断できない政治に国民がうんざりしてるから。新しい人達。余り経験が無くても魅力的になると。ただし一つだけ懸念していることは、維新の会の外交政策とか安全保障政策とかまだ未熟ですからまだどーなるかは。」